わが家のマイナポイントは夫婦そろってWAONで申込みしました

WAONにした理由は「独自キャンペーンがとってもお得」だからです。

さらに、WAONはスマホをもっていない方やキャッシュレス決済初心者にも使いやすいので、

「マイナポイントってよくわからない」

「普段から現金主義」

という方にもおすすめです。

今回は数あるキャッシュレス決済サービスの中でもお得度が高く、スマホがない方でも利用しやすいWAONについて解説します。

まだ申込していない方・イオンユーザーの方は、しっかりとチェックしてください。

マイナポイントは25%還元される

そもそも「マイナポイント」が何か理解できていますか。

マイナポイントとは、マイナンバーカードを使って予約・申込を行い、選んだキャッシュレス決済サービスでチャージやお買い物をすると、利用金額の25%分のポイント(上限5,000円分)がもらえるというものです。

申込をするにはマイナンバーカードが必須なので、まだお持ちでない方はまずはじめにマイナンバーカードの発行をしましょう。

マイナポイント利用について

マイナポイントで重要なのが「どの決済サービスでポイントをもらうか」ということです。

1人につき1つの決済サービスしか選べないので、まずは普段から利用している決済サービスを選ぶのが鉄則です。

利用している決済サービスがいくつかある場合や、とにかくお得な決済サービスを使いたい場合には「独自のキャンペーンでポイントを上乗せしているもの」を選ぶのがおすすめです。

WAONならさらに10%還元される

WAONならさらに10%還元
≪画像元:AEON

ポイントを上乗せしている決済サービスは複数ありますが、中でもおすすめなのがWAONです。

WAONでは独自キャンペーンを行っていて、「マイナポイントの25%還元+WAON独自の10%(最大2,000円分)」が還元されます。

他の決済サービスと比べても還元率が高く、抽選などではなく申込者全員に付与されるので確実にお得です。

9月以降にチャージした金額に応じてポイントが付与されるので、期間内に上限となる2万円分をチャージしましょう

チャージは一度にまとめでも、何度かに分けてしてもOKです。

イオン利用者は持っておきたい:イオンカード(WAON一体型)

WAONはスマホ不要「キャッシュレス初心者」にもおすすめ

マイナポイントに連携できる決済サービスは数多くありますが、アプリなどが多いためご年配の方などの利用は難しいと考えられます。

その点、WAONは現物のポイントカードなので分かりやすく、スマホがなくても利用できるのです。

また、WAONは必要な分だけを事前に入金して利用するチャージ式なので使いすぎる心配も少ないのが特徴です。

現金主義の方やキャッシュレス決済になじみがない方でも使いやすいと言えます。

そして、WAONは利用できるお店も多いので、獲得したポイントを余らせる心配もありません。

イオン、イエーなどのイオン系列、ファミリーマートやローソンなどのコンビニエンスストア、マクドナルド、吉野家などの飲食店、その他にもガソリンスタンド、ドラッグストアなどで利用できます。

参照:WAONで確認してください。

WAONカードは全国のイオンで即日発行できる

WAONカードは、全国のイオン、ビブレ、マックスバリュ、ミニストップなどで即日発行できます。

発行には300円の手数料がかかります

WAONカードは種類も豊富なので自分の好みに合わせて選べます。

その一部を紹介します。

ご当地WAON

利用金額の0.1%をイオンが寄付することで地域の活性化に役立てます。

地域貢献のしくみ
≪画像元:AEON

G.G WAON

55歳以上の方のみ発行可能です。

毎月15日のG.G感謝デーでは、G.G WAON支払で5%オフになります。

55歳からの電子マネー
≪画像元:AEON

JMB WAON

WAONでの支払い税込200円ごとにJALのマイルが1マイル貯まります。

参照:AEON

手数料無料でWAONカードを手に入れる方法

WAONカードで唯一残念なのは、発行手数料が300円かかることです。

発行手数料をかけずにWAONを手に入れる方法もあるので紹介しておきます。

まず、お金をかけたくないけれどすぐに使いたい方には、スマートフォンですぐに登録できるモバイルWAONがおすすめです。

残高やポイントの確認もスマホでできるのでとても便利です。

スマホを持っていない方や時間に余裕がある方は、無料で発行できるWAON一体型クレジットカードを作成しましょう。

オートチャージできるので、買い物時に残高不足で困ることもありません

モバイルwaon
≪画像元:AEON

店頭のマイナポイント支援端末で手続きが簡単

マイナポイント申請でネックになりやすいのが申請の手順が面倒なところです。

専用のアプリをダウンロードするなど手間がかかるイメージはありませんか。

これもイオンに行けば解決します。

多くのイオン・マックスバリュ・マルエツなどには、マイナポイント支援端末やマルチメディアコピー機が設置されていて、その場でマイナポイントの申込ができます

もちろんアプリなどのダウンロードなども不要で、WAON以外のキャッシュレス決済サービスでも申請が可能です。

私も実際に支援端末で申込をしましたが、画面の指示に従って入力するだけなので5分もかからず完了しました。

必要なものはこの3点だけです。

・ マイナンバーカード

・ マイナンバーのパスワード

・ マイナポイント連携したいカードやアプリなど

サービスカウンターの近くに設置されていることが多いので、お近くのお店でチェックしてみてください

イオンユーザーならWAON

マイナポイント連携先にWAONをおすすめする理由を紹介しました。

マイナポイント連携先には普段からよく使うキャッシュレス決済を選ぶことが重要です。

その中でも「よりお得なキャンペーンを行っている事業者」を選べば、さらに恩恵を受けることができます。

イオンユーザーであれば、ぜひWAONを選択肢に入れてみてください。(執筆者:特定社会保険労務士 浦辺 里愛美)