ウエルシアというドラッグストアは近所にありますか。

このウエルシア、実は月に1度、他のドラッグストアでは見られないとてもお得なキャンペーンを実施しているのです。

そのキャンペーンとは、Tポイントを支払いに使うと、ポイント数の1.5倍分の買い物ができるというものです。

毎月20日はウエルシア薬局のお客様感謝デーTポイントでウエル活

ウエルシア薬局のお得なお客様感謝デー

ウエルシア薬局はお店の独自ポイントがない代わりに、Tポイントカードがたまる・使えるドラッグストアです。

静岡県を中心に北は岩手、南は広島まで展開している全国チェーンです。

このウエルシアで注目したいのが、毎月20日に実施されているお客様感謝デーです。

なんとこの日は、

Tポイントを支払いに使うと、ポイント数の1.5倍の買い物ができます。

どういうことかというと、Tポイントが1,000ポイントあれば、1500円分の買い物ができるということです。

言い換えれば、店内の商品のほとんどが33%オフになるという太っ腹なキャンペーンが毎月実施されているのです。

ウエルシアのお客様感謝デー内容
≪画像元:ウエルシア薬局

お客様感謝デーの対象外商品

ウエルシアのお客様感謝デーの良いところは、対象外商品が少ないことです。

よくドラッグストアのキャンペーンでは一部の化粧品、お酒などは対象外ということがあります。

しかし、ウエルシアのお客様感謝デーは、これらの品物も対象に含まれます。

ただし、たばこ、プリペイドカードなどの金券、処方箋薬、公共料金の収納代行等は対象外です。

普段の買い物でTポイントをためる方法

お客様感謝デーがどんなにお得でも、しっかりTポイントがたまっていないとその魅力が半減します。

ウエルシアでは、毎週月曜日にTポイントが通常の2倍付与されます。

ウエルシア月曜Tポイント2倍
≪画像元:ウエルシア薬局

Tポイントを使えるお店はウエルシアに限らず街中にたくさんあるので、お店を利用した時には忘れずにTポイントカードを提示するようにしましょう。

モバイルTポイントのアプリをスマホに入れれば、アプリのバーコード画面を提示するだけなのでカードを持ち歩く必要はありません。

またQRコード決済の雄、PayPayはモバイルTポイントカードと連携可能です。

1タップでPayPayの支払い画面からTポイントカードバーコード画面を表示できて便利なので、ぜひ連携しておきましょう。

ウエルシアアプリでさらに効率よくポイントがたまる

ウエルシアでお買い物をする前には、ウエルシアアプリを必ずチェックしましょう。

ウエルシアグループアプリ
≪画像元:Tサイト

ウエルシアアプリでは、たくさんのアプリ限定クーポンが配布されています。

このアプリ専用クーポンをセットした上で対象商品を購入すると、あとはレジでTポイントカードを提示するだけでボーナスポイントが付与されます。

食品やコスメ、洗剤など幅広いジャンルでクーポンが出ているので確認しないと損です。

クーポンの他にも、毎日ひける・Tポイントが当たるくじやすごろくもあり、また近くの店舗のチラシがチェックできたりと、インストールして損はないアプリです。

4か月に1回、ためたポイントのみで日用品をまかなえる

実際に普段の買い物やアプリを意識しながらTポイントをためていくと、わが家の場合、3~4か月で3,000ポイント程度はたまっています。

するとウエルシアで4,500円の買い物ができることになるので、

おおよそ4か月に1度は日用品をほぼ手出しなし( 現金を支払わずポイントを獲得する)で購入できています。

筆者は楽天ポイントを優先してためているので、Tポイントのたまるペースは決して早くはありません。

それでも十分家計の助けになっています。

ウエルシアがない県でもウエル活はできる

ウエルシアのお客様感謝デーで買い物をすることを、SNSやネット上で「ウエル活」と呼んで流行しています。

ウエルシアはまだ出店していないエリアがあるので、

「自分の住んでいる場所ではウエル活ができない」

と思っている人もいるかもしれません。

ですが、

・ ハックドラッグ

・ ダックス(シミズ薬品)

・ ハッピー・ドラッグ

・ 金光薬品

・ マルエドラッグ

これらのウエルシアホールディングス系列店でもお客様感謝デーが実施されています。

近くにウエルシアがなくてもこれらのドラッグストアならあるという人はウエル活ができます。

ウエルシアお客様感謝デーでしっかり節約

ウエルシアは薬や化粧品、日用品だけでなく生鮮食品やお酒、文房具なども売っています。

どれも33%オフで買えるなら、とてもうれしいことです。

Tポイントはいろいろなお店でたまるので、気が付くと結構たくさんのポイントがたまっていたりします。

ためたTポイントをウエルシアで有効活用しましょう。(執筆者:金子 ゆかり)