筆者は毎週のようにドン・キホーテへ通っていますが、購入するのは食品類だけではありません。

日用品や生活雑貨、美容アイテムも一般的なスーパーやドラッグストアよりも安く販売されている商品が多いため、お買い得品が見つかればすぐさま購入しています。

そこで今回は、ドン・キホーテをこよなく愛する筆者がおすすめする、見逃し厳禁な日用品・生活雑貨・美容アイテムを紹介するので、買い物へ行ったときにぜひチェックしてみてください。

見逃し厳禁な 日用品・生活雑貨・美容アイテム

見逃し厳禁なお買い得品 日用品・生活雑貨・美容アイテム編

ドン・キホーテにある日用品や生活雑貨、美容アイテムは、商品によっては定価の半額以下で販売されています

そのため、上手に買い物をすれば、食料品だけでなく生活に関わるアイテム全般をお安く購入できるのです。

これから紹介する商品の中で気になるものがあれば、ぜひドン・キホーテへ行ったときにチェックし、生活費の節約につなげてください

1. ペーパー類

一時期はどこのお店でも品薄になったペーパー類は、ドン・キホーテだと常時お買い得価格で販売されています。

実はこれまで筆者は、行きつけのドラッグストアでしかペーパー類を購入していませんでした。

しかし、品薄になったことがきっかけでほかの店舗の価格をチェックするようになったのですが、行きつけのお店よりドン・キホーテのほうが値段が安いと判明しました。

ティッシュペーパーやキッチンペーパー、トイレットペーパー、ポケットティッシュ、除菌シートなど、紙類は全般的に格安価格です。

たとえば、150組5箱のボックスティッシュだと、ドン・キホーテは208円で販売されています。

私が買っていたドラッグストアの価格は、217円だったので9円ほどの差です。

たかが9円されど9円です。

私は1か月で5箱使ってしまうので、月に9円、年間で108円の差が出ます。

ティッシュだけのためにドン・キホーテへ行くのはおすすめできません

しかしほかの買い物のついでと考えれば、年間108円の節約でもしないよりしたほうがよいのではないでしょうか。

2. 掃除・洗濯用品

掃除・洗濯用品も安い

定期的に使用する掃除、洗濯用品も、ドン・キホーテでは安い価格で販売されています。

こちらは時期によってどのメーカーの商品が安いかは変わりますが、特にメーカーにこだわりがなければ、いつでも格安価格で購入可能です。

一例を紹介します。

パイプの詰まりを除去する「パイプユニッシュ」は、店舗やネットだと300円前後で売られているのに対して、ドン・キホーテだと218円です。

「キッチンハイター」なら店舗・ネットだと400円前後、ドン・キホーテなら163円ですから、買わない理由はありません。

3. ヘアケア商品

シャンプーやコンディショナー、ヘアオイルなどのヘアケア用品も、ドン・キホーテでは見逃し厳禁です。

パンテーンやメリット、ヴィダルサスーンなどの有名どころもドラッグストアやネットより安く販売されています。

筆者がおすすめしたいのは「ワンコイン商品」です

ドン・キホーテでは、廃盤になったサロンのシャンプーやコンディショナーなどが定期的に500円で販売されています

中には500~600ml入りのものもあるため、見つけたときに2~3本購入しておけば、次に特価品が現れるまで十分もつでしょう。

サロン品は1本あたり2,000円前後しますから、ワンコインで買えるのはかなりお得です。

ヘアオイルやヘアミルクは、常時ワンコイン商品が販売されています。

在庫限りなので種類は入れ替わりますが、これまで1つも売っていないときはありませんでした

3種類ほど使ってみましたが品質に問題はなく、髪はサラサラになりました。

有名メーカーのヘアケア用品は安くても1,000円前後ですから、500円買えるのはお得です。

4. 季節商品

ハンドクリームも安い

ハンドクリームや虫除け品、日焼け止めなど、使う季節が限られやすいアイテムは、シーズンになると格安で販売されます。

筆者がこれまで「お得すぎる」と思ってまとめ買いしたのがハンドクリームです。

昨年の年末に50g 200円で販売されており、質が良さそうだったので3本まとめ買いをしました。

伸びが良く、使い心地も問題なし、少量で潤うので、今年の冬も残りを使っています。

ほかの店舗でハンドクリームを買っていたときは、安くても300円、特価品がないときは500円くらいのものを購入していました。

日焼け止めもアイテムによって価格は違うものの、ドラッグストアとドン・キホーテでは100~200円ほどの差があるので、ここ数年はドン・キホーテでしか購入していません。

5. フェイスマスクや化粧水などの美容アイテム

先ほど紹介したワンコインアイテムは、ヘアケア商品だけではありません。

今まで筆者が見かけたものを書き出すと、

・ フェイスマスク
・ ボディジェル
・ 化粧水
・ 乳液
・ クレンジング
・ マスカラ

など、美容商品が多数でした。

クレンジング以外は購入した経験がありますが、どれも品質には問題ありません。

有名メーカーの美容商品は、500円以上するものがほとんどです。

近頃は100円均一でも購入できますが、量が少ない点がデメリットです。

美容商品も安い

その点、ドン・キホーテのものは、

・ 化粧水 → 1,000ml

・ フェイスマスク → 30枚

・ マスカラ → 3~4か月持つ

という感じなので、100円均一より内容量が多いのです。

1,000mlもあれば半年は持つため、ほかの店舗で購入するより、美容にかける費用も節約できます。

いろんなジャンルの格安品がいっぱい

ドン・キホーテはあらゆるジャンルの商品が販売されていますが、必ずいくつか格安価格のものが販売されています。

スーパーは食料品が安いけれど日用品は高い、ドラッグストアは日用品や生活雑貨は安いけれど、美容アイテムはやや高め、など、お店によって高い安いのジャンルは違うものです。

しかし、ドン・キホーテは食料品も日用品も美容アイテムも、生活に必要なほぼ全てのアイテムが格安で販売されています

もちろんどのメーカーでも安いというわけではないので見極めは必要です。

コツをつかんで上手に買い物をして、これまでより1か月数千円以上の節約を目指してください。(執筆者:メルカリ取引500回以上 石神 里恵)