天候がよくて外で過ごしやすい秋は、絶好のアウトドアシーズンです。

特に今年は新型コロナウイルスの影響で、屋内での遊びが制限されることが多いです。密になりにくくて、感染リスクが比較的少ない屋外でのレジャーをとことん楽しみたいですね。

今回は、子供と一緒に楽しめる秋の低コストレジャーをご紹介します。

別に3つご紹介しますので、家計と相談しながらアウトドアを楽しみましょう。

【1,000円以下】公園や広場でお手軽ピクニック

ピクニック

近くの公園や広場でのピクニックは、お金をかけずに手軽に楽しめます

近場でできますし短時間でも十分に楽しめるので、特に赤ちゃんや幼児など小さなお子さんがいるご家庭におすすめです。

ピクニックには、ぜひレジャーシートとおにぎりやお菓子を持っていきましょう。

歩いて行けるなら交通費もゼロ、家にあるもので食べ物も補えば出費はほとんどかかりません

見慣れた景色・いつものご飯やお菓子でも、外でシートを敷いて食べるだけでいつもと違った雰囲気になります。

普段はあまり食べない子供でも、外でのご飯なら食が進むこともあります。

もしおうちにあればテントやサンシェードを持っていくと、さらにアウトドア気分が高まります

秘密基地のようでわくわくするのか子供もすごく喜びます。

【1,000~3,000円程度】地元の農園で味覚狩り

みかん狩り

食欲の秋だからこそやってみたいのが「味覚狩り」です。

ぶどうや梨、みかん狩りや芋掘り・栗拾いなど、秋はいろいろな味覚狩りが楽しめます。

「味覚狩りは高いのでは」と心配な方も多いかもしれませんが、地元の農園を狙えば比較的お手頃な金額で楽しめます。

観光農園と違って、地元の農園の一角でやっている味覚狩りはお手頃料金のところが多いです。

食べ放題ではなく「100gあたり〇〇円」などの料金設定のところもあり、予算にあわせて楽しめます。

フルーツパーク浦和

以前伺ったさいたま市の農園フルーツパーク浦和組合では、ぶどう2房を収穫して800円程度・ご厚意で他のぶどうの味見もさせていただけました。

駐車料金や入園料もかからず、収穫したブドウの重量分だけのお支払なのでとてもリーズナブルです。

自分で収穫した果物や野菜は子供にとって特別な経験になったようで「これ私がとったんだよ」と他の家族に自慢する様子はとてもほほえましかったです。

地元の農園は大々的に広告を出しているケースが少ないので、地元のフリーペーパーやインターネットで調べてみましょう。

【3,000~5,000円程度】庭や公共施設で格安バーベキュー

バーベキュー

少しお値段は上がりますが、お手伝いができる小学生以上におすすめなのはバーベキューです。

「バーベキュー用品はもっていない」というご家庭でも大丈夫です。

わが家では炭・着火剤・トング・網を購入しましたが、初心者でも問題なく使えました。

その中でも炭はホームセンターでの購入だと量が多くて金額も高くなるので、少人数での利用なら100均のものがおすすめです。

紙皿や割り箸も買えるので後片付けの手間も最小限にできます。

お庭で楽しむのであれば、ホットプレートやカセットコンロで手軽にアウトドア気分を楽しむのも良いでしょう

焼きそばやたこ焼きなどであれば1,000円程度の出費で十分に楽しめます。

お庭でのバーベキューが難しい場合は、バーベキュー広場などを利用してみましょう。

民間のバーベキュー場はお値段が高めですが、県営や市営の施設なら場所代無料~格安で利用できるところが多いです。

参考にわが家が以前バーベキューに初挑戦した時にかかった費用をご紹介します。

しらこばと水上公園
≪画像元:しらこばと水上公園

こちらの炉付き区画利用料(2,140円

ダイソーの網・トング・炭・着火剤(440円)

麦茶&焼き肉(2,500円

合計5,080円でした。

こちらの施設は2,140円かかりますが、テーブル・イス・炉がついているため初心者でも気軽にバーベキューを楽しめました

持参する荷物も最低限で済むため、ただでさえ大変な子連れ移動のストレスも少なくて良かったです。

予約が必要な施設が多いので、事前に調べて希望に合ったところを見つけておきましょう

節約中でも秋のレジャーは楽しめる

子供と一緒に楽しめる秋の格安レジャーを3つご紹介しました。

「公園でピクニック」、「地元農園で味覚狩り」、「格安バーベキュー」などお金をかけなくても楽しめるレジャーはたくさんあります。

コロナの感染防止を考えると遠出するのはまだまだ不安があるかもしれません。

しかし、子供もずっと家にいてはストレスがたまってしまいます。

比較的近くで・手軽に楽しめるアウトドアレジャーであれば、不安も少なくて取り入れやすいのではないでしょうか。

お金をかけずに気軽にできる秋のアウトドアレジャーを存分に楽しみましょう。(執筆者:浦辺 愛美)