【業務スーパー】コスパ最高 2kg超のチョップドハム 冷凍保存法と3つのおすすめアレンジ

業務スーパーは、大ボリュームの商品が激安価格で購入できます。

たくさんの業務用サイズの食品がありますが、なかでもひときわ目立っているのが「チョップドハム」です。

2.1kgもあるハムのかたまりは、存在感はもちろんのこと、破格な値段にも驚きです。

ですが、お得なのはわかっていても、味・使いきれるかどうかに不安があり、購入したことがない方もいるかと思います。

そこで今回は、業務スーパー通の筆者が、チョップドハムの気になる味やお得度、保存方法まで徹底的にまとめました。

チョップドハムのココがすごい!

チョップドハムのココがすごい

1. 100gあたり58円という最強コスパ!

チョップドハムは、2.1kgという大容量で、価格は税込み1,218円なので、100gあたりで計算すると、たったの58円です。

スーパーの安売りハムでも100gで108円はしますから、圧倒的なコスパです。

2. 安心の国内製造品

安心の国内製造品

業務スーパーの激安商品は、国内製造よりも海外製造のものが多いです。

しかし、このチョップドハムは、「明治ケンコーハム株式会社」という日本の会社が製造しています。

製造工場ももちろん国内なので、海外商品に抵抗がある方も安心です。

3. 冷凍保存ができる

2.1kgとすぐには食べきれないほどのボリュームがありますが、ご安心ください。

チョップドハムは冷凍保存が効くので、一気に消費する必要がありません。

長期保存するには小分けフリージングがおすすめ

長期保存するには小分けフリージングがおすすめ

使い切りやすいサイズに切って、小分け冷凍しておくと便利です。

冷凍保存をする場合は、ラップで包んでからジップロックに入れましょう

早速、切り分けてみます!

早速切り分けてみます

包丁を入れるとずっしりと重く、切りごこちはねっとりしています。

ビニールは外してもいいですが、四角い線がついているので筆者はそのまま切り分けました。

切った断面

切った断面

少し脂が混ざったハムといった感じです。

四角いメモリにそって切っていくと、全部で18個に切り分けられます。

1かたまりあたりの重量は、100~120gくらいです。

1かたまりあたりの重量は、100~120g

一番はじっこにあたる切れ端だけ少し大きめで150gくらいになります。

チョップドハムのおいしい食べ方

まずはそのまま食べてみました。

ハムに魚肉ソーセージがまざったような味がします。

チョップドハムには脂も混ざっているので、そのまま食べるよりは焼いた方がジューシーになります。

少しだけ油を敷いて、フライパンで焼きましょう。

少しだけ油を敷いて、フライパンで焼きましょう

表面をしっかり焼くと、カリっとしておいしくなります。

味はしっかりついているので、塩コショウなどはとくに不要です。

味はしっかりついているので、塩コショウなどはとくに不要

たまごを一緒に焼けば、朝ご飯の定番「ハムエッグ」になります。

おすすめアレンジ1:チョップドハムおにぎり

チョップドハムおにぎり

「スパムおにぎり」ならぬ、「チョップドハムおにぎり」です。

作り方はとても簡単!

ご飯の上に焼いたチョップドハムを乗せておにぎりを作り、のりでまくだけ。

筆者は、チョップドハムとごはんの間にマヨネーズをはさんでいただきました。

朝ご飯はもちろんランチとしても最高です。

お弁当箱を開けて、このチョップドハムおにぎりが入っていたら、ちょっぴりテンションが上がります。

おすすめアレンジ2:チョップドハムカツ

チョップドハムカツ

衣をつけて揚げれば、食べごたえ十分なチョップドハムカツができます。

細目のパン粉を使って、衣を薄めに揚げるのが筆者のおススメです。

チョップドハムカツはぜひ、厚切りにして作っていただきたいです。

このほか、ゴーヤチャンプルーやハム野菜炒めにしてもおいしくいただけました。

おすすめアレンジ3:かわいい型で抜けば、子どもがよろこぶお弁当おかず

かわいい型で抜けば、子どもがよろこぶお弁当おかず

スライスしたチョップドハムを好きな型で抜けば、かわいいハムステーキになります。

こげつかないようにフライパンでさっと焼いて、お弁当や朝食のおかずとしても喜ばれます。

こげつかないようにフライパンでさっと焼いて

まとめて型を抜いて、焼いてから冷凍保存しておくと便利です。

型を抜いて余ったチョップドハムは刻んで、チャーハンやケチャップライス、スープの具材としてアレンジできます。

2.1kgという大ボリュームのチョップドハム

いろいろとアレンジも利きますし、何より冷凍保存が可能なのがうれしいです。

お肉の代わりとしても十分なくらいボリュームがあるので、間違いなく食費節約に貢献してくれます。

気になる方は、冷蔵庫と冷凍庫のスペースをあけてから買いに行ってみてください。(執筆者:三木 千奈)

この記事を書いた人

三木 千奈 三木 千奈(みき ちな)»筆者の記事一覧 (211)

一般事務員として就職後、結婚を機に専業主婦となりました。現在は二人の子供の育児をしながら、フリーライターとして働いています。美容、車、税金、スポーツ関係など、幅広いジャンルで記事の執筆を行っています。子どものころから一番の趣味は貯金です。節約をすること、お金を貯めることは最も得意としています。無理なく楽しみながら貯金をする!をモットーに、日々奮闘しています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう