「ポイント投資」は誰でもできる!

ポイント投資は誰でもできる

ポイント投資とは、現金ではなく、ポイントで投資することをいいます。

投資とは、株や投資信託などを購入・運用することで利益を得ることを指します。

投資と聞くと、

「興味はあるけれど、なんだかむずかしそう」

「やってはみたいけれど、ちょっと怖い」

など、手間やリスクを考えてしまい、なかなか始められない方が多いかもしれません。

しかし、自分のお財布や通帳からお金を動かすわけではなく、ポイントで投資ができるなら一気にハードルが下がり、「ちょっとやってみようかな?」という気持ちになりませんか?

投資なので当然リスクもあります

始める前に必ずメリットとデメリットを理解するようにしましょう。

ポイント投資のメリット

・ ポイント(もしくは現金)を使って投資ができる。投資の結果、元手が増える可能性がある

・ 手元のポイントで投資するので、投資の初心者でも投資を始めるハードルが低い

・ これから本格的に投資をしたいと考えている人にとっては「練習」になる

ポイント投資のデメリット

・ 投資の結果、元本割れをして、減る場合もある

ポイント投資をするうえで大切なのは、冷静さを見失わないことです。

投資をしたいがために、無理をしてポイントを貯めて投資に回すことのないようにしましょう。

投資は、

冷静さを見失うと損をしてしまう

というのが私の実体験からの学びです。

はじめは、手元にあるポイントで行うのが賢明です。

2種類のポイント投資

「ポイント投資」には、

1. ポイント運用

2. ポイント投資

の2つの種類があります。

ここでは、それぞれの特徴と仕組みについて、詳しくお話ししていきましょう。

1. ポイント運用

「ポイント運用」は、株や投資信託の実際の値動きに連動して、ポイントが変動します。

ポイント運営会社ごとに、株や投資信託の実際の値動きに連動しているコースや金融商品があり、その中から

・ ポイント運用したいコース

もしくは

・ 金融商品

を選びます。

実際に売られている商品を購入するわけではありません

ポイント運用の仕組み

ポイント運用の特徴

・ 現金を用意することなく、元金0円から即日スタートできる

・ ポイント運営会社各社のIDとパスワードがあればOK

・ ポイント運営会社が提供しているコース、もしくは金融商品を選ぶ

・ 証券会社の口座開設は不要

・ 手数料無料

・ 運用に回したポイントや出た利益は、いつでも各ポイントに戻せる

2. ポイント投資

「ポイント投資」は、実際に売られている金融商品をポイントで購入し、その銘柄の値動きによって損益が生まれます

最大の魅力はやはり、利益を現金で受け取れることでしょう。

1ポイント単位で投資できるものもあり、ポイントを余すことなく使いきれます。

ポイント投資の仕組み

ポイント投資の特徴

・ 実際に売られている金融商品をポイントで購入できる

・ 現金を用意することなく、元手0円からスタートできる

・ 本人確認書類やマイナンバーのアップロードなどの手続きが必要

・ 証券会社が取り扱っている金融商品から選ぶ

・ 証券会社の口座開設が必要

・ 手数料や利用料が必要

・ 受け取りが現金でできる

ポイント運用とポイント投資、どちらを選んでもよいですが、投資をしたことがない方は、まずポイント運用で投資に慣れたあとに、ポイント投資を始めるのがおすすめです。

ポイント運用におすすめのポイント

ポイント運用におすすめのポイントを4つご紹介しましょう。

1. 楽天ポイント

楽天ポイント(期間限定ポイントは対象外)100ポイントから運用可能

「楽天PointClub」というアプリから始められます(ウェブもあり)。

・ 日々の変動が大きく、積極的に運用したい方向けの「アクティブコース」

・ 日々の変動が小さく、安定的に運用したい方向けの「バランスコース」

2つのコースから選べます。

2. 永久不滅ポイント

永久不滅ポイント100ポイントから運用可能

クレディセゾンの公式サイトから始められます。

・ 6つのコースから選べる「投資信託コース」

・ 実在する企業の株価に連動してポイントが増減する「株式コース」

から選べます。

3. dポイント

dポイント(期間・用途限定ポイントは対象外)100ポイントから運用可能

「dポイント投資」というサイトでできます。

・ おまかせ運用 → 日々の変動が大きく、積極的に運用したい方向けの「アクティブコース」

・ テーマで運用 → 日々の変動が小さく、安定的に運用したい方向けの「バランスコース」

から選べます。

4. Pontaポイント

Pontaポイント20ポイントから運用可能

「Pontaポイント運用」というサイトでできます。

Pontaの場合、連動させるのはコースではなく、株式やETF、REITなどです。

日本航空、ローソン、リクルートホールディングスなどから選べます。

投資にチャレンジしてみる第一歩として、ポイント運用は手軽でとてもおすすめです。

運用がうまくいけば、10%以上増やすことも可能ですよ。

ポイント投資におすすめのポイント

ポイント投資におすすめの2つのポイントをご紹介します。

ポイント投資は利益を現金で受け取るため、必ず証券会社で口座をつくる必要があります。

1. 楽天ポイント

楽天ポイントでポイント投資をするには、楽天証券の口座をつくる必要があります。

投資は、楽天証券のサイトから行います。

商品は、「投資信託」と「国内株式」から選べますが、おすすめは、投資信託です。

投資信託なら、約2,600本の中から自分に合った商品を100ポイントから1ポイント単位で購入ができます

2. Tポイント

Tポイントは、投資信託で投資する場合はSBI証券を、株で投資する場合はSBIネオモバイル証券に口座をつくる必要があります。

・ SBI証券…約2600銘柄の中から、また、最低100円分のポイントから投資信託の買付ができます。

・ SBIネオモバイル証券…約3600銘柄の中から、最低1株から国内の有名な企業の株を買えます。

月50万円以下の売買で200円(税抜)の利用料がかかるものの、利用中は毎月、期間固定Tポイントが200ポイントもらえるので、実質、利用料は無料です。

さらに利用料100円(税抜)につき、Tポイントが1ポイントもらえます。

元手0円で株を保有のポイント投資

元で0円でも投資ができる

ポイントで投資信託を購入して、そのまま運用を楽しんでもいいですし、慣れてきたら、それを売却して現金化し、そのお金で株を購入してもいいでしょう。

そうすれば、ポイントのみの元手0円で株を保有できます

ポイントで運用・投資をすれば、手持ちのポイントを増やすことも、ポイントで現金を増やすことも可能です。

積極的なポイ活を行えば、ほんの少しの工夫で年間数十万円分のポイントを貯められます。

投資をしてみたいけど不安という投資初心者の方は、ポイ活で貯めたポイントを使い、ポイント投資から始めてみるのはいかがでしょうか。(執筆者:紀村 奈緒美)