このところの原料費や人件費の高騰によるコスト増で、いろいろなものがジワジワ値上がりしています。

さらに10月からは消費税率も10%にアップします。

そんななか、なんと無印良品では約1,100品もの商品が値下げされました。

値下げの原資があれば、今後も価格の見直しを実施する

と、2018年7月の決算会見で良品計画の松崎暁社長が述べていたとおり、今回も大胆な新価格の発表となり無印ファンにはうれしい限りです。

また、無印良品は消費者に分かりやすい税込価格表示をしていますが、その価格は消費増税後も変わりません

この点も実質の値下げといえます。

なお、「IDEE」の商品、および限定店舗で販売している酒・食品の一部、「本体価格 + 税」という価格設定の商品(書籍等)は例外となります。

購入頻度が高いふだん使いの商品を安くすることがモットーの無印良品ですから、新価格になったのを機に買ってみたいと思ったり、あるいは愛用品をリピート買いしたいという方は多いことでしょう。

今回の値下げ商品の中で、気になるあの人気商品がどれだけ安くなったのかご紹介します。

値下げに喜ぶ女性

1. 【200円ダウン】ポリプロピレンファイルボックス スタンダードタイプ 690円(税込) → 490円(税込)


≪画像元:無印良品

ムジラー部屋におなじみの無印ファイルボックスがずいぶんと安くなりました。

ファイルボックスは複数ならべて使うことが多いので、1個あたり200円も安くなるとずいぶん違います。

この機会にズラリとそろえて部屋をスッキリ整えるのもいいです。

幅が5cm大きいワイドタイプも、990円(税込) → 690円(税込)と300円も値下げになってます。

2. 【260円ダウン】シリコーン調理スプーン 850円(税込) → 590円(税込)

シリコーン調理スプーン

≪画像元:無印良品

鍋に傷をつけない、音を立てない、しなやかでフライパンのソースもすくいやすいシリコーン調理スプーンは無印で人気のキッチンツールです。

煮物や麻婆豆腐、煮込みハンバーグなど、かたくて深いステンレスのお玉では、すくいづらかったりくずしてしまったりして使い勝手が悪いですよね。

無印のシリコーン調理スプーンならそんなときにも万能に使えて、あると本当に便利なのです。

見た目がいいだけでなく、食材の色が残らないのでキレイに使い続けられる黒色というのもおすすめのポイントです。

3. 【60円ダウン】グラス 350ml 250円(税込) → 190円(税込)

ガラスの厚みがちょうどよいため口当たりのよい無印のグラス

≪画像元:無印良品

無印のグラスは、ゆるやかにほどこされたカーブが手になじみやすく、ガラスの厚みがちょうどよいため口当たりがいいです。

シンプルで丈夫で使いやすく、とても無印らしい食器です。

こちらは、大(350ml)・中(270ml)・小(200ml)のサイズがあり、すべてのサイズが安くなっています。

大 250円(税込) → 190円(税込)
中 190円(税込) → 150円(税込)
小 150円(税込) → 120円(税込)

大きいサイズでも100円台で買えるので、うっかり割ってしまってもリピート買いしやすいです。

我が家では中サイズを使っていますが、ふだん麦茶を飲むのにちょうどいいサイズで気に入っています。

4. 【100円ダウン】足なり直角えらべる靴下 えらべる3足 890円(税込) → 790円(税込)

足なり直角えらべる靴下えらべる3足

≪画像元:無印良品

かかとが直角になっている、ありそうで無印にしかないカタチの「足なり直角えらべる靴下」はリピーターが多い商品です。

3足で税込790円ですから、そのへんのスーパーで買うより安くなってしまいました。

この靴下はかかとがフィットしてはき心地がよく、どれも無難で使いやすいデザインなので、こだわりがない人ならふだん使いは無印の靴下と決めておけばラクです。

メンズもレディースもキッズも選べるし、ハイソックスやパンプスインなども同価格なので、買物しやすいというところも無印で靴下を買いたい理由です。

わたしはこのシリーズのケーブル編みデザインソックスとスニーカーインソックスが大好きでリピートしていますが、とても丈夫なので実は買い替えスパンは長いです。

1足購入の場合は300円(税込)で、こちらも350円(税込)から値下げになっています。

5. 【3,000円ダウン】体にフィットするソファ本体 1万2,600円(税込) → 9,900円(税込)

体にフィットするソファ本体
≪画像元:無印良品

無印の家具部門での大人気商品「体にフィットするソファ」の新価格は、なんと3,000円ダウンの9,900円

店頭でお試ししてその快適さに魅力を感じながらも、ちょっと高いと思ってこれまで手が出せなかった方にはうれしいニュースです。

数年愛用してきてヘタッたという方も、思い切って買い替えできそうです。

今回値下げになったのは本体のみでカバーは別売り(2,990円~4,990円)ですが、本体が3,000円も安くなったので、これまで本体を買っていた価格でカバーもついてくるようなオトク感があります

「セール」ではなく「新価格」。あせらずにじっくり検討しよう

無印良品の店舗に行くと、安くなった商品がたくさん目に入りますのですぐに買いたくなってしまうかもしれません。

ですが、セールじゃなくて新価格なのでこれからずっとこの価格で買うことができます

また、いまの税込価格はすえおきされるので増税前に急いで買う必要もありません

必要なもの、使うもの、ほしいもの。

ゆっくり検討して、さらに無印良品週間をねらってオトクに買い物してください。(執筆者:野原 あき)