総務省が実施した2017年の家計調査によれば、世帯あたりで消費する「ビール・発泡酒・ビール風アルコール飲料」の支出平均は、年間2万278円です。

自分や家族をねぎらったり楽しい気分になれるお酒ですが、量が増えれば家計を圧迫してしまいます。

そこで今回は、節約につながるビールの買い方について解説します。

節約につながるビールの買い方

「箱買いが1番安い」は本当か

ビールや発泡酒は、

「箱買いがお得」

というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

本当に箱買いのほうがお得なのか検証すべく、筆者がよく行くお店2件で、

・ 1本
・ 6缶パック
・ 箱買い(24本)

の価格を比較しました。

※ビール・発泡酒ともに、それぞれ同じ商品で比較。

検証結果

ドラッグストアとスーパーにおける売り方によるビール単価の違い

ビール・発泡酒ともに、350mlをバラで購入すると割高です。

一方、ビールは2店舗ともに「6缶パック」と「箱買い」では単価が同じでした。

発泡酒に関しては、A店は「6缶パック」が1番安く、B店では「箱買い」が1番安いことがわかります。

つまり、

100%「箱買いがお得」というわけではなく、お店や商品によってお得な買い方が変わるのです。

そのため、思い込みで「箱買い」をしてしまうと、思いがけず損をしてしまうこともあるでしょう。

ついつい飲み過ぎてしまう人には「6缶パック」がおすすめ

「箱買い(24本)」のメリットは、

・ 買い物の回数が減らせる

・ お店によっては安く買える

この2つですが、ついつい飲み過ぎてしまう人にとっては、節約どころか「逆効果」になることがあります。

1日2本ビールを消費する家庭の場合、1週間に「6缶パック」を3個購入すれば足ります。

しかし、「箱買い」をすると、1日2本飲んでも10本も余ってしまいます

アサヒスーパードライ6本パック

≪画像元:Amazon

余った分をついつい飲み過ぎてしまう人には、「箱買い」よりも「6缶パック」のほうが節約効果は高いでしょう。

我が家では、以前ビールの箱買いをしていました。

しかし、ストックがあると

「疲れたから」

「気分がいいから」

など、いろいろな理由を付けて、ついつい飲み過ぎてしまうことが多かったです。

現在は、反省をいかして、1日に必要な本数を夫婦で2~3本として、1週間分の14~21本を目安に購入しています。

週1回の買い物で、「6缶パック」を3個がルーティンです。

筆者は、お酒代の節約のために、必要な本数を逆算して、少し足りないぐらいにとどめるようにしています。

足りなくなったら「休肝日」が合言葉

1週間に飲んでOKな本数が決まっていると、普段から飲み過ぎを控えることができます。

もし足りなくなってしまったら、「休肝日」を合言葉に我慢することで、

節約しつつ健康管理もできて一石二鳥です。

なんとなく「箱買い」をしている人は、まずは1か月に何本ぐらい飲んでいるのかチェックしてみましょう。

必要な本数を逆算してお酒代を節約しよう

ビールや発泡酒の「6缶パック」と「箱買い」では、価格の差はそれほど大きくありません。

お酒代を節約するのであれば、「箱買い」にこだわるよりも、必要な本数を逆算して購入する方が得策です。

ちょっと足りないぐらいの量を購入することで、節約だけでなく健康管理にも効果が期待できるでしょう。(執筆者:成田 ミキ)