成功する人と成功しない人、その違いは何なのでしょうか。

私は大手保険会社に勤め、ファイナンシャルプランナーとしてさまざまなお客様の人生設計に関わってきました。

お金の知識もつき、いろいろ金銭感覚の人がいることを肌で感じました。

その後大阪の北新地でホステスとしても働き、こちらでも多くの男性のお客さまと関わり、いわゆる「成功者」をたくさん見てきました。

成功者とはここでは経済的に成功している人とします。

そして保険業界とホステスでの経験から、成功者にはある共通点があると感じました。

成功する人のお金の使い方共通項3つ

1. 自分が価値を感じるものにだけ投資する

「金持ちはケチ」とも言われたりしますが、成功者は自分が良いと思ったものにしかお金を使わないので「ケチ」とは違うと思います。

意味もなく高価なものを身につけたり、「みんなやってるから」という理由で何かを始めません。

例えば服装は意外とシンプルです。

お金をアピールするようなギラギラした服は着ませんが、「時計は好きだから」と上品でシンプルだけれども、実は何百万もするものを付けています。

「出費」ではなく「投資」と表現しているのは、

そのものが「生み出す価値」を基準にお金を使うかどうかを判断しているからです。

服だったら「高価なものを身につけたい」ではなく、「それを身につけた自分をイメージ」します。

夜の街では、自分だけ着飾って自慢話ばかりするのではなく、女の子を喜ばせようといいワインをあけてくれることも多いです。

すると女の子はその方をもっと大事にしようと考えます。

その「空間や時間」へお金を使えて、それが「自分の価値を上げる」ことを知っています。

2. ここぞというときにスマートに使える

成功者はお金の動きをしっかり把握しています。

無駄なことには浪費せずに、ここぞというときにはしっかり使えます。

それは金額ではなく、「使う意味があるか」で判断します。

夜の街で毎日のようにキラキラしたシャンパンをたくさんあけて、テーブルに並べてお金を持っていることをアピールする人もいます。

そういう人は一瞬成り上がっても、だいたい長く続きません

成功者は普段は上品に飲みます。

ですが例えばお店の女の子のお誕生日となると、高いシャンパンやワインをスマートにあけてくれます。

忙しくても誕生日だからと駆けつけ、何万もするいいワインをあけて30分くらいでお帰りになられる方もおり、その粋な計らいには感動します。

その女の子を立ててあげるためです。

女の子はとても喜び、お返ししようと思います。

そういうことができる方は相手にも大事にされます。

ここぞというときに、相手のためにお金や時間を使えることは「信頼」につながります

これはビジネスにも共通します。

気持ちよくお金を使える人は成功する可能性大

3. お金を喜んで使う

成功者はお金を喜んで使います。

嫌々支払うような態度を見せることはありません。

夜の街で飲むとお金がかかります。

女の子にお願いされて、いいよと気前よくボトルをあけたにも関わらず、いざお会計となると「高いな」と文句を言うような人は人気がありません。

「お金を気持ちよく使える人にはまたお金がまわってくる」は精神論のようですが、そうではありません。

上記の例でいうと、もし会計時に「高いな」とつぶやくのが聞こえると、その女の子たちは申し訳ない気持ちになります。

文句を言う客として記憶され、自分の価値を自分で下げてしまいました

成功者は「人間関係」にお金を使えます。

高いなと思っても口には出さずスマートにお会計をします。

使うお金を減らすことより、それ以上の価値をつくることを意識しています。

例えば仕事関係のものを何か買うとします。

とにかく安いものを選んだり、お金を使うことを嫌がったりしません。

買ったもの以上の価値を生み出そうとします。

この場合は単純にお金、仕事で利益が上がればいいわけです。

成功者は消費を減らそうとするのではなく、お金を前向きに使えます

お金が生み出す価値、お金を使ったその先を見通す

成功する人のお金の行動の共通点を、保険業界とホステスの経験から紹介しました。

成功する人はお金の使い方をしっかり考えています。

お金に余裕があっても適当に使いません。

お金が生み出す価値、お金を使ったその先のことを考えます。

「これから成功したい!」という方も、この考え方を意識してみてください。(執筆者:文月 咲希)