コロナ禍による外出自粛で活動量が減り、「コロナ太り」に多くの人が悩んでいるのではないでしょうか。

スポーツジムに通いたいとは思うものの、さまざまな感染防止策がなされていても室内での感染リスクはゼロではありません。

何よりジムの会費はひと月1万円近くかかります。

そこで、お金をかけない運動不足解消法「ランニングをしよう」と思い立ちました。

ところが、ランニングをするのに必要なシューズやウェアを有名スポーツブランドで一式そろえると約2万円程かかります。

しかし、ワークマンであれば3,000円でランニングに必要なものが一式そろうだけではなく、お釣りがくるのです。

そのワークマンの商品のなかでもおすすめのものを紹介します。

なお、価格はすべて税込みです。

1. MOVE ACTIVE RUNNING半袖Tシャツ:499円

スポーツシーンでの使用に特化したシリーズの半袖Tシャツで、価格は驚きの税込499円です。

ワークマンのMOVE ACTIVE(ムーブアクティブ) RUNNING(ランニング)半袖Tシャツ
≪画像元:ワークマン

速乾性や伸縮性に富んだスポーツ用Tシャツは、

・ スポーツブランド:4,000円程度

・ ユニクロ:定価1,500円程度

しますので、ワンコインで買えるのはかなりのお買い得と言えます。

運動時に生地が突っ張りにくいACTIVE(アクティブ)スリットを採用しているため、ランニング時の動作をスムーズにしてくれます。

男女兼用の商品で、M、L、LL、3Lのサイズ展開です。

こちらのTシャツには両肩、胸、腰に反射材がついていて、夜間のランニング時に便利で安全です。

2. MOVE ACTIVE 耐久撥水ACTIVEショートパンツ:980円

50回洗濯しても水を弾く耐久撥水機能を持つショートパンツで、税込980円です。

ワークマンのMOVE ACTIVE(ムーブアクティブ) 耐久撥水ACTIVE(アクティブ)ショートパンツ
≪画像元:ワークマン
・ スポーツブランドのハーフパンツ:最安4,000円程度

・ 人気ブランドのスポーツレギンス:1万円程度

しますので、ワークマンの980円は非常に安いと言えます。

背面と両サイドにポケットがついているので、ランニング中に自販機で飲み物を買うのに必要な小銭を入れられます

男女兼用の商品で、S、M、L、LL、3Lのサイズ展開です。

3. 反射テープ付き メッシュキャップ:399円

メッシュ素材のシンプルなキャップは、驚愕の税込399円です。

ワークマンの反射材付きメッシュキャップ
≪画像元:ワークマン

スポーツブランドであれば3,000円前後しますので、1/10の価格です。

背面に反射材がついているため、日差し除けだけではなく、夜間のランニング時にかぶれば安全です。

サイズはフリーで、背面の反射材の裏側のマジックテープを使って大きさを調整できます。

4. アスレシューズライト:980円

ワークマンではランニングシューズも980円で購入できます

ワークマンのアスレシューズライト
≪画像元:ワークマン

スポーツブランドのランニングシューズはセール時でも5,000円前後はしますので、1,000円札でお釣りがくるのはすごいのひと言です。

片足150gの超軽量シューズなので、ランニング時の足の疲労を軽減してくれます。

ソールにほどよい厚みとクッション性があり、本格的なマラソンに挑戦するのであれば別ですが、ダイエット用に軽いジョギングをするには十分な機能です。

ワークマンのアスレシューズには他にも種類があり機能が少しずつ異なりますが、女性用のサイズがあるのはこちらのアスレシューズライトのみです。

オレンジとブラックのみ23、23.5、24cmサイズがあり、その他は24.5~28cmの0.5cm刻みの展開です。

ランニングを続けるポイント

ワークマンでランニングウェアとシューズ一式を2,858円でそろえられました。

さて、いざランニング開始となるわけですが、運動不足の体には想像以上の負荷がかかり3日坊主になってしまうリスクがあります。

私の場合には、初日からハイペースで走ったところ3分でリタイアしてしまいました。

ランニング初心者の場合、はじめは歩くだけでもよいですし、走る場合には会話ができる程度のスピードでゆっくりと走るのがおすすめです。

また、ラジオ体操程度でもよいのでエクササイズをする機会を1日のなかに別に設けると、ランニング時の負荷が軽くなっていく実感があります。

初日に3分でリタイアし後に、ランニングと並行して寝る前に10分程度のエクサイズに取り組んだところ、開始1か月後の今では30分ほどかけて約2.5kmの距離を走れるようになりました。

ワークマンのウェアでレッツランニング

ワークマンでは往来の作業着屋さんのイメージを払拭し、スポーツ・アウトドア用品店としてワークマンプラスの業態で営業している店舗も増えています。

高機能で低価格のランニングウェアを着て、コロナ禍による運動不足を解消してみてはいかがでしょうか。(執筆者:石田 彩子)