先週は、BOX下限を意識し割るのか割らないかという雰囲気から一転し、反発から始まり、BOX上限を目指すかと思われましたが、上げきらず中途半端な位置で息切れとなり、戻りの中で出来た窓を埋めるような形で押す雰囲気となり窓埋め完了させて週末入りとなりました。

今後の方向性に関しての、私の判断としては、先週の戻りの雰囲気を見る限りでは、反発力は弱く、BOX内の動きではあるものの弱い雰囲気のBOXと見受けられます。

上下のどちらかに抜ける可能性が高いかと言われれば、ボリンジャーバンド内の動きを見ると下抜けの可能性の方が高い形状となっています。

先週金曜日の下髭は多少気にはなるものの現状は上げ材料は国内に乏しく、一時的な反発は何かの拍子にはあるものの、買いが続かず短期反発止まりで、その後押すという流れで、深く押そうとすると日銀によるETFの買い入れ警戒から売り込みも出来ない状況が続いていると見受けます。

ファンダメンタルズから見ると、コロナ感染拡大は進行し新規感染者数の拡大は伺えるものの、経済活動が止められることは見送られていますが、経済活動の停止が地域ごとに今週は出始めており、この動きが政府主導の動きになるのかという点も今後の相場の動きにとても重要な存在と考えます。

米中経済問題の影響

根強くささやかれてはいますが、この記事を書いている時点では、大きく相場に影響する程度には至ってないというのが現状です。

下に行くためには、前々から申しているもう一段階強い悪材料が必要ではあるものの、第一四半期の決算発表がピークを終えています。

悪い内容は出ているものの2021年3月期の年度末に関しては、今のところそこまでの悪さではないという雰囲気が出されております。

悪材料視はされておらず、実体経済とはまだまだ乖離が起きていると想定されるため、年度末に対する下方修正が本格化するのがいつになるのかということも、下放れのタイミングを探るうえで、重要な情報となりそうな気配です。

反対に上げる材料を考えるとコロナ対策の特効薬・ワクチンなどが可能性としては大きいですが、国内使用分のワクチン確保の材料には、全くマーケットは反応しなかったことから、この辺りの材料で上放れは当面ないと考えられ、現状で見えている上げ材料は私の眼には映っておらずBOX内での上げというレベルの反発に過ぎないと考えます。

現状分析

5日線

現状分析

まずは5日線ですが、火曜の反発で向きを上に変え、そのまま週末入りとなりました。

位置としては下ではじまり火曜日に上に窓空けでまたぐ形で飛び出し、週末に終値ベースで割り込む動きとなりました。

週明け5日線を奪回できるか注目したいと思います。

25日線は、小刻みな波打ちを起こしています。この動きを見ると、膠着感が強まっており上下に強く触れる可能性は高まっているように見受けます。

75日線は、変わらず上向きで位置は上への乖離を維持しています。

トレンドラインとしては、変わらず6月9日の高値の横軸と6月15日の安値の横軸で作られるBOX内で推移となっています。

その中に6月15日と7月31日の安値を結んだ切上がりのラインと、6月9日と7月21日の高値を結んだ切下がりのラインで作られる三角保ち合いも気にはしていきたいと思います。

短期的には、上値抵抗線として7月21日と28日の高値を結んだ切下がりのラインが、今週は上値抵抗線として機能したように見受けられるので週明け以降も注意してみていきいと思います。

テクニカル指標

一目均衡表

テクニカル指標

テクニカル指標では、一目均衡表を見ると上方シグナルをなんとか維持しているものの雲の上限に張り付き始めており、いつ雲に本格突入するか、週明け以降に雲上限と日々線を割り込むかに注目したいと思います。割り込んだときに下への加速があるかも注目です。

ボリンジャーバンド

未だバンドは横向きで方向感を出し切れていないと考えます。

前週末に下へのバンドウオーク開始かと思わせましたが、BOXの動きとなるも上値が+1σに届かない雰囲気の動きになったことで、BOXとしても弱いBOXという形状になりつつあると見受けます。今後も弱い動きをキープするか注目です。

スローストキャスト

今週ゴールデンクロス後2本のラインはしっかり上げてこの週末でデットクロスの雰囲気となったことで、やはりBOXを示した形と考えます。

この後2本のラインが素直に下りていくのか?を見極めながら強弱感の判断材料にしたいと思います。

総合判断

総合判断

総合判断としては、いまだBOX継続中で先行きに関しても見立てが非常に難しい状況と考えます。

難しい時に無理に方向感を決めず、ナチュラルな気持ちで流れを見極め動き始めは一瞬のことなので、その時そのタイミングに備えましょう。(執筆者:城 晶子)