おうち時間が増えることに伴って、いろいろな「家で出来る、楽しめるサービス」というものに、たくさんの人の意識が向いているようです。

このコロナ渦を気にAmazonプライムに「便利そうだなって思ってなんとなく入った」という人ももしかしたらいるかもしれません。

今回は、Amazonプライム5年目、中級者の「Amazonプライムの楽しみ方」を紹介します。

「Amazon prime」どんなサービス

アマゾンプライムってどんなことができるんだろう
≪画像元:Amazon

・ prime会員セール
・ prime配送
・ prime video
・ prime music

この辺りまではprime会員の説明ページにも大きく書かれているのでわかりやすいです。

Amazonには他にも

・ Amazon photosという写真クラウドサービス

・ Twitchなどのゲーム無料配信サービス

・ Amazonフレッシュといった生鮮品を届けてくれるサービス

など、さまざまなサービスが展開されています。

prime配送とは

Amazonにはさまざまな品が売られています。

お得じゃないものや、公式じゃないものも多く、さらに配送の時間がかかってトラブルを起こしたなどという話もあります。

トラブルになりそうな商品などはプライム配送がついていないものが多く、「prime配送がついてるなら大丈夫」といつひとつの目安になっています。

prime配送限定のものにすると、配送自体は翌日や遅くとも翌々日には届くことが多く、とてもスムーズです。

他のサイトでは送料がかかるものもprime配送なら無料、というケースも多く送料だけでもお得感があります。

お急ぎ便無料や、関東圏では生鮮食品の配送も行うなど、使いこなせばさらに手厚いサービスを受けることが可能です。

prime videoとは

いろいろな国のドラマや映画が見られるだけでなく、アニメやドキュメンタリー、Amazonオリジナルのものもあります。

おうち時間の増える今こそ使いたいサービスです。

同じようなサービスと比べると、Amazon prime videoの品ぞろえは中途半端が否めません。

それでも年会費などから考えると、ライト層にぴったりなドラマや映画を提供してるので、それなりの満足感はあります。

Amazon primeのAmazonプライムの年会費は4,900円または月会費500円です。

例えばDVDのレンタルは旧作一本が一週間50円~110円が目安になっています。

新作や準新作だと、TSUTAYAでは2泊3日で286円、1週間借りると334円です。

さらに延滞すれば延滞料もかかってきますので、現在では割高感が出てしまいます。

それに比べて、prime videoはおまけとしてのサービスだと思うと、レンタル店で旧作を4~5本借りるよりも安く、それなりのものが見られ、延滞料が発生しないといううれしいサービスです。

Amazon prime music

CDで買う時代はもう古く、今の主な音楽シーンを動かしているのはサブスクの配信、YouTubeの配信などが主力です。

Amazon prime musicはprime会員のおまけとしてサブスクを提供されているのですが、本来の曲数よりもはるかに少なく、200万曲程度です。

おまけとしてのAmazon prieme musicは、聞きたいを思っていた曲が配信されていないこともよくあります。

Amazon prime musicunlimited

Amazon prime musicunlimitedを契約することによって、6,500万曲という膨大な数の音楽を聴けるようになります。

prime会員だと、本来980円かかるサブスク料金が780円になります。

他の音楽サービスもほとんどが月980円前後のものが多く、Amazon music unlimited はprimeの恩恵を受けて月200円ほど安く契約できるということになります。

ファミリープランや学生プランなど、自分に合ったプランを選べるのも魅力のひとつです。

見逃せないキャンペーン

さらに、時折キャンペーンとして、期間中にメールアドレスから送られてきたリンクから曲を聴くとAmazonギフト券や、ブランド物のスピーカーなどが当たるキャンペーンを行っています。

数年前にそのキャンペーンに当選し、Amazonギフト券を1万円分もらえました。

Amazon photos

アマゾンフォトはなかなか便利です
≪画像元:Amazon

おうち時間中今まで撮った写真を整理したいときに「Amazon photos」はスマートフォンやコンピューターなどのデバイスからすべての写真とビデオをバックアップ、整理、共有することが可能で便利です。

無制限のフォトストレージにアクセスすることによって、スマートフォンの写真とビデオを自動保存し、自動的にバックアップを行ってくれます。

Amazon photosに保存した写真は、ほぼすべてのデバイスからアクセスできるので、複数のデバイスからの膨大な写真も整理するのに最適です。

GoogleフォトからAmazonフォトへの移行もできるそうなので、移行を検討している人は試してください。

Amazon primeでお得におうち時間

Amazon primeを駆使すれば、たくさんのお得なサービスをうけ、おうち時間を楽しめます。

prime videoもprime musicも、どちらも家から出ないで楽しむことができる良コンテンツです。

ゲーム配信や、関東圏などで実装され始めている生鮮食品の配送などを組み合わせると、年末年始も楽しく過ごせそうな気がします。

うまく使いこなして楽しくおうち時間を過ごしてください。

動画配信サービスはWi-Fi環境が必須になっていますので、楽しむ場合はネットがWi-Fi環境かどうかの確認もしておくと安心です。(執筆者:松田 潔子)