二次会やママ会、ストレス発散としても人気のカラオケ。

せっかくカラオケに行くのなら、できるだけ安く楽しめた方が家計も助かります。

実は、カラオケ代もポイントさえ押さえれば、低料金でたくさん歌うことが可能です。

そこで今回は、カラオケを安く楽しむ方法についてご紹介いたします。

サバイバルダンスも歌い放題

平日の昼間がねらい目

ほとんどのカラオケ店では、平日よりも土日祝日の料金を高めに設定しています。

また、昼料金と夜料金に分かれているため、夕方以降のカラオケ料金が驚くほど高いお店も少なくありません

低料金でカラオケを楽しむのであれば、「平日の昼間」がおすすめです

昼間なら、夜料金の1/3~半分程度で済みますし、平日は土日祝よりも圧倒的に安く抑えられます。

利用時間でお店を使い分ける

日本全国にたくさんのカラオケ店がありますが、料金設定はお店によってまったく違います。

フリータイムが安いところもあれば、分単位の料金が安いところまでさまざまです。

その日の気分によって、

「1日中歌いたい」

「1時間だけ歌って発散したい」

など、利用時間が異なることもあるでしょう。

カラオケの費用をできるだけ安く済ませるには、1つのお店に限定せず、その日の利用時間に合わせて利用するお店を使い分けることが大切です。

例えば、「まねきねこ」の場合、ワンオーダー制ではありますが、

9時~12時の間であれば30分あたりの室料が10円

とかなりお安くなります。

そのため、3時間以下に利用であれば、ワンオーダー分の料金を追加しても、「まねきねこ」なら低料金でカラオケを楽しめます。

長時間利用ならフリータイム開始時間に受付

カラオケを1日満喫したいときは、「フリータイム」で楽しむのが一番お得です。

フリータイムの料金は時間内であればいつ入っても同じなので、開始時間と同時に受付した方が、1時間当たりの料金も安くなります

フリータイムの時間帯もお店によって異なりますが、10時~17時くらいまで行っているところが多いです。

1日たっぷり歌いたいときは、フリータイムの開始時間に合わせて来店しましょう。

持ち込み可能な店を選ぶ

カラオケに弁当持参

カラオケ店には、たくさんのドリンク&フードメニューがあります。

なかにはランチやスイーツを用意しているお店もありますが、カラオケの料金が安いからといってフード&ドリンクメニューも低料金というわけではありません。

カラオケ代を安く抑えられたとしても、飲食物代が高くついてしまうと、結果的に高くなってしまいます

カラオケ店のなかには飲食物の持ち込みがOKのところもあるので、持ち込み可能なお店を選んで飲食代金を節約しましょう。

持ち込みOKのカラオケ店は、「まねきねこ」や「ジャンカラ」などがあります。

割引券やクーポン 会員特典のフル活用

カラオケ代を安く抑えるには、割引券やクーポンの利用は必須です。

割引額やクーポン内容はカラオケ店によってことなりますが、「ケータイクーポン」、「アプリ会員クーポン」、「紙のクーポン」などの種類があります。

このほか、女性がお安くなるレディースdayや、学生限定の学割などの特典が受けられるお店もあるので、カラオケ店ごとの割引やクーポン、得点をチェックしておきましょう

最近では、ニュースアプリやLINEでもクーポンを配信していることがあるので要チェックです。

カラオケは賢くお得に楽しむ

カラオケ代は、お店の使い分けや利用時間の工夫、割引クーポンや会員特典を利用することで、安く楽しめます。

割引については、ここで紹介した以外にも、「誕生日割引」や「会員登録初回クーポン」などのサービスを行っているお店もあるので、事前にいろいろリサーチしてみましょう。《執筆者:三木 千奈》