「100円おせち」はローソンストア100で毎年定番の商品です。

なんと今年は、過去最多38種類ものおせちの販売が決定しました。

価格はもちろん1つ税込108円です。

定番のものから、のどぐろやホタテなどの高級食材を使用したおせちも、すべて108円で購入できます。

今回はローソンストア100の「100円おせち」全38種のなかから、とくにおすすめの商品を、安さの理由も合わせてご紹介いたします。

迷わずに買いたい定番のおせちを紹介いたします。

【定番1】伊達巻

伊達巻
≪画像元:ローソンストア100

ほんのり甘くて見た目もキレイな伊達巻は、おせちを彩る定番の具材です。

スーパーで購入すると、手頃なものでも300~600円程します

また、案外あまってしまいがちな具材なので、ローソンストア100はサイズ感もちょうどよいです。

100円で販売できる理由

シーズンオフの秋~冬に製造
≪画像元:ローソンストア100

ローソンストア100の伊達巻は、シーズンオフとなる秋~冬にかけて早めに製造しておくことで、コストを抑えています

ちなみに、伊達巻を作らない期間、春~夏までは、ちりめんじゃこの製造をして、工場を効率よく稼働させているのです。

【定番2】つぶつぶ栗きんとん

つぶつぶ栗きんとん

「栗きんとん」は大人も子どもも好きな人が多いです。

ローソンストアの細かく切った栗がさつまいも餡と合わせ、ほどよい甘さに仕上げています。

栗きんとんは少量でもお高めの商品が多いので、110円と言うお値段は破格です。

100円で販売できる理由

栗きんとんは、贈答用ゼリーを作っている工場に依頼して製造しています

栗きんとんの製造工場は持たないことで、低コストを実現しています。

贈答用ゼリーの製造工場の設備で作っている
≪画像元:ローソンストア100

【定番3】味付け帆立

味付け帆立

醤油ベースで味付けされた帆立は、おせち具材のなかでも少しリッチさがあります。

スーパーでは、年末年始に帆立を含む海鮮品の価格が高騰する店が多いので、材料費だけを考えても、1個100円という価格は手頃です。

100円で販売できる理由

余剰になったベビーホタテを使用しています
≪画像元:ローソンストア100

新型コロナウイルスの影響により外食が減ったことで、余剰になったベビーホタテを使用し、100円という価格が実現しました。

さらに、「つぶつぶ栗きんとん」と「栗の甘露煮」と同じ工場で製造することで、コストを抑えています。

【定番4】田づくり、えびの甘露煮

田づくり、えびの甘露煮
≪画像元:ローソンストア100

「豊作を願う」意味が込められた田作りは、おせちに欠かせない定番具材のひとつです。

ローソンストアには、田作りのほか、えびの甘露煮もあります。

小魚の苦みが気になる子どもには、風味が良いえびの甘露煮もおすすめです。

100円で販売できる理由

魚、えびのサイズを選別していない
≪画像元:ローソンストア100

田作りはサイズがバラバラな魚やえびを使用することで、110円という価格を実現しました。

見た目は形や大きさにばらつきがありますが、味は文句なしのおいしさです。

【定番5】のどぐろ蒲、ふぐ蒲

のどぐろ蒲、ふぐ蒲
≪画像元:ローソンストア100

昨年のヒット商品、「ふぐ蒲」に続き、今年は高級シリーズとして「のどぐろ蒲」が発売されます。

のどぐろのすり身、ふぐの皮が練り込まれた、それぞれ風味のあるかまぼこが味わえます。

紅白かまぼこも良いですが、価格は同じ100円なのでお得度大です。

100円で販売できる理由

味付け帆立に使用しているベビーホタテと同様、コロナの影響で安価に仕入れができたことで、商品化されました。

今年のみの販売になる可能性もあるので、今年はぜひ味わっておきたい商品です。

安さの理由も公開しているので安心

ローソンストア100の「100円おせち」は毎年好評です。

さらに今年は、コロナ禍で余剰になった食材を使った、高級おせちも登場しています。

ただ安いだけではなく、安さの理由も公開しているので、安心して購入できるのも100円おせちの魅力です。

10個購入しても1,080円です。

手間をかけず低コストでおせちを用意できるので、2021年はローソンストア100の「100円おせち」を自宅で楽しんではいかがでしょうか。(執筆者:全方位型節約主婦 三木 千奈)