本が好きな人にとって、読書の時間は至福のひと時だと言えるでしょう。

しかし、ハードカバーの小説なら1冊2,000~3,000円、漫画や雑誌も500円前後はします。

本は読みたいけれども、この費用を節約したいと考えたことはありませんか。

この記事では、趣味が読書の筆者がおすすめする電子書籍について紹介していきます。

これまで、1度も電子書籍なんて使ったことがないという方こそ読んでみてください。

紙の本が値引きされない理由

紙の本が値引きされない理由

紙の本は、どの書店で買っても絶対に定価で販売されています。

この現象に疑問を抱いたことはありませんか。

安く新書を販売しているお店が存在するなら節約の術があるのですが、紙の本に至っては節約するのは不可能なのです。

再販売価格維持制度の定めがある

再販売価格維持制度で定められている

書籍をはじめ、

・ 新聞

・ 雑誌

・ 音楽ソフト

などの著作物は、再販売価格維持制度という決まりで、出版社が決めた定価で販売することが強制されています

この定価が定められないと、価格競争が起きて町の小さな本屋さんは経営が難しくなってしまいます。

現在、日本で出版されている書籍は約60万点以上もあるため、本屋さんの数が減ってしまうと陳列できる数が少なくなってしまいます。

そして、人気や売れ筋の本ばかりが出版・製本され、専門書や人気のない書籍が淘汰されていってしまいます。

本の価格を一律にして販売競争をなくすことで、全国津々浦々の本屋さんを守り、書籍の文化を守っているのが「再販売価格維持制度」です。

人気急上昇中「電子書籍」のメリット

人気急上昇中「電子書籍」のメリット

近年、スマートフォンやタブレット端末の急激な進化・普及に伴い電子書籍の利用者がグングン増えています。

まだまだ30代以下の利用率が多いものの、40代、50代の方にも確実に浸透しつつあります。

ここでは、電子書籍を選ぶ人にとってのメリットや魅力について紹介していきます。

値引きがある

何と言っても、価格の安さです。

電子書籍はデータ化することで、いつどこからでも書籍を売買でき、何冊でもネット上のショップに陳列できます。

そのため、再販売価格維持制度を適用する義務がなく、販売者が自由に定価を決められます

内容は同じなのに、安く買える、というのも電子書籍の大きな魅力です。

持ち運びがラク

電子書籍は「持ち運びがラク」

電子書籍は、スマートフォンやタブレットで読めるため、持ち運びが便利なのもメリットの1つです。

移動中はスマートフォンで、自宅ではタブレットで読むなど自由度が高いのも嬉しいメリットと言えます。

買いに行かなくても良い

電子書籍は、インターネット上で本を選んでデータを購入するので、

・ 読みたかった本が品切れになることもない

・ 読みたい本がないからといって取り寄せする必要もない

読みたい時に読みたい本を買えるという幸福が、電子書籍にはあります。

スペースをとらない

電子書籍は「スペースをとらない」

紙の本を買っていると、だんだんと困ってくるのが置き場です。

今までこんな本を読んだ、というコレクションにするのも良いですが、結局は捨てるか古本屋さんに持ち込むしかありません。

古本屋に打ったとしても話題作や人気作でない限り、二束三文程の値しかつかずにガッカリした気分になってしまうことも多いでしょう。

電子書籍は全く場所を取らないので、そういった心配をする必要がありません。

筆者おすすめ厳選電子書籍サイト

ここまでは、本代をしっかり節約できる電子書籍サイトの魅力について説明しましたが、ここからは、筆者がおすすめする電子書籍を3サイト紹介していきます。

1. amazon Kindle

amazon Kindle

amazonが運営する電子書籍サイトで、漫画・小説・雑誌・専門書など幅広いジャンルに精通しています。

筆者は今のところ、読みたい本を見つけられなかった試しがありません。

大幅に値下げされることも多々あり、日替わりセールで今まで読んだことのないジャンルの本と出会うこともあります。

特に専門書を販売している電子書籍サイトは少ないので、ハードカバーで重くて高くて買うのを躊躇(ちゅうちょ)してしまう専門書はamazon Kindleでサクッと購入しています。

運営元がamazonということで、サイトが閉鎖してしまうような心配が少ないのも大きな魅力の1つです。

2. コミックシーモア

テレビCMでもお馴染みのコミックシーモアは漫画が充実しています。

頻繁に20%OFFや30%OFFなどのクーポンが配布されるため、定期的に漫画を買うという人はとても節約になるでしょう。

月額会員登録が必要ですが、毎月最低300円コースから入会可能です。

この300円も300ポイントとして電子書籍を購入する際に使えるので、毎月必ず漫画を買っているなら損することはありません

また、会員登録することで無料公開されている本を読めます。

「こんなに無料公開して大丈夫なの?」というぐらい幅広く多くの作品を無料公開しているので、300円以上の価値は十分にあります

3. 楽天マガジン

ファッション、料理、趣味や旅行などの雑誌、週刊誌などをよく読むという人には楽天マガジンがおすすめです。

月額380円で450誌以上の雑誌を読み放題という、かなりお得なサイトです。

ファッション誌なら1冊、週刊誌なら2冊読めば十分もとが取れる上に読み放題なので、さまざまなジャンルの雑誌を楽しめます。

専用アプリを使って雑誌を読むので、ネット環境に左右されにくいのも嬉しいポイントです。

年払いをすると960円割引されるので、月額300円で雑誌が読み放題になります。

雑誌の小さな文字もスマートフォンやタブレットなら拡大して読めるので、まずは無料体験登録をして体感してみるのがおすすめです。

電子書籍でお得に本を楽しもう

紙の本には、紙の本だけの良さがあるように電子書籍にも電子書籍だけの良さがあります。

まだ電子書籍を利用したことのない人にとっては「読みにくそう」と思う人もいると思いますが、最近のスマートフォンやタブレットならクリアに読めます

紙の本より安く読めるだけでなく、今までに出会ったことのない本に出会えるチャンスがあるのも電子書籍の大きな魅力です。

ぜひ、この機会に電子書籍デビューしてみてはいかがでしょうか。(執筆者:南 理子)