PayPayフリマのメリットは、送料無料だけじゃない! 「今」使うべき4つの理由

「メルカリに続け!」と言わんばかりに発表されたPayPayフリマアプリは、PayPayとの連携ができたり、11月末までは送料を発信元であるYahoo!が負担だったりと、太っ腹な初期サービスが話題を呼んでいます。

しかし、ネットでの評判を見ると

「メルカリやヤフオクからわざわざ乗り換える意味があるの?」
「わざわざPayPayフリマを使うメリットは?」

など、もっともな意見も多く見られます。

PayPayフリマは発表後間もなく、まだサービスが充実しているとは言い難いのも事実です。

しかし、サービスも少ない今だからこそ、あえてPayPayフリマを使うべき理由があるのです。

今回は「今」PayPayフリマを使う理由について、ご説明します。

今、あえてPayPayフリマを使うメリット

PayPayフリマの画像

≪画像元:PayPayフリマ

ネットではマイナス評価の多いPayPayフリマアプリですが、

「商品が売れない!」
「いいねもつかない!」
「出品商品が少ない!」

など、人や商品の少なさから生まれるデメリットばかりが目立っているようです。

お試し感覚で使用したものの、メリットを感じられず離れていくユーザーが多いようですが、実は今、PayPayフリマを離れるのは、損をしているかもしれません。

PayPayフリマを「今」使う理由(1)ライバルが少ない

PayPayフリマの最大の弱点である人の少なさを、逆手にとりましょう。

人が多いということは、出品側も購入側もライバルが多い、ということです。

メルカリに出品する際は他ユーザーの金額を調べ、売れそうなギリギリラインを設定し、なおかつ文章を練りに練り、出品時間にも気を使い……など、かなりの手間をかけた出品が必要です。

購入側も、人気の商品は怒涛の勢いでいいねがつき、価格交渉の嵐が始まります。

「迷ってる暇なんてない!」
「買うしかない!」

と勢いで購入ボタンを押したこともあるのではないでしょうか。

PayPayフリマは人の少なさ・商品の少なさから競合もほとんどなく、出品も購入ももっと気軽に楽しめます

さらに購入側からすれば、出品者の焦りを逆手にとって価格交渉もしやすいのではないでしょうか。

PayPayフリマアプリの出品者は、「いいねが全くつかない」と嘆く人も多いようです。

実際に2019年10月現在、多くの商品がいいね=0の状態です。

商品を売るために準備しているのに、売れないどころか誰も見ていないかもしれない虚しさは、出品経験のある人には、いたいほどわかりますよね。

価格交渉はいいねを超えた購入意思ですので、現在の出品者にとってありがたいものでしょう。

お気に入りの商品を見つけたら、人の少ない今のうちに、積極的に価格交渉にチャレンジしてみてください。

PayPayフリマを「今」使う理由(2)掘り出し物が眠っている可能性がある

宝を探す

ヤフオク!で一定条件を満たして出品された商品は、PayPayフリマでも表示される仕組みです。

しかし、PayPayフリマで出品した商品は、ヤフオク!には掲載されていません

そのため、ヤフオク!ユーザーが気づいていない掘り出し物が、眠っている可能性もあります。

また、PayPayアプリの現在のユーザーは、「どんなものかお試しでやってみよう」というフリマアプリ経験者も多いはずです。

レアものがいくらで売れるのか、様子見で出品をしている場合もあるようなので、思いがけないレアアイテムをなにげない検索で見つけられるかもしれないです。

paypayフリマを「今」使う理由(3)PayPay残高購入で「PayPayボーナス」獲得

PayPayに対応しており、「PayPay残高」でフリマ商品を購入をすると、価格の1%相当の「PayPayボーナス」が付与されます。

こちらのサービスはとくに期限を設けているわけではないですが、「PayPayフリマが軌道にのるまでの撒き餌ではないか」という声もあがっているようです。

そのため、ある程度固定ユーザーがついた時点で、廃止となる可能性もあります。

PayPayボーナスの還元が約束されている今のうちに、PayPayフリマを使用しておくほうがいいです。

PayPayフリマを「今」使う理由(4)大物商品(家具類など)がとにかく安い

PayPayフリマを利用してとくに感じたのが、

大物商品が圧倒的に安い

という点です。

例えば、私が今狙っているのは無印良品の「体にフィットするソファ」です。

定価は9,990円~1万2,900円とそれなりにしますが、無印が誇る大人気商品なため、フリマアプリでも値段が張ります。

さらにサイズも大きいため、送料が1,500円以上かかってしまうのです。

そのため、メルカリで売っているのは質の良いものは定価同等程度な場合も少なくありません。

5,000円前後になるとかなり使用感が出ているものばかりでした。

メルカリの画像

ところが、PayPayフリマでは出品数は少ないものの、送料が実質無料なのもあり低価格で状態の良いものが出品されていたのです。

PayPayフリマの画像

私が見た時は残念ながら全部売り切れでしたが、タイミングがあえばお得に買えたはずです。

送料無料による恩恵は、サイズの大きな商品ほど大々的に受けられるようです。

家具を安く購入したい、という方はまずは送料無料期間中にPayPayフリマを使うと良いでしょう。

PayPayフリマがお得に使えるのは、今!

PayPayフリマは、集客目的のお得なサービスが展開中であり、ライバルの少ない今だからこそ使うべきです。

新しいサービスはジャンルを問わず、古参ユーザーが得をする仕組みが多くあります。

今のうちにPayPayフリマを大いに活用し、賢くお得に良アイテムや売り上げをゲットしてください。(執筆者:遠藤 舞衣)

この記事を書いた人

遠藤 舞衣 遠藤 舞衣(えんどう まい)»筆者の記事一覧 (20)

主婦であり母、さらにライターとしても活動しております。主婦として限られた収入で家族が豊かに暮らす方法を、母として子供が充分な教育を受ける最良の方法を、ライターとして多くの読者の方が、知って良かった、と思える情報をいつも探してきました。ご家庭ですぐに活かせるような知識、情報を発信していきます。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう