YouTubeの動画編集の需要は非常に上がっていて、稼ぐチャンスがたくさんあります。

「YouTubeの動画編集はどのくらい稼げるの?」

「具体的にどこでどう受ければいいの?」

動画編集に興味があり、副業として取り組みたいと思った際に上記のような疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、この記事では「YouTubeの動画編集で、どのくらい稼げるのか」についてまとめます。

初心者の方でも、記事を見るだけで具体的な収益イメージがつきます。

ぜひ、参考にしてください。

YouTubeの「動画編集」の需要高まる

YouTubeの動画編集の需要は高まっている

スマートフォンを持っている方であれば、YouTubeを毎日見ているという方も多いことでしょう。

YouTube投稿をしている「YouTuber」も、とても増えてきました。

必然的に動画編集の需要も上がっていて、まさに盛り上がっている市場だと言えます。

YouTube向けの動画編集はおおよそ5,000円前後が目安

動画編集の報酬は、作業量によって変動します。

主に撮影された素材を受け取り、カットして効果音やBGM、テロップを入れて指定された尺に合わせる依頼が多いと言えます。

・ 10分前後の長さに合わせ作成したもので1本3,000~5,000円スタート

・ 高度な編集を要するもので1本5,000~9,000円スタート

初心者の方であれば、相場は2,000~3,000円スタートが多いという印象です。

基礎的な編集工程を2~3日で10本仕上げた場合に、3,000 × 10 = 3万円ほどの副収入を1か月で得られます。

動画編集は慣れやスキルで収益が上がる

動画編集は作業の慣れも関係するため、時給に換算してしまうと最初は思うような収益を得られない可能性もあります。

しかし、扱うソフトに慣れればテロップや効果音、BGM付けをかなり効率的にできるようになりますので、それに比例してどんどんと収益も上がっていきます

初心者のうちは自分で編集したものをYouTubeにアップし、ポートフォリオとして提出すると案件を獲得しやすいことでしょう。

動画編集を受注するにはどうしたらよいのか

動画編集を受注するなら、まずはクラウドソーシングサービスへ登録しましょう。

初心者ならがクラウドワークスが安心です。

クラウドワークス
≪画像元:クラウドワークス

ランサーズはプロ向けの案件が多く、探すのも時間がかかります。

また、編集ソフトにはアプリで利用できるものもあるので、基礎的な編集であれば問題なく使用可能です。

筆者はiPadProを使い、Lumafusionというアプリで動画を編集しています。

早めに始めて経験を重ねて副収入を得る

現在とても需要が上がっている動画編集の仕事は、1件の依頼に対して応募者が殺到しています。

初心者も多いため、少しでも案件を多く受けて実績を伸ばせば収益が爆発的に上がりやすいと言えます。

まずは編集ソフトを導入してみて、感覚をつかんでみてはいかがでしょうか。(執筆者:奥泉 望)