実は筆者宅では数年前にカメラの三脚を持って転倒して、三脚を破損してしまったことがあり、それ以来、三脚なしで撮影しています。

ところが、子どもが大きくなってきたこともあり、写真を撮る機会が増えて三脚が要り用になってきました。

そうは言っても、カメラショップにあるものは高機能で非常に高額なものがほとんどです。

たまにしか使わないライトカメラユーザーにとってはハードルが高いと言わざるを得ません。

そこで、ダイソーの出番です。

実は、ダイソーにおおいても足を伸ばせるタイプの三脚が販売されているのです。

こちらは「500円商品」ですので、ダイソーの中ではやや高めなのですが、「とりあえずお得な三脚を探している」という人にはばっちりなのです。

なお、情報は調査時のものであり、内容などが変更となっている場合がありますのでご注意ください。

また、店舗によって取扱の内容は異なりますので、お求めの際には事前にご確認くださいますようお願いします。

ダイソーの カメラ用三脚 (1)

ダイソーのカメラ用三脚とは

ダイソーのカメラ三脚

まずは基本のスペックからお伝えします。

サイズは、最も縮めた状態で高さ37cm、脚部の1辺が21cm、足の長さが30cmです。

伸ばした状態で高さ105cm、脚部の1辺が54cmです。

サイズの詳細

水準器もついていますが、あくまでも目安として使用するよう記載されているので、精度はそこまで高くないようです。

しかしながら、ビギナーユーザーにとってはこれで十分と言えそうです

もちろん、カメラを固定しても問題なく使えます。さらにスマホを固定するためのクリップホルダーもついています。

重さ335gですので、とても軽いというのが実感です。缶ジュース1本分ほどの重量です。

とても軽いカメラ用三脚

ダイソーのカメラ用三脚は高コスパ商品

ネットや店舗で探してみましたが、500円で買えるのはミニ三脚と呼ばれる伸びないタイプのものがほとんどです。

この商品と同様に高さが1mを超えるものは、ネット販売の非常に安いもので1,000円程度からです。

まれに激安製品として500円程度で販売されているものもありますが、送料を考えると結局は1,000円を超える場合が多そうです。

また、近隣の家電量販店を巡ってみましたが、最も安いもので1,980円からでした。

三脚用のスマホ固定用クリップでさえ500円程度からとなっていました。

ダイソーの三脚が非常にお得であるということがお分かりいただけると思います。

ダイソーのカメラ用三脚のデメリット

デメリットには、その軽さがあげられます。

カメラを取り付けると重心がどうしても上部に偏ってしまうからです。

横からの衝撃に弱く、少しぶつかるだけでも倒れてしまいそうな不安があります。

たとえば、長時間置いたままでの露光撮影などをしたいときには、三脚が倒れないよう固定するなどの工夫をするのが良いかもしれません。

また、中央のセンターポールの下部分、エンドにゴムキャップがついているのですが、これがネジ式ではないのですぐに取れるようになっています。

キャップですので必要な部品ではないのですが、紛失を気にする方はお気をつけください

すぐに外れる仕様ですので、自作のエンドフックなどを付けたいとお考えの方には良いのかもしれませんね。

裏技使用法

筆者はカメラ三脚としての使用するほかに、アウトドアでも使用しています。

三脚にクリップをつけて、ランタンスタンドやペーパースタンドとして使用しているのです。

三脚の別の使い方

このクリップも実は100円ショップの商品です。

参考の記事はこちら。

【関連記事】:セリアの「アウトドアグッズ」は防災グッズとしても優秀 備蓄にも役立つおしゃれなグッズ4つ

ランタンスタンドは3,000円を超えるものがほとんどで、サイズも70cm超と大きい場合がほとんどです。

アウトドアに出かける際には少しでも荷物を軽くしたいものなので、軽量の三脚はとてもありがたいのです。

やはりバランスは気になるところです。

重いランタンスタンドであれば危険ですが、筆者が使用している軽めのLEDランタンであれば今のところ大きな問題はなく使用できています。

ちなみに、こちらは本来の使用法とは異なりますので、ご自身の判断と責任においてご使用いただけますようお願い申しあげます。

カメラ撮影以外にも便利な三脚

ビデオやカメラにスマホ撮影、ちょっとした撮影でも背の高い三脚はとても重宝します。

「三脚を使ってみたいけれども、高価格なものは少しハードルが高い」「子どもの学校や園のイベントに持って行きたいけれど、重いものは避けたい」といった時にはぴったりです。

非常に軽い商品ですので、旅行などにも持っていけます。気軽に使える三脚をお探しの方におすすめです。(執筆者:新木 みのる)