新型コロナウイルスの影響により、家で過ごす日が増えていることから、自粛中の「癒し」として、アイスクリームの需要が高まっています

子どもがいるわが家でも、アイスの消費量が増えました。

ですが、毎日おやつにアイスを食べるとなると、アイス代がかさんできます。

そんなときに助かるのが、おいしいアイスが格安で購入できる「シャトレーゼ」です。

シャトレーゼのアイスは安いうえに種類も豊富なのですが、今回は、なかでもとくにコスパに優れたおすすめアイスを5つご紹介いたします。

1. 名水でつくったフルーツドロップ 24本入

フルーツドロップ

シャトレーゼが販売しているアイスのなかで、1番コスパが良いと言えるのが、「フルーツドロップ」です。

アイスが24本も入っているのに、価格は税込302円と驚きのコスパを誇っています。

1本あたりに換算すると、その額なんと12円です。

どんなに安い箱アイスでも、ここまで安いアイスに出会ったことはありません。

袋にまとめて入っています

安いだけでなく、味ももちろんおいしいです。

3袋に分かれていて、メロンソーダ、パイン、オレンジ、グレープの4種類がそれぞれ2本ずつ × 計8本入っています。

3袋合計して、計24本入っています。

選ぶ楽しさもあって、見た目もカラフルでかわいいので、子どもも喜んで食べています

選ぶのも楽しいです

どれもしっかりフルーツの味がして、後味はさっぱりしています。

安いのはもちろんですが、すっきりと食べられるので、暑い夏の日にもぴったりのアイスです。

2. 無添加ミルクバー6本入

無添加ミルクバー6本入

ときどき、シンプルなバニラバーを食べたくなることがあります。

シャトレーゼの「無添加ミルクバー」は、1本23円という破格の値段で、濃厚なミルクの味わいが楽しめます(税込140円)。

たまご不使用のミルクバー

この無添加ミルクバーのすごいところは、値段だけではありません。

素材はすべてシャトレーゼの契約農家から届いた新鮮なミルクだけを使用し、品質にもこだわっているのです。

脂肪分が3%ある

また、安いアイスだと、乳脂肪分が少ないことが多いのですが、この無添加ミルクバーは、乳脂肪分が3%の「アイスミルク」です。

1本23円で、濃厚でミルキーなアイスを食べられるのは、節約家計に助かります。

3. アイスキャンディソーダ

アイスキャンディソーダ

筆者が数えきれないほどリピ買いしているのが、「アイスキャンディソーダ」です(税込140円)。

さわやかなソーダ味で、後味がすっきりしているので、暑い夏のおやつには欠かせません。

夏の定番商品

1本あたり23円と、こちらもかなりコスパが良いですが、素材には「白州名水」を使用しています。

さっぱり食べられるのがソーダのいいところ

おいしい水で作られたソーダアイスは、とてもみずみずしくさっぱりといただけます。

4. ミニソフト

シャトレーゼのミニソフト

わが家の子どもたちが大好きなのが、「ミニソフトバニラ」です(税込237円)。

1個あたり23円とコスパ満点です。

スーパーで売られている同類の箱アイスでも、6個入りで300円程度するので、圧倒的な安さです。

個包装なのが魅力的です

シャトレーゼのミニソフトは、1つ1つ個包装されているだけでなく、コーンでふたがついています。

アイスが包装につかないので汚れませんし、コーンも食べられるのでお得感も満点です。

コーンが小さくてかわいいです

アイスはおなかを冷やすので、食べすぎにも注意したいところです。

シャトレーゼのミニソフトは、手のひらになる小さめサイズなので、子どものおやつにぴったりという点もうれしいポイントです。

5. つぶつぶ果実の温州みかんバー

つぶつぶ果実の温州みかんバー

みかんの果肉が入ったアイスは、さわやかさと食感が楽しめてまたおいしいです。

そんなみかんバーも、シャトレーゼなら1本あたり39円で購入できます。

つぶつぶの食感がたまりません

スーパーやコンビニで同類の商品を見かけることもありますが、1本40円以下はかなりコスパが高いです(税込237円)。

かなりのコスパの良さです

ネーミングに「つぶつぶ果実の」とある通り、みかんの果肉がたっぷりと入っています

食感はもちろん、みかんの濃厚な甘みと酸味が味わえるので、みかん好きにはたまりません

ソーダアイス同様、白州の名水を使用しているので、後味はすっきりしています。

さらに節約するなら保冷剤+保冷バッグは持参で

シャトレーゼのアイスは、1本20円程度で購入できる高コスパのものが多いです。

スーパーで箱アイスを購入するよりも安く、種類も豊富なので、節約家計のわが家もヘビロテしています

ただし、シャトレーゼではドライアイスが、15分税込38円、30分77円と別途料金がかかるので注意が必要です。

筆者は、ドライアイス代を節約するために、毎回「保冷剤+保冷バッグ」を必ず持っていくようにしています

自宅からシャトレーゼまで距離がある方は、保冷剤と保冷バッグの準備をしていくと良いでしょう。(執筆者:三木 千奈)