筆者は1シーズンに1度、歯医者さんに行って歯のメンテナンスをしてもらっています。

よく歯周病は万病のもととか、年をとっても自分の歯で噛むことが大事だとよく聞きますし、何より歯が痛くなるのは嫌です。

そう思って通っていますが、正直に言って年間にするとそれなりの金額が掛かっています。

でも、歯医者さんでその話をしたところ、メンテナンスに通った方が通算で考えれば安い可能性が高いと言われました。 
 

歯科検診は300万の節約

歯のメンテナンスに掛かっているお金はどのくらい? 

予防歯科のために歯医者に通うと、1回に付き3,000円程度かかることが多いようです。

推奨されている受診ペースは3か月から半年に1度。

年額にすると1万2,000円〜6,000円ほどです。

健康な歯を保つためには仕方ないとはいえ、決して安いとは言えない金額ではあります。 

「痛いときだけ治療に来て、どうしようもなく悪くなったらいっそ入れ歯やインプラントにした方が安く済むのでは?」 

ふと疑問に思い、歯医者さんに尋ねてみました。 

「そう思う方も少なくありません。でも、実際には定期健診に通った方がトータルで300万円近く安く済むというデータがあります」 

返ってきたのはこんな答えでした。

歯のメンテナンスをするメリットはいろいろありますが、聞いたなかでお金に関わる部分を紹介します。 
 

歯のメンテナンスに通わないと発生する費用1:虫歯の治療費用 

歯科の予防治療は1回で3,000円程度、年に4回から2回ほどですが、いざ虫歯の治療となると基本的に完治までこまめに歯医者に通わなければなりません。

痛むほど悪化していれば1回の治療で2,000円〜4,000円、それを短い期間で何回か通わなければならなくなります

1か所の虫歯を治療するだけで総額1万円以上かかることも。

虫歯を治療すると結局メンテナンス以上に費用が掛かってしまいます。 
 

歯のメンテナンスに通わないと発生する費用2:入れ歯やインプラントの定期健診代 

入れ歯やインプラントにすればコストも安くメンテナンスもラクなのではと思っていましたが、歯医者さんからははっきり「違う」と言われました。 

・ 入れ歯やインプラントは定期的な作り替えが必須 

・ 入れ歯やインプラントの方が定期健診は必須 

入れ歯やインプラントは加齢や口内の状況、入れ歯の消耗具合に応じて定期的な作り替えが必要になると筆者は初めて知りました。

保険適用の入れ歯は1個1万円程度で作ることができますが、耐久年数は3年から5年とされています。

3年なら年額で3,300円、5年なら2,000円です。

とはいえこれだけなら入れ歯の維持費用の方が自歯のメンテナンスよりも安く済みそうですが、入れ歯、インプラントも定期健診は必須です。

むしろ入れ歯の方が定期健診をサボると合わなくなり痛みが出る、口臭がきつくなるなど目立つ不具合が発生してきます。

さらに自費診療で入れ歯を作ると30万円程度かかりますが、こちらもプラスチック製よりは持ちが良いもののいわゆる一生物ではありません。

いずれ買い替えが必要になります。 

虫歯の治療費と入れ歯の維持費を総合すると、80歳までの治療費は430万円ほどになります。

対して自歯をメンテナンスしていけば150万円程度

もちろん歯科にメンテナンスに通わず虫歯ゼロ、歯周病無しでいられれば1番いいですが、それはなかなか難しいです。

歯科に定期的に通うのが結果的に節約になります。 

 虫歯といれば歯お金がかかる

歯の定期健診代を安くするためには? 

入れ歯にするより自分の歯を大切に維持した方がコスト的にもメリットが大きいというのがわかりましたが、やっぱり年1万円程度かかるのは大きな出費です。 

筆者は転勤がある関係で数年ごとに掛かりつけ歯医者が変わります。

その中で発見した歯の定期健診節約方法は、自分に合う歯医者さんを見つけることです。 

歯科の料金は法律で施術ごとの点数が決められているので、同じ治療をすればどこの歯医者さんでも同じ料金になります。

ただ、予防歯科でどんな施術をするのかは歯科医ごとに違います。

3か月に1度の健診で毎回検査から歯石取り、クリーニングをする歯医者さんもいれば、口内の状況を見つつ歯石取りは2回に1度にする歯医者さんもいます。

どちらの歯科が良い歯科というものではありませんが、費用を考えれば毎回のコストは抑えめの方がありがたいです。

今筆者が通っている歯科は特別な施術がない限り定期健診1回あたり1,000円程度の支払いなので、お財布への負担が軽く済んでいます。 
 

自分の歯を大切にすれば節約になる 

もちろんお金のことだけでなくQOLを考えても自歯を大切にするのがベストです。

費用的にも定期健診に通うと300万の節約になると思えば、少し面倒でも定期的に歯医者に通おうという気持ちになります。

自分に合う歯医者さんを見つけて、ぜひ定期健診に通うようにしてみてください。 (執筆者:金子 ゆかり)