最近、「あおり運転」に関するニュースをよく見聞きします。

あおり運転が原因で起こったトラブルは絶えず、痛ましい事故まで起こり、社会問題となっています。

しかし車の運転をしていれば、だれでもあおり運転の被害を受ける可能性があり、自分の身を守ることが重要な課題です。

そこで、注目されているのが「ドライブレコーダー」ですが、値段に差があり、どれを選べばよいのかわからない人も多くいます。

今回は、ぜひとも知っておきたい「自動車保険のドライブレコーダー」について詳しく紹介します。

自動車保険のドライブレコーダー特約

自動車保険のドライブレコーダーとは

ドライブレコーダーといえば、走行中の映像や音声を撮影・記録してくれる装置ですが、値段によっては、24時間車両の全面を監視してくれる優れたものもあります。

しかし、性能性の高いものは値段も高額で、すぐに買うわけにはいきません。

一般的に販売されているドライブレコーダーの価格は1万円~2万5,000円で、これに取付工賃などが必要です。

そこで注目したいのが自動車保険の「ドライブレコーダー特約」です。

各保険会社で特約の名称は違いますが、最近ではほとんどの保険会社でこの特約がついています

ドライブレコーダーを購入すれば、ほとんどの場合が一括払いです。

しかし自動車保険の場合、月払いで保険料を支払っていれば、ドライブレコーダーも月払いで支払えます。

特約の相場は、高くても1か月あたり1,000円以内で収まるので、お財布にもありがたい特約です。

三井住友海上大人のGK保険

≪画像元:三井住友海上

自動車保険ならではのメリットは「事故対応」

月払いで借りられる自動車保険のドライブレコーダーですが、安価のドライブレコーダーも販売されているため、金銭面だけでは大きな節約とはいかない部分もあります。

しかし、自動車保険のドライブレコーダーの最大のメリットは「事故が起きた時の対応」です。

一般的なドライブレコーダーは、ある程度の知識が必要

【ある交通事故の事例】

Aさんが通勤途中、右折の車に接触されました

ドライブレコーダーがついていたので、

「事故の映像は記録できている」

と思ったAさんは、その日は出勤し、後日保険会社に連絡をしました。

しかし、すでに上書きをされていて、その時の映像が残っていませんでした

幸いすぐ警察には連絡していたので、ぶつかってきた相手はわかりましたが、

・ ドライブレコーダーの映像を定期的にUSBなどに取り込む作業が必要

・ ドライブレコーダーのカード容量がかなり少ない

ということを、その時初めて知りました

ドラレコの事故映像が消えて落ち込む人

これは、わたしが実際に取り扱った事例ですが、

一般的なドライブレコーダーは設定や画像の取り込みなど作業をする必要があります。

しかし、それを知らずに、ドライブレコーダーがついているからとメンテナンスをしないで車を運転しているドライバーが多くいます。

自動車保険のドライブレコーダーは事故の詳細を保険会社へ即送信

一方、保険会社のドライブレコーダーは事故や故障などアクシデントが発生した際、自動的に事故受付センターへ通報してくれます。

通話機能が搭載されたタイプのドライブレコーダーもあるので、自分で保険会社に連絡しなくても保険会社とつながります

事故の映像から、位置情報や時刻などの詳細がリアルタイムに保険会社に伝わるので、事故で気持ちに余裕がない状況でも的確な処理をしてくれます。

保険会社とつながっている安心

今回は、自動車保険のドライブレコーダーについて解説してきました。

あおり運転などの被害を抑えるためにも、重要な役割を果たしてくれるのがドライブレコーダーです。

しかし、使い方をしっかり把握しないと、せっかく買っても使いこなせないという残念な結果となります。

その点からも自動車保険のドライブレコーダーはレンタルではありますが、保険会社とつながっているという点では安心できるのでドライブレコーダーの取付けを考えている人はぜひ、自動車保険のドライブレコーダーも検討してください。(執筆者:河野 みゆき)