消費税増税を機に、家計が節約モードになっている方も少なくないでしょう。

手っ取り早く出費を減らすとなると、「食費」を抑えることが手っ取り早いです。

食費を減らそうとなると、どうしてもお肉に手が出しづらくなりますが、お肉料理が減ると食卓がさみしくなります。

そんなときは、お肉の代用になるアイテムを上手に活用して、おいしくボリューム満点の料理を作りましょう。

代用1:ちくわ

かさましに役立つちくわ

ちくわは、弾力のある食感があるので、お肉の代わりに使っても、しっかりボリュームが出せます。

また、真ん中に空いた穴にお肉やチーズを詰めることで、味のバリエーションも広がりますし、食べごたえもでます。

味が淡泊なので、どんな味付けにも合うのも使いやすいポイントです。

ちくわでかさまし! チキン南蛮

鶏むね肉とちくわに卵液をつけて油で揚げ、タルタルソースをかければ、食べ応え十分のチキンちくわ南蛮になります。

ひき肉入りちくわの天ぷら

ちくわの中に鶏ひき肉を詰めて、天ぷらにすればお肉感とボリュームが増します。

代用2:豆腐

豆腐をそのまま食べてもお肉っぽさはまったくありません。

しかし、豆腐を冷凍して解凍し、水気を絞ると、まるでお肉のような食感に変身します。

冷凍豆腐にするときは、食べ応えのある木綿豆腐が適しています

冷凍豆腐は、ひき肉の代わりとしてハンバーグにしたり、そのままちぎって油で揚げ、からあげにしたりとアレンジ幅が広いので便利です。

豆腐のヘルシーそぼろ丼

解凍して水切りした冷凍豆腐をそぼろ状に細かくちぎり、醤油と砂糖で甘辛いそぼろにします。

豆腐で作るそぼろ丼

豆腐でかさまし鶏つくね

鶏ひき肉に水切りした冷凍豆腐を入れ、こねて焼けばかさまし鶏つくねの完成です。

お肉だけにするよりもさっぱりしていて、カロリーも抑えられます。

代用3:厚揚げ

厚揚げは、手を加えなくても食べ応えのある万能な食材です。

食感もしっかりありますし、すでに油で揚げられているので、そのままお肉の代用品として使えます。

包丁でカットしても良いですが、味を良く染み込ませたいときは、手でちぎって使うと良いです。

厚揚げの酢豚

片栗粉をまぶして焼いた厚揚げを、お肉の代わりに使うだけ。

厚揚げのステーキ

厚揚げを焼き肉のたれをかけて、全体に焼き色がつくまでやくだけ。

併用4:高野豆腐

高野豆腐は、豆腐よりも栄養が凝縮された、たんぱく質たっぷり食材です。

食感もしっかりしていて、味も染み込みやすいことから、お肉の代用食材品としても向いています。

大豆製品のなかでは、1番お肉の食感に近く食べごたえもあるので、立派なメインおかずになります。

また、高野豆腐を水で戻さずにおろし金で削れば、ハンバーグやつくねのかさましもできます。

長期保存もできるので、ストックしておくとお給料日前とても助かります。

高野豆腐の油淋鶏

高野豆腐を水で戻し、醤油や酒、水で下味をつけたら、片栗粉をまぶして油で揚げます。

青ネギ、しょうが、醤油、酢、水、砂糖、ごま油を混ぜ合わせて作った香味ダレをかければ完成です。

高野豆腐の照り焼き

水で戻した高野豆腐に片栗粉をつけて両面焼き、醤油、砂糖、みりんで照り焼きにするだけ。

代用品でカロリーも食費も削減

家計と健康を守る

お肉を使わなくても、代用品を上手くアレンジすれば、お腹も大満足の献立が用意できます。

味付けや調理法次第で、いろいろな料理に変身できるので、新たな発見があるのも面白いです。

消費税増税を機に、代用品レシピを考案して食費削減に挑んでください。(執筆者:三木 千奈)