年末年始にお得な買い物ができるチャンスと言えば、セールと福袋です。

今年は密を避けるために、セールよりも福袋に力を入れているブランドや店が増えています。

しかし福袋のすべてが「とてもお得」とは限りません。

中には「定価で買うよりは割安程度の福袋」や「お値段なりの中身の福袋」といった残念な福袋もあります。

今回は、袋を触って探ることができないオンライン購入でもできる「お得な福袋の見抜き方」についてお話します。

オンライン購入の場合、福袋の予約は11月下旬から始まっています。

しかし最近は「売り切れ」を防ぐために12月下旬までの分散販売が増えています

急いで予約をしてしまい、あとからもっと欲しい福袋が登場して後悔することがないように、しっかりとお得な福袋を見抜いて購入しましょう。

お得な福袋を見抜く3つの視点

1.「袋が立派」な福袋は要注意

袋が立派な福袋は要注意です。

福袋の袋が立派な布製だったり、バッグとしても使えたりするような福袋は、中身が残念な福袋かもしれません。

福袋を作るにも経費がかかります。

決められた予算の中で福袋を製作するときに、袋代にお金を使ったならば中身で調整するしかありません。

福袋の中身は公開されず、外の袋だけが大々的にアピールされている福袋は要注意でしょう。

2. 袋のシルエットがバラバラな福袋はお得

福袋には2種類あります。

1つ目は「どの福袋も中身が同じもの」です。

これは中身が福袋用に作られた商品が入っている可能性が高く、店側も損をしないお値段なりの内容である可能性があります。

2つ目は「福袋ごとに大きさやシルエットが違う福袋」です。

これは在庫品や型落ち品が入っている、消費者側から見ればお得な福袋です。

店頭で福袋を購入する場合は見た目でわかります。

オンライン購入する場合は

・ 福袋ごとに内容は異なります

・ 内容はお選びいただけません

という言葉が目印です。

中身がわからないリスク」がありますが、好きなブランドや店の福袋、もしくはデザインに関係なく使えるものが入った福袋ならばかなりお得な買い物ができるでしょう。

お得な福袋はシルエットがバラバラ

3. 毎年出る「定番福袋」全てお買い得とは限らない

毎年出る定番福袋には

1. 毎年販売直後に売り切れる定番福袋

2. 年明けでも残っている定番福袋

の2種類があります。

【得】毎年販売直後に売り切れる定番福袋

「毎年販売直後に売り切れる定番福袋」はいわゆるお客を呼び寄せるための目玉商品であり、手ごろな値段で中身もお得な福袋がほとんどです。

この福袋の存在を知っている人は、かなり前から販売開始日をチェックし毎年決まって購入しています。

例えば、有名店のお菓子やお茶の福袋です。

1,000円~3,000円の福袋が多く、販売個数が限られています。

百貨店などの店舗販売の場合は、整理券(購入できる権利)が配布され、それを交換することで福袋を購入できます。

しかし、決められた時間までに交換されなかった福袋が急きょ店舗で1つか2つ販売されることがあります。

幸運にもキャンセル福袋と出会えたならば迷わず購入するといいでしょう。

【損】年明けでも残っている定番福袋

一方、毎年販売されるにもかかわらず「年明けでも残っている定番福袋」は中身が

セールで買えばもっと安く買えるもの

・ もしくは、欲しい人が限られているもの

が入っている可能性があります。

「セールで買えばもっと安く買えるもの」は婦人服の福袋に多く、セーターやパジャマなどひとつのアイテムに特化しているケースが多いです。

「福袋はお得」という先入観があると「セールで欲しいものを買った方が得」ということに気がつかず、とりあえず余っている「買える福袋」に手が伸びてしまいます。

「欲しい人が限られているもの」は好みなら当たりの可能性

ただし「欲しい人が限られているもの」でも当たりの可能性はあります。

典型はワインの福袋です。

ワインは好みがあり、福袋の単価も高額なため買う人が限られています。

年末まで売れ残っていると「お得ではない福袋」に見えてしまいますが、実はワインの福袋は好みがあえば珍しいワインをお得に買う「チャンス福袋」です。

ワインの福袋は好みならお得

ネット予約できなかった福袋はフリマサイトに期待

今年は密を防ぐためにオンラインによる福袋販売が増えています。

セールに出かけられないため、いつもよりもオンラインで福袋を多めに買う人も多いでしょう。

しかし福袋の中身すべてに満足できる人はいません。

必ず「これは着ない」「これは使わない」と思うものがあります。

そこで年明けに活発化するものがフリマサイトです。

メルカリでは、福袋の販売とほぼ同時に福袋の中身が出品されています

福袋で購入するよりは若干値段は高くなりますが、自分が欲しいものを失敗なく安く買える年明けの楽しみです。

注意点

ただ、1つだけ注意点があります。

福袋販売直後のフリマサイトでは、比較的高い値段で出品される傾向があります。

しばらくたつと、同じ商品が続々と出品されるため売り切るために値下げ競争が始まります。

福袋商品をフリマサイトで購入するときには、急がずに値下げ競争が始まるタイミングを待ってみると良いでしょう。(執筆者:クリエイティブな節約家 式部 順子)