断捨離や引越しをすると、家具家電などの不用品が出ることもあります。

家庭ごみとして処分できれば良いですが、品目によっては処分するのにお金がかかる場合もあります

できることなら、ごみを捨てるのにお金をかけたくないものです。

そこで今回は、不用品を安く処分する方法についてまとめました。

「断捨離・引っ越し」で出た不用品

不用品は「捨てる」だけではない

自分にとってはいらなくなったものでも、ごみとして処分を決めるのはまだ早いです。

不用品のなかには、売却してお金にできるものもあります

ごみとして処分するのではなく、どこかに売ることで、処分費用がかからないうえに臨時収入を得られるメリットもあるのです。

不用品を売却する方法は、次の3つあります。

リサイクルショップに売る

1番手軽なのは、リサイクルショップの買取に出すことです。

リサイクルショップは、幅広い品目の不用品の買取を行っています。

とくに家電は、中古品としても需要も高めです。

そのほか、家具や衣服、スポーツ用品など、あらゆるものをまとめて売却することができます。

リサイクルショップによっては、無料で出張買取に対応している店もあるので、大量の不用品を処分したいときも便利です。

ただし、買取額や低めなので、思っているより金額が上がらないこともあります。

また、物の状態によっては買取はもちろん引き取りさえしてもらえないこともあるので、必ず処分できるとは限りません。

リサイクルショップは、処分料を浮かせたい人におすすめです

フリマアプリに出品する

フリマアプリに出品する

出品する手間はかかりますが、少しでも高値で売却したい人には、フリマアプリへの出品をおすすめします。

不用品1つ1つの写真を撮り、説明文をつけるなど少し面倒な部分はありますが、売れる金額は高めです。

出品は購入者とのやりとりは、スマートフォン1つで簡単に行えます。

ただし、フリマアプリは出品してすぐに買い手がつく場合もあれば、何か月たっても購入希望者が現れないこともあります。

急ぎで処分したい人よりも、時間に余裕のある人に向いています

地域コミュニティサイトで引き取り手を探す

リサイクルショップやフリマアプリで買い手がつかなかったものでも、無料なら引き取り先が見つかる場合があります。

そんなときに便利なのが、地域コミュニティサイトです。

近場で譲りたい人と欲しい人のマッチングができるので、もらい手が案外すぐに見つかります

たとえ無料でも、引き取ってもらえれば処分料が浮くので、捨てるよりはお金がかかりません。

不用品を安く処分する方法

売却することも譲ることもできなかった不用品は、処分するほかありません

できるだけお金をかけずに処分するには、

「粗大ごみにだす」

「処分場へ自己搬入する」

のいずれかがおすすめです。

粗大ごみにだす

自治体が回収している粗大ごみは、処分料も安価です。

地域によって処分料に違いはありますが、200~2,000円の金額帯で処分できるものがほとんどです。

椅子など小型の家具なら200~400円程度、たんすや食器棚といった大型家具でも、1,500円前後で処分することが可能です。

収集場所までは自力での運び出しが必須であることや、事前の申し込み、処分まで1~2週間かかるといった欠点もあります

しかし、手軽に安く処分したい場合は、やはり粗大ごみがおすすめです。

処分場へ自己搬入する

処分場へ自己搬入する

処分場へ自力で不用品を持っていくことを、「自己搬入」と言います。

自己搬入の場合、不用品1つ1つに処分料がかかるのではなく、1回の搬入につき料金が発生します。

そのため、不用品が複数ある場合は、粗大ごみに出すよりも処分費用を抑えることが可能です。

搬入費用も自治体によりますが、1,000~2,000円が相場となります。

自己搬入をするには、車やトラックに不用品を積み、自分で持っていく必要があるので、あまりにも大きな不用品は自己搬入が難しい、という点が唯一の欠点です。

また、処分場まで距離がある場合、移動にかかるガソリン代も計算しておく必要があります。

処分場が遠く、ガソリン代がかさんでしまっては、かえって処分するのにお金がかかることもあるので注意が必要です。

処分する前に売ることを検討しよう

不用品が出たら、まずは処分する前に売ることを検討することをおすすめします。

自分では「売れない」と思っているものが、案外お金になることは少なくありません。

ごみとして処分するしかない場合は、粗大ごみか自己搬入が1番処分費用を抑えられます。

自分に合う方法で不用品を処分し、処分費用を削減しましょう。(執筆者:三木 千奈)

引越しや整理、買替で不要になったオーディオ、カメラ、楽器、スポーツ用品などを手間なく高く売るなら最大20社のリサイクルショップが買取査定をする「おいくら」を使うのがおすすめ。
[おいくら]公式サイト