株式市場の話題の的、ワークマン(7564)を分析 企業戦略の成功と優良財務で高評価

株式市場では、いつでも話題をさらう注目銘柄が存在します。

あなたの資産を投資で増やすには、注目されている銘柄を分析して、今後の参考にしていくことが重要になるでしょう。

今回は、隠れた優良銘柄だったワークマン(7564)が、花開いた理由を分析してみます。

人気沸騰の裏にあるすぐれたマーケティング力

ワークマンプラスのサイト

≪画像元:ワークマンプラス

ワークマン(7564)は、もともと建設現場などのガテン系労働者向け用品店です。

作業着や安全靴、ヘルメットなどを販売し、おしゃれとは縁遠い存在でした。

しかし近年、登山や釣り、キャンプなどのアウトドアで、おしゃれなニューブランドとしての地位を確立しています。

この地位は、高機能で低価格をコンセプトに立ち上げた新業態「ワークマンプラス」による、潜在顧客の発掘により築かれました。

業績も好調で、2019年4~6月期の売り上げは38%も伸びています

いまだ一般人には新ブランドの印象が強いものの、コストパフォーマンスの高さから口コミによる売上の拡大が続いています。

これまでは郊外の道路沿いに店舗を構えていましたが、最近ではショッピングモールにも出店し、アパレル業界の華やかな舞台でも認知が進んできています。

ワークマンは好財務の優良企業

アウトドアでおしゃれなブランドイメージを築くことに成功したワークマンは、投資対象としての評価も気になるところです。

ワークマンはジャスダック上場銘柄です。

株価は10月16日の9,650円をピークに調整していますが、2018年に約2,000円から上昇を開始して、2年間で5倍になりました。

元々、株価が安かっただけで、財務状況は極めて良い企業です。

自己資本比率は約80%、有利子負債自己資本比率は約2%となっています。

ROEは約15%で、東京証券取引所1部の平均6%程度の3倍となっています。

自己資本をしっかりと投資して、高収益を生み出している、優良企業と言えます。

ワークマンの店舗

≪画像元:ワークマン

ワークマンへの投資で気を付けること

ワークマンは好財務・高収益のうえ、新戦略のヒットで成長したことがわかりました。

それでも、投資をする際に死角がないとは言えません。

まず株価ですが、株価8,000円でPERが58倍となっています。

ジャスダックの銘柄なので、中短期の株価割安性を示すPERが高いのは珍しくありませんが、一度株価の上昇が失速すると、大きく株価を下げる可能性があります。

また、ユニクロなどの大手アパレルメーカーが、機能性アウトドア商品に進出するなど、ライバルの出現によっても株価は影響を受けるでしょう。

それでもワークマンが、東証一部への鞍替えや株主優待の新設など、株価を刺激する施策を発表すれば、株価が1万円を越えることも考えられます。

ワークマンに投資するなら、特に外部環境の変化に気を付けておくべきと言えそうです。(執筆者:卜部 友二)

この記事を書いた人

卜部 友二 卜部 友二(うらべ ゆうじ)»筆者の記事一覧 (16)

半導体の研究者・エンジニアから、経営のデジタル化コンサルとして起業。趣味の投資が、法人・個人相手のお金の相談へ発展し、ライターとして活動しています。お金に関する一般的な話から、お金のデジタル化まで、ご紹介できるようがんばります。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう