ポイントザクザクで人気の楽天カードを使う人は多いですが、せっかくのユーザーならばメリットを最大限にしたいです。

「楽天キャッシュ」はお使いでしょうか。

楽天カードユーザーなら、使わないと損をします。

楽天キャッシュで楽天ペイの還元率がアップ

楽天キャッシュの性質を紐解く前に、「何の役に立つのか」を確かめましょう。

すでにいったん確立していた楽天グループのキャッシュレス体系に、後から楽天キャッシュが追加されました。

ここからもわかるように、必須とはいえない楽天キャッシュですが、次の役に立ちます。

QRコード決済の楽天ペイを使うにあたり、楽天カードユーザーのポイント還元率を0.5%上げてくれる

以下は、このメリットを中心にご説明します。

楽天ペイの還元率がアップ

楽天キャッシュと楽天ペイ

QRコード決済のひとつ、楽天ペイはお使いでしょうか。

楽天カードユーザーならば、楽天キャッシュとの組み合わせによって、楽天ペイがさらに高ポイント還元となります

詳しく見ていきましょう。

楽天ペイを使うメリット

楽天キャッシュが現在のスタイルになる以前から存在する、楽天ペイ自体のメリットから見てみます。

・ カードを持ち歩かなくてもスマートフォンでカード決済ができる

・ 楽天ポイント加盟店以外でも、楽天ポイントを充当して支払える

・ キャンペーンでもらえる期間限定楽天ポイントを決済に充当できる

楽天カードの実施する豊富なキャンペーンも、ポイントの使いみちが確立していて初めてそのありがたみが実感できます。

利用期間を限って付与される期間限定ポイントも、楽天ペイのおかげですぐ実店舗で使い切れます

楽天ペイがなければ、期間限定ポイントを楽天市場で使うか、楽天ポイント加盟店で使うか、いずれにしても消化にあたって少々困るところなのです。

楽天ペイの支払方法と還元率

楽天ペイはスマートフォンで使う決済方法ですが、支払元の設定が必要です。

次のいずれかです。

・ クレジットカード(VISA、Mastercard、JCB、アメックス)

・ 楽天キャッシュ

クレジットカードは、国内ブランドのほとんどが楽天ペイにセット可能となりました

QRコード決済の中でも、抜群の対応力を見せています。

もっとも現在の楽天ペイには、決済自体に付与されるポイントがありません

セットしたクレジットカードで直接決済するのと、還元率の点では一緒です。

これは、楽天ペイに楽天カードをセットした場合でも同様です。

楽天カードは還元率1.0%の高還元率カードですが、楽天ペイにセットして支払っても、同じ1.0%ということです。

楽天キャッシュを使うメリット

楽天ペイの還元率を上げる、現在唯一の方法が楽天キャッシュです。

楽天キャッシュへは楽天銀行から、または楽天ラクマの売上からのチャージも可能ですが、楽天カードユーザーにこそ使って欲しい存在です。

楽天キャッシュ
≪画像元:楽天キャッシュ

楽天キャッシュにより、楽天ペイをこのように使えます。

・ 楽天カードから楽天キャッシュにチャージ時、0.5%の楽天ポイント付与

・ 楽天ペイを楽天キャッシュ払いにすることで、決済時1.0%の楽天ポイント付与

楽天カードと楽天ペイとの間に、楽天キャッシュへのチャージを挟むことで、楽天ペイの価値が変わります。

チャージの手間が加わるのは面倒に思うかもしれませんが、楽天キャッシュへのチャージは楽天ペイアプリ内で行うので、それほどの手間はありません。

年間20万円楽天ペイを使う人なら、楽天キャッシュ経由にすることにより、獲得ポイントが1,000円分増えることになります。

キャッシュレス派にとっては、大きな額でしょう。

楽天キャッシュのその他のメリット

楽天ペイをお得に使うための楽天キャッシュを見てみました。

最後に駆け足ですが、楽天キャッシュのメリットは他にも次の通りあるので見ておきましょう。

・ 楽天ポイント加盟店でポイント払いする際、ポイント残高が足りなくても、楽天カードからチャージして支払える

・ 他人への送金に使える

・ 楽天ラクマ(フリーマーケット)の売上げを楽天キャッシュにできる

「残高が不足している楽天ポイントで支払える」(ポイント払い瞬間チャージ)機能は便利そうです。

ただ、ポイント還元率の点で、決して有利な支払方法ではありません。

「キャッシュレス非対応の楽天ポイント加盟店」で支払うなら価値があります

他人への送金も、すでに世間にはさまざまな方法が存在します。

楽天キャッシュは、やはり楽天ペイを使いこなすのが主のアイテムでしょう。(執筆者:沼島 まさし)

楽天SPUとは?