「リフォーム=古い家をきれいにする」というイメージを持つ方が多いかと思います。

しかし最近では「家を自分好みに変える」ために、築年数の浅い家のオーナーもリフォームに思い切るようです。

築年数も若い家ならば、ローンが残っているかもしれません。

となるとリフォームの大本音は

「きれいにしたい」

「費用はなるべく抑えたい」

の2つが挙げられるのではないでしょうか。

今回は、「リフォームをいかに安くするか」について焦点を絞ってご紹介します。

リフォーム安く済ませたい

リフォームを安くするおおまかな方法

リフォームを安く済ませるには、いくつかの方法があります。

リフォームの規模や目的によって違うので、ひとつづつ自身にあてはまるかチェックしてみてください。

方法(1) パックリフォームを使う

リフォーム会社によっては

・ キッチン、バス、トイレ水回り一式工事

・ 壁、床、天井の張り替え

などのパックリフォームを用意しているところもあります。

設備は決まったものしか選べないようですが、ひとつづつお願いするよりだいぶお得な金額設定です。

お目当の設備でパックリフォームがあれば、かなりラッキーです。

方法(2) 地元の工務店を使う

リフォーム会社、とひとくちに言っても

・ 設計事務所
・ 大手リフォーム業者
・ 町の工務店

など、規模はさまざまです。

もちろん、上から順に金額は高いようですが、大手であればあるほどリフォームの腕が良いとも限りません。

良いリフォーム業者を見つけるポイントは

・ 話をよく聞いてくれる

・ 提案力がある

この2つがメインです。

地元の工務店で、上記を満たせるような工務店を探すのもアリでしょう。

方法(3) 値段交渉をする

リフォーム業者によっては、値引き交渉に応じてくれるところもあります。

見積もりを出された時点で、「お勉強」をお願いしてみる価値はありそうです。

方法(4) 設備・材料費を安くする

リフォーム工事費用の大半は、人件費によるものです。

とはいえ、人件費をケチるのは施工内容に不安が残るもの。

人件費の節約ができないのであれば、節約すべきは設備・材料費です。

設備や材料を自身でネットなどで購入し、施工のみを業者にお願いする「材料施主持ち込み」をOKしているリフォーム業者を探すなどして、節約すると良いでしょう。

方法(5) 助成金・減税を使う

リフォームには、地域によっての助成金やリフォームローン減税などが適応されます。

条件がそれぞれ違うので、自身のリフォームが対象となるかあらかじめチェックしておきましょう。

方法(6) DIYをする

DIYしてみよう

リフォームには、やろうと思えばDIYでどうにかなるものがたくさんあります。

手間はかかるものの、自分たちで作り上げたリフォームはお金を払ってお願いをするリフォームと違った感慨深さを感じるものです。

徹底的にリフォーム費用を安くしたい、という方は、ぜひDIYがおすすめです。

わが家で実際に行ったDIYリフォームの例

わが家は新築ですが、「内装が気に入らない」という私と夫の意見のもと、DIYリフォームを繰り返しております。

プロがやるように上手にはできていないですが、手作り感に味のあるインテリアに仕上がっています。

いくつか、わが家で施したDIYリフォームと、やり方と費用についてご紹介します。

【わが家の事例1】 庭リフォームをDIYで安く

木材で柵をリフォーム

庭に柵は一応あるものの、背も低く外から丸見えだったため、ホームセンターで木材を買い背の高い柵を作りました。

費用

・ SPF材16枚(柵全長5mほど):2万4,000円
・ 防腐塗料:4,000円前後
・ 人工芝(未完):2万円

合計4万8,000円前後

リフォーム会社に依頼すると、5mの柵のみで合計11万近くかかります

人工芝の材料費・カット・設置も含めてプロに頼めば、15万前後にもなるかもしれません。

DIYならその全てを、およそ1/3で仕上げることができます

ただしSPF材は安価で柔らかく扱いやすい反面、屋外の雨風やシロアリに弱いといった弱点があります。

屋外使用には実は不向きな材料とされているため、「価格を抑えて簡易的なフェンスを作りたい」と考えている方向けのアイディアです。

【わが家の事例2】トイレリフォームをDIYで安く

トイレもDIY

もともとは建売によくある、シンプルな壁紙が貼ってあったトイレです。

壁紙を剥がしておしゃれな壁紙への張り替え作業を、自分たちで行いました。

さらにトイレ棚も設置し、収納場所も確保しています。

費用

壁紙代:3,000円ほど
棚代:1,000円ほど
合計:5,000円前後

リフォーム会社に依頼をすると、壁・天井の張り替えで4万円前後が相場です。

棚の設置もお願いすると、もう少しかかるかもしれません。

【わが家の事例3】キッチンリフォームをDIYで安く

キッチンの棚も自分でつけました

キッチンの収納力をあげたいけれど、ビルドインの引き出しはもうすでにいっぱい…背面もキッチンボードやレンジボードで埋まっています。

そこで取り付けたのが、このIKEAの棚です。

費用

棚代:4,000円前後

収納場所を増やそうと、プロに造作キッチンボードの作成を依頼する手も考えたのですが、価格が30万前後以上すると知り、棚の取り付けで解決しました。

コンクリート壁に打ち付けてますが、ホームセンターで借りてきたインパクトで問題なく取り付けができています

ただし、コンロの上という位置関係上、防火対策は気をつけなくてはなりません。

我が家の場合はこの位置しか取り付けスペースがなかったものの、別の取り付け位置を確保できるご家庭では、キッチン周りのDIYは安全面を最優先して行ってください。

難しい水回りのリフォームもDIYできるか

「水回りのDIYはさすがに難しい」、「風呂・洗面・トイレはリフォーム会社に頼むしかない」と思うかもしれません。

しかしDIY好きの中には、それさえも自力でどうにかしようとする方もいます。

例えばお風呂なら、バスタブ以外の壁・床・鏡くらいは自分でも施工可能です。

トイレも床・壁の張り替えなら難しくありませんし、タンクレストイレに見せるDIYなどもあります。

洗面台にいたっては、既存の洗面台そのものに木材やリメイクシートを貼って、簡単に大幅にイメージチェンジもできます

リフォームを安くすませたいなら工夫とDIYが必須

リフォームは確かにお金がかかるものですが、工夫を凝らすことで通常よりも安く済ませることができます。

少しの手間と工夫で、家をもっと快適に変えてみませんか。(執筆者:遠藤 舞衣)