最近テレビや雑誌でもよく目にする株主優待券は、企業が株主に対してお得なサービスを提供するために発行されます。

また保有株式数やを必要保有年数などの条件を満たしていないと株主優待券を受け取れません。

この株主優待券、「自分には関係のないことだ」と思っている人が多いのではないでしょうか。

実は、フリマアプリ「ラクマ」では株主優待券を格安で購できます。

ラクマ
≪画像元:Rakutenラクマ

よく利用するサービスや近日中に利用予定のあるサービスの優待券を手に入れることで、通常価格よりお得にサービスを受けられます。

この記事では、筆者が実際に購入した優待券や、フリマアプリで優待券を購入する際の注意点などをご紹介していきます。

株主じゃなくてもフリマアプリ「ラクマ」で優待券を入手できる

お得なサービスを受けられる株主優待券ですが、利用予定のない優待券を持て余している株主もいます。

不要な優待券は格安で取引されていることが多く、フリマアプリの「ラクマ」では商品券や割引クーポン、お食事券、航空券など多様な商品が販売されています。

販売後数分で売り切れてしまう商品もあり、数分毎に新しい商品が出品されています

楽天ラクマで売られているもの
≪画像元:Rakutenラクマ

優待券の販売例

・ メガネのJINS 5,000円分 → 3,900円で販売(1,100円分お得)

・ マクドナルド引換え券 最大3,520円 → 2,890円で販売(最大630円分お得)

・ ヴィレッジヴァンガード 5,000円 → 4,000円で販売(1,000円分お得)

優待券の中には「〇%オフクーポン」や「航空搭乗券1枚」など、実際にサービスを利用してみないと金額が分からない商品も多数あります

実際に利用した場合どれくらいの金額になるのか計算して購入しないと損をするので、注意しましょう。

半額以上の割引き 実際に購入してみた優待券

筆者は以前、スタジオマリオの優待券を購入しました。

撮影料と4切写真台紙1枚で通常価格9,790円のところ、4,880円で購入できました

スタジオマリオの他の割引クーポンは以下の2つです。

・ ネット予約サービスでプリント1枚プレゼント

・ メルマガクーポン 撮影料(3,000円)オフ

優待券では4,910円分の割引になったので、他のクーポンよりお得に撮影ができました。

フリマアプリで優待券を購入する場合の注意点

優待券は無料でサービスを受けられるものや割引率が大きいものが多いのでお得に感じます

しかし実際に利用する金額と販売価格を比較して購入しないと損をしてしまうこともあります。

きちんと確認しよう

商品説明欄をしっかり確認する

商品画像には数枚の優待券が写っているのに、説明欄を見たら「1枚分の値段です」と書かれている商品もあります。

有効期限が近い商品も多いので、期限内に使用できるか、利用予定価格よりも割安で購入できるかをきちんと確認しましょう。

送料込みか購入者負担か

販売価格が安くても、送料が販売者負担の場合があります。

配送情報に配送料の負担先が記載されているので、確認したうえで割高にならないか計算してから購入するようにしましょう。

実際に使いきれるか

優待券の中には数百円分を何回か利用することで元が取れるものもあります。

例えば、マクドナルドの引換券はハンバーガー・サイドメニュー・ドリンクメニューが数枚セットで取引されていることが多いですが、有効期限が短く当月末までになります。

枚数が多いほど格安で取引されていますが、「今月中にあと何回利用するか」を考えて購入しないと損をしてしまう場合もあります。

「ラクマ」でチェック

株主優待券は企業が株主に対して長く株式を保有してもらえるよう、自社のファンを増やすために配布しているものなので、他の割引券よりお得なサービスが多いです。

まずは利用予定のあるサービスを、「ラクマ」で優待券が出品されていないかチェックしてみてはいかがでしょうか。(執筆者:川井奈央)