Coke ON アプリとは、日本コカ・コーラが提供しているスマートフォンアプリです。

アプリに対応したスマホ自動販売機に接続してドリンクを購入することで、スタンプがたまります。

スタンプが15個たまると、ドリンク1本と交換できるシステムです。

Coke ONアプリでドリンク獲得
≪画像元:コカ・コーラ

ドリンク購入以外にも、1週間の目標歩数を達成できるとスタンプがたまるCoke ON ウォークというサービスがあります。

目標歩数は自分で設定できるので、普段の生活に合わせた歩数でスタンプをためられます。

歩くだけでドリンクをもらえる、Coke ON アプリを紹介します。

目標歩数を達成するとスタンプがもらえる

Coke ON アプリでは、1日の歩数目標を5,000歩~1万2,000歩の範囲で設定できます。

スマートフォンから歩数データを連携して読み込むので、アプリを起動していなくてもスマートフォンを持ち歩くだけで日々の歩数がカウントされます。

月曜日から日曜日までに歩いた歩数が目標達成すると、スタンプを獲得できます。

目標達成でスタンプがもらえるので、低めの目標設定をおすすめします。

Coke ONウォーク
≪画像元:コカ・コーラ

ボーナスとして累計歩数でもスタンプがもらえる

毎週の目標歩数達成以外にも、累計で1万歩・10万歩・50万歩・100万歩を達成するとボーナスとしてスタンプがもらえます。

普段あまり歩かない人でも、アプリを入れておくだけで累計歩数が蓄積されていくので、スタンプをためられます。

長く続ければ累計歩数が増えていくので、ウォーキングを継続させたい人のモチベーションにもつながります。

筆者の生活から見る目標歩数の目安

筆者は在宅勤務で運動不足気味なので、目標歩数を7,000歩に設定してなるべく歩く機会を作るようにしています。

【1日の歩数目安】

・ 全く外出せずに家事だけしていた日は4,000歩

・ 車でスーパーに行った日は5,000歩

・ 歩いてスーパーに行った日は8,000歩

・ 30分ほどウォーキングした日は9,000歩

スマートフォンは常に持ち歩く、軽い運動をするなどを意識するだけでも歩数が稼げます。

外出せずほとんど歩いていないと感じている日でも4,000歩なので、5,000歩に設定しておけば無理なくスタンプをためられます

ウォーキングをCoke ONアプリのスタンプをためる

スマートフォンの歩数データと連携時のOSごとの注意点

せっかくたくさん歩いたのに、スマートフォンとうまく連携できていないとスタンプをもらえません

端末ごとの注意点を確認しておきましょう。

Android端末

Google Fitで取得した歩数計データをアプリと連携するので、アプリ設定に「他のログイン端末の歩数データを利用中」と表示されている場合、現在の端末に切り替える必要があります。

ios端末

複数の端末を使用している場合でも、1台の端末のみ連携が可能です。

アプリ設定に「他のログイン端末の歩数データを利用中」と表示されている場合、現在の端末に切り替える必要があります。

友だち紹介でさらにスタンプをためる

友だちをアプリに招待することで、自分も友だちもスタンプをもらえます。

アプリの「友だち紹介」から紹介リンクを送信して、紹介された人がそのリンクから登録を行うと、紹介された人(友だち)はスタンプ3個もらえます。

さらにその友だちがドリンクを購入すると、紹介した人(自分)はスタンプ3個もらえます。

友だち同士で紹介し合うことで、スタンプをためられます。

普段の生活に合わせた歩数目標を設定してドリンクを獲得

筆者は朝に30分ほどのウォーキングをしているのですが、最近暑くなってきてウォーキング途中で水分補給が必要になり、Coke ON アプリ対応の自動販売機でドリンクを購入してスタンプをためています。

さらに週の目標歩数や累計歩数でスタンプがたまっていくので、無料でドリンク交換できた時はとても得した気分になります。

ウォーキング仲間の中には、1本も購入せずに歩数だけでスタンプをためてドリンクを獲得している人もたくさんいます。

普段運動しない人でも、「日常生活に少し運動を足すだけで達成できる目標」を設定すれば、無理なく継続できます。

熱中症とコロナ対策を万全に、無理のない歩数目標を設定して、普段の生活に合わせた歩数でドリンクを獲得しましょう。(執筆者:川井 奈央)