手作りお弁当は、健康を意識しながら節約もできて一石二鳥です。

しかし、毎朝の手間や帰宅後のお弁当箱洗いなどが面倒で、続かないケースも少なくありません。

手作りお弁当を続けるためには、準備から片付けまでのストレスや手間を減らし、無理なく取り組むことがポイントです。

今回は、「手作りお弁当を無理なく続けるコツ」と「お弁当作りに役立つ100均アイテム」を紹介します。

手作りお弁当なら1食200円以下

手作りお弁当なら1食200円以下

コンビニやスーパーのお弁当価格は、400~600円が相場です。

また、新生銀行の調査によると、会社員の昼食代平均は587~674円となっています。

筆者がお弁当作りにかかっているコストは、1食200円(お茶碗1杯分のお米代約30円を含む)以下です。

市販のお弁当や外食:600円 × 22日 = 1万3,200円

手作りお弁当:200円 × 22日 = 4,400円

昼食を手作りお弁当に変えることで、毎月8,000円ほどの節約になる計算です。

ただし、市販の冷食をたくさん使ったりデザートにフルーツなどをプラスしたりする場合は、1食200円以下はむずかしくなります

参照:2017年サラリーマンのお小遣い調査.pdf ― 新生銀行

無理なく続ける5つのコツ

無理なく続ける5つのコツ

実際に毎月どれくらいの節約になるかは、材料費にいくらかかるかによります

また、無理なく取り組めるかどうかも大きなポイントです。

以下は、筆者が意識している無理なくお弁当を作るコツです。

1. 夕食の残りを活用して自家製冷食を作っておく

お弁当作りが習慣になっている人の多くは、夕食の残りをおかずカップに取り分けて、自家製冷食を作っています。

ストックがたくさんあれば、前日の夕食と内容がかぶることもありません。

休日や時間があるときにストックを作り足しておけば、平日の朝のお弁当作りもスピーディーです。

2. 好きな市販冷食を入れる

すべて手作りにすれば、節約効果は上がりますが、お弁当作りにあまり時間をかけられない場合、「作らなきゃ」という思いがストレスや重荷になります

筆者は、週1の買い出しで市販冷食を2品購入しています。

無理なくお弁当作りをするには、新しい商品やお気に入りの冷食を活用するなど、楽できる&楽しめるなどの工夫も大切です。

3. 夜のうちにできる準備を済ませておく

朝は、何かと慌ただしくなってしまいます。

夜のうちにできることを済ませておくことで、時間に余裕をもってスムーズにお弁当を作ることができます

・ 容器や調理に使うアイテムをまとめておく

・ おかずの下ごしらえをしておく

4. すき間を埋められる便利な食材を常備する

筆者は、お弁当の隙間に入れられる食材をいくつか常備しています。

・ 煮豆

・ 冷凍枝豆

・ ミートボール

・ ハムなど

お弁当に使える、

・ 常温保存できる物

・ 冷凍できる物

・ 日持ちする物

があれば、わざわざもう1品作り足す手間が省けます。

5. 洗いやすいお弁当箱&アイテムを使う

お弁当生活の負担を軽減するためには、洗いやすいお弁当箱を選ぶことも大切です。

おしゃれでも洗うのが面倒なお弁当箱だと、毎回手間に感じてしまいます。

また、繰り返し使えるシリコンカップは節約に効果的です。

ただ、ひだが多く細かいと洗いにくいこともあるため、シンプルな形の物を選ぶことがポイントです。

お弁当作りに役立つ100均アイテム

お弁当作りに役立つ100均アイテム

・ 製氷皿(セリア)

・ シリコンカップ(セリア)

・ 使い捨ておかずカップ(セリア)

・ 深いお弁当箱(ダイソー ※300円商品)

筆者は、自家製冷食を製氷皿と浅いタッパーに入れてストックしています。

自家製冷食を製氷皿と浅いタッパーに入れてストックすると便利

お弁当箱を洗う手間を省くなら、深いお弁当箱が便利です。

ご飯を詰めたら上におかずを乗せて「のっけ弁当」にすることで、

・ 作る

・ 洗う

の時短が叶います。

ほどよく手を抜きながら節約弁当ライフを楽しもう

お弁当をすべて手作りにすれば節約効果はアップしますが、時間に追われたり面倒に感じたり、長く続けることがむずかしくなってしまいます。

手作りお弁当は、できる日だけ持参するだけでもチリツモ節約につながります。

夕食のおかずを冷凍しておくなど、ほどよく手を抜きながら、無理なくお弁当ライフを楽しみましょう。(執筆者:成田 ミキ)