【2020年2月3日~】郵便局でキャッシャレス決済スタート 「対象商品」「利用可能決済サービス」を解説

今まで郵便局の窓口は、現金のみの対応でスマホ決済はもちろんクレジットカードも利用できない状況でした。

しかし、世の中では消費増税を機に「キャッシュレス化」が進んでおり、国もキャッシュレス化を推進しています。

こうした中、現金主義を貫き通してきた郵便局でも、2020年2月(予定)から、ついにキャッシュレス決済がはじまります。

郵便局でキャッシャレス決済開始

郵便局でキャッシュレス決済対象となるサービス

郵便窓口で取り扱っている以下の商品・サービスがキャッシュレス決済の対象です。

・郵便料金または荷物(ゆうパック、ゆうメールなど)運賃の支払い

・切手、はがき、レターパックなどの販売品(印紙を除く)の支払い

・カタログ、店頭商品などの物販商品の支払い

クレカ、電子マネー、スマホ決済まで網羅

今までの郵便窓口は、クレジットカード決済ですら対応していなかったわけですが、今回の増税のタイミングでキャッシュレス化の波に乗るかたちです。

QRコード決済や交通系電子マネー決済にも対応し、今回の改革で一気にキャッシュレス化が進むことに期待できますね。

多くの人が利用しやすくなることで、郵便窓口の利用率増加も見込めそうです。

また、キャッシュレス決済初心者でも、Suicaなどの交通系ICであれば、トライしやすいでしょう。

郵便局キャッシャレス決済対象サービス

利用可能な決済ブランド

≪画像元:日本郵便

ここからは、郵便局で使えるキャッシャレス決済のブランドを紹介します。

クレジット/デビット/プリペイドカード

・ VISA
・ MasterCard
・ JCB
・ AMERICAN EXPRESS
・ Diners Club
・ 銀聯

電子マネー

・ 交通系IC(Suica・PASUMO・SUGOCAなど)
・ iD
・ WAON
・ QUICPay+

スマホ決済

・ ゆうちょPay
・ PayPay
・ LINE Pay
・ d払い
・ 楽天ペイ
・ メルペイ
・ Origami Pay
・ Amazon Pay
・ au PAY
・ Alipay(アリペイ)
・ WeChat Pay

2020年2月3日からキャッシュレス決済対応予定

キャッシュレス決済対応開始日は、2020年2月3日の予定です。

まだ少し時間がありますが、ここからキャッシュレス化の波がさらに広がっていきそうな予感がします。

注意点は、全国の郵便窓口が一斉に対応するわけではないということです。

キャッシュレス対応開始日から順次対応予定となっています。

なお、キャッシュレス決済ブランドや対応店舗などは「郵便窓口におけるキャッシュレス決済」で確認できます。(執筆者:久貝 将太)

この記事を書いた人

久貝 将太 久貝 将太(くがいしょうた)»筆者の記事一覧 (21)

1993年生まれ。ID決済や、コード支払い、キャッシュレス、金融の分野に特化した記事を書いています。LINEポイントを1ヶ月でP18,000(18,000円相当)稼ぐ事に成功し、「ポイントって稼げるんだ!」と実感。ここ半年のコンビニ支払いは、貯めたポイントで決済しています。ポイントを稼ぐノウハウやお得情報は常にアップデートしております!!
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう