自粛期間中にネットスーパーや宅配サービスを利用するようになった人は多いのではないでしょうか。

わが家は2年ほど前から生協宅配サービスを利用していますが、使う前は次のように思っていました。

「生協宅配は高そう」

「スーパーで見切り品を購入した方が節約になる」

「決まった曜日にしか配達にきてくれないから不便」

生協宅配でも、ネット注文限定でタイムセールや訳あり商品の販売をしています

また、週に1度の配達だからこそ献立を決めて注文できるので、無駄遣いを防げます。

わが家の食費事情とあわせて、生協宅配を賢くお得に利用する方法をご紹介していきます。

わが家の食費の変化

お財布・OK・女性

生協宅配を利用する前は、週2~3回スーパーで食材を購入していました。

生協利用前の食費は、家族2人(大人2人)で、月に3万5,000円~4万円でした。

現在、生協宅配サービスの毎月の購入額は、

・ 6,000円 × 4~5週 = 2万4,000円~3万円

・ 米やしょうゆなど:5,000円

を足した金額です。

つまり、生協利用後の食費は、家族3人(大人2人・子供1人)で、月に2万9,000円~3万5,000円です。

生協宅配サービスを利用する前と比べると、毎月約5,000円、年間6万円の食費削減に成功しています。

節約のコツ3か条

好きな食材を思いつくままに注文しても節約はできません

以下の簡単なポイントに気をつけるだけで、食費を抑えられます。

(1) コープブランドや特価商品をねらって購入する

生協のプライベートブランドには、低価格で高品質な商品が豊富にそろっています。

また「ギリギリ大特価」や「年に1度の大特価」など、スーパーより安く購入できる商品もたくさんあります。

私のおすすめは、

【1】 まずセール品をチェックして購入

【2】 それから献立を決めて足りない食材を買い足していく

という方法です。

これだけでも、毎月の食費節約に役立ちます。

(2) 1週間分の献立を決めてネット注文する

週の献立を決めてから必要な食材を注文すると、他の商品が目に入らないので衝動買いがなくなり無駄遣いを防止できます。

また1週間分の献立を決めておくと、「今日は何を作ろう」というストレスから解放されるので、毎日のご飯作りが楽になります。

(3) おなかがすいている時に注文しない

空腹時は、あれもこれもと目に入った商品を購入したくなってしまうものです。

スーパーでも、おなかがすいている時に買い物に行って、甘いものやおつまみを余分に買ってしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。

生協宅配は家にいながらいつでも注文できるので、食後や歯磨き後に注文をすることをおすすめします

お得な価格で買える商品3選

パソコンでセール品を見る女性

買い物カタログにも掲載されていないセール品が、ネット注文限定で毎週販売されています。

(1) e数量限定商品

数量限定の早い者勝ちセールです。

毎週すぐに売り切れてしまうので、セール開催日をチェックしておくことをおすすめします。

(2) 訳あり商品

e数量限定商品の中でも、賞味期限が通常規格に満たないなどの条件から、低価格で提供している商品です。

(3) タイムセールの商品

e数量限定商品の中でも、販売開始時間と終了時間が決められているセールです。

メルマガやネット注文画面のトップバナーで通知があります。

お得なネット注文で食費を節約

1週間分の献立を考えるのは大変だと感じるかもしれませんが、セール品や特価品を先に購入してしまえば、だいたいの献立が決まってきます。

また献立を決めて週に1回まとめ買いをすることで、ちょこちょこ買いや衝動買いを防げます

生協宅配サービスを利用してみると、今までいかに衝動買いをしていたかに気付かされます。

ネット注文限定のセールやギリギリ特価品を上手に利用して、毎日の食費節約に役立てましょう。(執筆者:川井 奈央)