幸運を呼び込む日

いい年になりますように

新しい年を迎え、「今年こそ、絶対良い一年になりますように!」と願った人も少なくないでしょう。

できるだけ多くの幸運を呼び込みたいと、年の始めはちょっと欲張りになってみたりもするものです。

今年大きなイベントなどを控えている人にとっては、占いや吉日・凶日なども特に気になるところです。

そこで今回は

・ 縁起が良いということで知られる「一粒万倍日」

・ 金運招来日と言われる「寅の日」

・ 最上の吉日とされる「天赦日」

・ できれば避けたい「不成就日」

についてご紹介いたします。

物事を始めるのに適した日「一粒万倍日」

「一粒万倍」とは、一粒の籾が万倍にも実る稲穂へと成長するということです。

最初は小さなものであっても、そのうち何倍にも大きくなるという意味が込められています。

一粒万倍日には仕事始めや開店・開業、種まき、銀行口座開設、宝くじの購入、お金を出す(出資)、結婚など、新しいことを始めるのに良い日であると言われています。

但し借金や物を借りるのは、苦労の種が万倍になるとされているので要注意です。

月に4~7回ある一粒万倍日は、大安や寅の日といった他の吉日と重なるとその効果が倍増し、逆に凶日と重なると半減してしまうとも言われています。

金運を招く「寅の日」

「寅の日」は金運招来日とも言われています。

虎は千里もの距離を1日で往復することができると言われ、「虎は千里往って千里還る」ということわざがあるほどです。

これは「出ていったものがすぐに戻ってくる」という意味にもつながることから、「出したお金がすぐに戻ってくる」縁起の良い日と言われています。

また虎の体の色が黄金色であるため、金運を招く象徴としても良く知られています。

宝くじの購入や財布を新調するのも、寅の日に行うと良いとされています。

さらに「必ず戻ってくる」という意味合いもあるので、旅行の出発日としても縁起が良い日となっています。

寅の日に不向きな行事

結婚や葬儀は寅の日に不向きとされています。

結婚は「戻ってきてしまう=離婚」につながるため、葬儀は「亡くなった人が戻ってくる=成仏できない」ということから、寅の日を避けて行うケースも少なくないようです。

2020年の一粒万倍日・寅の日はいつ?

2020年の一粒万倍日と寅の日は次のようになっています。

【2020年(令和2年)の一粒万倍日・寅の日】

2020年(令和2年)の一粒万倍日・寅の日

開店や開業など何か物事を始めようと思っている場合や、金運アップを狙いたいという人はぜひ参考にしてみてください。

少しでも縁起の良い日を選ぶことができれば、もしかするとご利益があるかもしれません。

前向きな気持ちで臨むことが幸運を呼び込めるきっかけにつながるのではないでしょうか。

寅の日は金運アップ

最上の吉日とされる「天赦日」とは

天赦日は、暦の上で最上の吉日とされています。

結婚、入籍、結納、出生届け、開店・開業、銀行口座の開設、財布の新調、宝くじの購入、引っ越し等々を行うのに非常に良い日とされています。

あまり知られていませんが、大安以上の吉日とも言われており、年に数日しかない貴重な日となっています。

この天赦日が一粒万倍日と重なる日は最強・最高の開運日と言われています。

2020年の天赦日は次の通り、一粒万倍日や寅の日と重なっている日も確認してみてください。

【2020年の天赦日】
1月22日(水)…一粒万倍日
2月5日(水)…寅の日
4月5日(日)…寅の日
6月20日(土)…一粒万倍日
9月2日(水)
11月1日(日)
11月17日(火)

財布買い替えにオススメの時期

ちなみに金運アップをプラスするなら、こんな時期に財布を買うのもオススメです。

春財布:「春=張る」という語呂合わせで、財布にお金がたくさん入ってパンパンに張るという意味が込められています。

時期は1月~3月頃となっています。

秋財布:秋と言えば「実りの秋」なので、「財布が実る」ようにという意味から縁起が良いとされています。

時期は9月23日~11月24日頃となっています。

締め財布:1年の締めくくりの月である12月に財布を買い替えることで「財布の紐をしっかり締め、余計な出費がなくなる」と言われています。

いずれも「お金が貯まるように」という願いが込められた財布買い替えのオススメシーズンなので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

財布を買い替えるタイミングも大事

できれば避けたい「不成就日」

不成就日は、何も成就しないと言われています。

結婚、子どもの命名、開店・開業、契約、引っ越し・移転、芸事始め、願い事、納車など、何かを始めることが凶とされている日です。

一粒万倍日や天赦日といった吉日が不成就日と重なってしまうと、その効果が半減するとも言われているので注意が必要です。

【2020年の不成就日】

不成就日一覧

吉日も凶日も信じるか信じないかはその人の考え方次第ですが、何かを始める・行うにあたってできるだけ幸運はたくさん呼び込めるようにしたいですね。

新しい1年がよりステキな年となるように、ぜひこれらの日程を参考にしてみてはいかがでしょうか。(執筆者:藤 なつき)