買い物をするとき、安く買うためにきちんと「価格比較」をしていますか。

商品の価格はお店によって違います。

できるだけ多くのお店の価格をチェックし比較することで、最安値で商品が買えるかもしれません

特にお店ごとに価格差が出やすい高額商品は、できるだけ多くのお店の価格比較をしてから買いましょう。

とはいえ、実際のお店を何店も回るのは時間がかかりますし、複数のサイトで検索するのも面倒です。

そんなときに価格比較サイト「価格.com」を利用しましょう

価格比較サイトを上手に使おう

≪画像元:価格.com

価格.comで商品を検索すると、さまざまなサイトと販売価格を一括で表示してくれるので、今現在どこのサイトで1番安く買えるかがすぐに分かります

今回は普段のお買い物がお得になる比較サイト、価格.comの使い方と注意点について解説します。

あらゆるショップの価格が比較できるサイト価格.com

価格.comは、いわゆる「価格比較サイト」です。

例えば「A」という商品をネットで買おうとした時、お店によって価格が違うので、1円でも安く買いたい場合はいろいろなサイトを見ます。

・ Amazon
・ 楽天
・ Yahoo!ショッピング

これらの有名大手で比較することが多いかと思います。

ですが、ネットショップはこの他にも無数にあります。

中には楽天やAmazonよりもはるかに安い価格で販売していたり、セールで安くなっているサイトも少なくありません

とはいえ、それを探すためにはすべてのサイトを探し出し、その都度サイトを開いて商品を入力して…なんて面倒なことをしなくてはいけません。

普通は2~3サイト、それも楽天やAmazonなどの大手を調べてその時点の最安値で買う、という感じではないかと思います。

ですが、本当に最安値で買いたいならもっともっと多くのサイトを見てみるべきです。

そんな時に便利なのが価格.comです。

価格.comで欲しい商品を検索すると、無数のサイトの中から最安値順に表示してくれます。

最安値順に表示してくれる

≪画像元:価格.com

これはとある時計を検索した時の結果ですが、これを見ると楽天やAmazonが最安値とは限らない、ということが分かります

ということは、大手サイトだけ調べて買ってしまうと、商品によっては損する可能性があるという事です。

そんなことにならないよう、価格.comを活用しましょう。

価格.comの使い方は簡単

使い方はシンプルで、トップページの検索窓に買いたい商品を入力するだけです。

商品名でもいいですし、家電などの場合は型式で検索すると早いです。

今回は試しにシャープの冷蔵庫、「SJ-PD28E」を検索してみましょう。

検索窓に買いたい商品を入力するだけ

≪画像元:価格.com

索窓に「シャープ SJ-PD28E」と入力し、検索ボタンを押せば最安値順に価格と販売しているサイトが表示されます。

最安値順に価格と販売しているサイトが表示される

≪画像元:価格.com

この冷蔵庫はAmazonの5万6,564円が1番安いようです。

ちなみにノジマも同じ価格です。

1番安いサイトが見つかったら右にある「ショップの売り場に行く」をクリックし、実際のサイトに移動して購入しましょう。

ちなみに今回調べた冷蔵庫ですが、1番高かったショップは11万5,953円でした。

Amazonの5万6,564円と比較するとその価格差は5万9,389円で、Amazonの倍以上です。

これは極端な例だとは思いますが、調べずに適当に買っていたら何万円も損するかもしれない、という事です。

価格.comの会員登録をすると何ができるの

価格.comは会員登録などをしなくても誰でもすぐに利用できますが、会員登録をすることで会員専用の機能が使えるようになります

・ 口コミ・レビュー投稿

・ スマホと自宅PCの連携

・ 最安お知らせ機能

・ 価格.com専用支払い方法

なかでも便利なのが、気になっている商品が希望の価格まで下がった時にメールで知らせてくれる「最安お知らせ機能」です。

こういった機能を利用したい場合は会員登録しましょう。

なお、価格.comの会員登録は無料で、利用に料金などは一切かかりません

価格.comの注意点

最後に価格.comを利用する上での注意点をいくつか解説します。

注意1:価格.comは単純な価格比較である点に注意

注意2:タイミングによっては価格.comと販売サイトの表示価格に差が出る

注意3:検索すべき商品とすべきでない商品がある

注意1:価格.comは単純な価格比較である点に注意

まず、価格.comで表示されるランキングは、単純な価格表示という点に注意してください。

楽天ポイントなどの還元率も一応表示されますが、ランキングの価格に反映はされていません。

そのため、場合によってはポイント還元率を考慮すると、価格ランキング3位や5位の商品の方が実質1位の商品よりも安くなる場合があります

ポイント還元率は加味されていません

≪画像元:価格.com

特に楽天ポイントはキャンペーンやSPUなどによって個人で倍率が違います。

価格.comで表示されている楽天ポイントはあくまで基本ポイント(+1倍)なので、楽天圏の方はそれ以上にポイント還元を受けられることが多いです。

また、この表示価格のほかにサイトによって送料もプラスされます

最安値を探す時はこういった点を加味して1番安いサイトを探しましょう。

注意2:タイミングによっては価格.comと販売サイトの表示価格に差が出る

商品やタイミングによっては、価格.comの表示価格と、実際のサイトの価格が違っていることがあります

また、在庫切れで買えないこともあります。

あまり頻繁に起こるケースではありませんが、一応注意するようにしておきましょう

注意3:検索すべき商品とすべきでない商品がある

1万円以上得をする場合も

お得に買い物ができる価格.comですが、全ての商品におすすめできるわけではありません。

先ほど書きましたが、価格や送料に差異が出る場合もありますし、ポイント還元も正確ではありません。

つまり、あまりに小さな価格差やポイント計算を考慮して比較するのに向いていません。

そのため、単価の安い日用品などに関しては、わざわざ価格.comを利用しなくてもいいでしょう

10円20円安い商品探すために時間をかけて検索するのも無駄です。

あくまで個人的な意見ですが、目安としては5,000円~1万円を超える商品で利用するといいでしょう。

このあたりになってくるとショップによって500円~1,000円ほどの価格差が出てくることが多いので、検索する価値は大いにあります。

もちろんそれ以上の数万円~10万円以上の商品に関しては、必ずこの価格.comを使いましょう。

場合によっては1万円以上得することもあります。

検索だけなら登録も不要です

価格.comはさまざまなショップの価格を一括で表示・比較できるサイトです。

どうせ買うなら、1円でも安いほうが良いです。

価格.comで多くのショップを比較することで、1円と言わず数百円~数千円以上安く買える商品もあります。

検索だけなら登録も不要で、料金は一切かかりませんので、ぜひブックマークに入れておきましょう。(執筆者:菊池 貴弘)