【サブスクはお得なのか】「クリーニング」、「ヘアサロン」、「スマホゲーム」の金額とサービスから検証

ファッション業界でもサブスクリプションサービス「メチャカリ」が始まるなど、人々のサブスクサービス熱が高まっています。

しかし、なかには「そもそもサブスクってなに?」、「本当にお得なの?」と利用をためらっている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、サブスクリプションの仕組みとコスパについて解説します。

サブスクリプションサービスとは

これまでは、商品を手に入れたりサービスを利用したりするためには、「買う」もしくは「借りる」という2つの方法がありました

サブスクリプションとは、前述の2つの方法とは異なる「商品やサービスを利用する権利を購入する」日本では歴史が浅いビジネスモデルです。

定額制や定期購読に似たビジネスモデルで、「Kindle Unlimited」や「PlayStation Now」などでもサブスクリプションサービスを提供しています。

サブスクリプションの仕組みと コスパについて

サブスクは節約になるのか

サブスクリプション(以下、サブスク)は定額でサービスを好きなときに利用できるため、利用者数が多いのが特徴です。

しかし、利用するサービスや使い方によっては節約どころか損をしてしまうことがあるのです。

サブスクを節約のために活用するのであれば、コスパとメリットに注目してサービスを選ぶことがポイントです。

話題のサブスクサービスのコスパをチェック

ここからは、筆者が気になったサブスクサービスを取り上げて、コスパをチェックしてみたいと思います。

(1) 月額8,800円でワイシャツのレンタル&クリーニング「ワイクリン」

ワイクリン洗濯やアイロンの要らないワイシャツ

≪画像元:ワイクリン

「ワイクリン」は、日本初のワイシャツに特化したレンタル&クリーニングサービスです。

ワイシャツのアイロンがけが面倒だと感じている人にとって、興味深いサービスといえるでしょう

月額 : アソートプラン:8,800円(税別)

サービス内容 : 1か月に1度ワイシャツ20着が届く(洗濯不要でそのまま返却)

1枚当たり440円(税別)でパリッときれいなワイシャツを着ることができる計算です

某クリーニング店(東京都内)の料金をチェックすると、ワイシャツ1枚当たりの最安値は95円、最高値は190円となっています。

20枚のワイシャツをクリーニング店に出すコストが、1,900~3,800円と考えると、このサービスはお得とはいえません。

また、アイロンがけを自分でできるという人にとっては、メリットが少ないサービスといえます。

ただし、

・ クリーニング店の営業時間に足を運べない

・ 近所にクリーニング店がない

・ アイロンがけやワイシャツ管理のストレスから解放されたい

という人にとっては、節約とは別のメリットがありそうです。

(2) 月額1万6,000円シャンプー&ブロー専門店「Jetset(ジェットセット)」

シャンプー&ブロー専門店

≪画像元:Jetset

「Jetset(ジェットセット)」は、LAから東京にやってきたシャンプー&ブロー専門店です。

プロのスタイリングをリーズナブルな価格で楽しみたい人にとって、うれしいサービスといえるでしょう。

月額 : ブロー+アイロン:1万6,000円(税別)

サービス内容 : アレンジやスタイリングが1か月利用し放題

週に1回利用したとして1回当たりの料金は4,000円ですが、もし週に2~3回程度利用するとすれば1回当たり2,000~1,300円程度という計算です。

ブロー&アイロンのみというメニューがない美容室が多いため、ピンポイントでニーズを満たす面白いサービスといえます

ただし、週に何度もサロンに通う時間がない人や自分できれいにブローやセットができる人にとってはコスパが高いとはいえません

とはいえ、美容室でシャンプー&ブローを頼むと、店舗によりますが1回当たり1,500~2,000円程度かかることを考えれば、

・ 出勤前や大事なプレゼンの前にセットしたい

・ デートやお出かけ前にも利用したい

・ きれいになって気分転換やストレス解消したい

のように利用頻度が高い女性にとってはお得といえるでしょう

(3) 月額600円でゲームが遊び放題「Apple Arcade」

ゲームを超えろ

≪画像元:Apple Arcade

「Apple Arcade」は、Appleが提供するゲームが遊び放題になるサービスで、ゲーム好きな人やお子さんのゲームにかかる費用に悩んでいる人におすすめの内容です。

月額 : 600円(無料トライアルあり)

サービス内容 : 100以上のゲームを無広告・無課金で1か月遊び放題

Switchのゲームにかかる費用は、1タイトル当たり5,000~6,000円程度、安いものでも500円程度します。

「Smarprise(スマープライズ)」が実施したアンケートによれば、ゲーム課金をしている人の多くは月1~5万円ゲームに費やしているという結果が出ています。

その点、「Apple Arcade」は月額600円で無課金で楽しめるタイトルが充実しているだけでなく、家族が6人までアクセスできるのが魅力です。

4人家族であれば1人当たり150円、夫婦で利用しても1か月300円ずつという計算です。

「Apple Arcade」に入っていないゲームをしたいという人にとってはメリットは少ないですが、

・ ゲーム全般大好き

・ ゲームにかかるコストを下げたい

・ いろいろなゲームをやりたい

という人にとってはお得なサービスといえるでしょう。

初月は無料で利用できますが、翌月からは自動的に継続となってしまうため、トライアルだけでやめる場合は手続きが必要です。

節約につながるお得なサブスクサービスを見つけよう

サブスクがすべてお得かというと、実はそうではありません

お得感や満足感が得られるのは、企業が考えるターゲットにマッチした人だけです。

ますは、普段コストがかかっていることや生活のムダを探して、関連性があるサブスクサービスを見つけるところから始めましょう。(執筆者:成田 ミキ)

この記事を書いた人

成田 ミキ 成田 ミキ(なりたみき)»筆者の記事一覧 (22)

神奈川県在住。 書籍はもちろんコラムやブログ記事など、とにかく文章を読むことが大好きです。 Webライターとして子育て・美容・健康などライフスタイルに関する記事を執筆中。読んだあとにアクションを起こしたくなるような文章を心がけています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう