海外「格安ホテル」探しのポイント 私が利用した大手サイト4つの特徴や注意点を紹介

最近はLCCで飛び、フリースマホで海外現地SIMを使えるようになって、ぐっと海外旅行の自由度が広がりました。

航空券を安く抑えたら、宿泊代も抑えたいものです。

一方で、海外のホテルで宿泊費が安いと清潔さや利便性・安全面が心配になるかもしれません。

しかし、上手にポイントを押さえれば、質のいい格安海外ホテルを見つけられるはずです。

そこで、失敗しないホテル選びのポイントを紹介します。

海外「格安ホテル」探しのポイント

大手格安ホテルサイトをチェック

「海外」、「格安ホテル」で検索すると、さまざまなサイトが出てくるでしょう

海外ホテルなら、外資系サイトが安い傾向にあります。

サイト予約で前もって宿泊費をカード払いするなら、不必要な外貨を持たなくてもよいので手軽です。

筆者が利用したことのあるサイトの特徴を紹介します

Expedia

エクスペディアのHP

≪画像元:Expedia

ホテルだけではなく航空券も取り扱っているので、ホテルと一緒の飛行機チケット予約でホテル代が割引になります

口コミ数件数が豊富で、質が高いのが特徴です。

ホテルを選ぶときにこのサイトでレビューを確認できるので便利です。

Booking.com

ブッキングドットコムのHP

≪画像元:Booking.com

ホテル掲載件数が多く、現地後払いが利用できるだけでなく、変更やキャンセルに強いサイトです。

旅の予定がはっきりしない時に便利です

レビュー数が多いので、予約前に参考にしやすいのが特徴です。

アゴダ

アゴダのHP

≪画像元:アゴダ

アジアのホテルが幅広く掲載されていて、他サイトにはないゲストハウスやホテルを見つけられます

アジア圏のマイナーな場所での旅行で役立ちます

Hotels.com

ホテルズドットコムのHP

≪画像元:Hotels.com

10泊すると1泊無料になるホテルズドットコムリワードというサービスがあります

同じ値段で宿泊するなら、このサイトで予約をして、宿泊数をため、1泊無料サービスも狙えます。

ポイントを押さえてホテル探し

初めて訪れる場所でも上手に探せば、予算にあった質の良いホテルに出会えるはずです

ポイントは4つです。

ポイント1. 目的地からの距離

目的地近くのホテルがベストです。

ホテル代が安くても目的地から遠いと無駄な時間と交通費がかかることを忘れてはななりません。

ポイント2. 価格

同じホテルでもに取り扱いサイトによって値段が変わるので、比較してみましょう。

ポイント3. 星がいくつか

星の数が多いほど、安心して利用できる可能性が高いのは言うまでもありませんが、星が少なくてもゲスト評価が高いホテルはおすすめです。

ポイント4. 口コミ・レビュー評価はどうか

レビューチェックが最大のポイントです。

ハノイのホテルを探してみる

一例として、ベトナム・ハノイの駅近ホテルを探してみます。

「Little Anh House」というホテルを見つけました。

レビュー評価もよく、駅も近そうです。

エクスペディア4,391円、Hotels.com 4,290円、Booking.com 3,758円と分かります

このように同じホテルでも取り扱いサイトで値段が変わるので、最安値を探しましょう

口コミ・レビューは絶対確認

口コミ・レビューは、ゲストたちの具体的な情報であふれています。

海外の激安ホテルは日本の基準と違うので、ホテルという名前が付いていれば安心というわけにはいきません

例えば、「駅から近そうだけど、歩いたら20分以上かかった」とか、「スタッフの対応が悪い」、「ホテルが見つけにくい場所にある」など、実際の経験に基づいているので、内容の信ぴょう性は高いです。

評価がよく見えても、レビューで不安を感じることがあるなら、そのホテルは避けた方がいいかもしれません

特に日本人や欧米系のレビュー評価が高ければ、星の数が少なくてもわりと安心して利用できるでしょう

今調べているサイトで口コミが少なかったら、他のサイトでホテル名を検索してみてください。

限られた予算で楽しい旅を

→今回紹介したホテル選びのポイントは、国内旅行にも役立ちます

予算内でぜひすてきな旅を楽しんでください。(執筆者:桜井 まき)

この記事を書いた人

桜井 まき 桜井 まき(さくらい まき)»筆者の記事一覧 (54)

これまで美容関連、グルメ記事や旅行関連記事など多岐にわたる記事のライティングまた、中国語翻訳に携わる。夫の仕事の関係で中国と日本を行き来する生活をはじめ、年に数か月主に中国の南方で生活している。女性ならではの視点で、今の中国を紹介する。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう