業務スーパーはコスパの良いお買い得なスーパーとして、メディアでも頻繁に取り上げられています。

自称節約マニアの筆者も一時期通い続けていましたが、このところはイオンのディスカウントストア「ザ・ビッグ」へ鞍替えしています。

自宅から業務スーパーは徒歩10分くらいのところにある一方、ザ・ビッグは車で20分ほどかかるのですが、買い物をまとめるなど工夫してでもザ・ビッグへ出かけます。

筆者がザ・ビッグを選ぶ理由をご紹介します。

※文中の価格は税抜き金額です。

理由1:とにかく安い!

1番の理由は、驚きの価格です。

今回出かけたのは特売日ではなかったのですが、下の画像の商品は全て100円以下です。

このおかいものは全部100円以下なのだ

・ 国産豚肉(gあたり97円)
・ 国産鶏むね肉(gあたり57円)
・ サンマ(1匹72円)

をはじめ野菜、お菓子、果物など合計27点もありました。

業務スーパーにもお値打ちな商品は多いのですが、大容量の物が多く、少人数の我が家では使いにくく感じたことが度々でした。

またお値打ち商品の中にはPB商品が提供されていることが多々ありますが、ザ・ビッグでもトップバリューはありますが、一般的によく知られている商品が多く見受けられます。

ディスカウントストアといっても一般的なスーパーとほとんどかわらず、キッコーマンの醤油1Lも198円で販売されていました。

理由2:パンチのある激安商品がある

イオンは国内外に300を越える企業で構成される大手流通グループですから、その在庫も相当なものと想像できます。

そのためでしょうか、ザ・ビッグに出かけると、「在庫過多のため」とポップがついた衝撃価格に出会います。

今回見つけたのは以下の3点は、合計しても271円です。

3つを合計しても271円

・ アルカリ単三乾電池 4本パック57円

・ アロエモイストクリーム160g メーカー希望小売価格1,200円のところ197円

・ 収納用仕切りケースSサイズ1枚入り 17円

値段参照: ITOH KANPO PHARMACEUTICAL Co

アロエモイストクリームはAmazonで検索すると、773円で販売されていましたが、それでも70%以上お買い得です。

消毒や手洗いが増えた今、評価も高い商品で160gも入っているのは助かります。

収納ケースは何と1枚17円、100均でもよく似た商品を見かけますが、32cm × 21cm × 11cmのSサイズとはいえ価格は8分の1足らずです。

お値打ち品は店舗ごとに違うでしょうし、いつもあるとも限りません

しかしチラシにも掲載されていることはありませんから、毎回どんなびっくり価格が見つかるか楽しみです。

理由3:イオンのお得、5%オフやボーナスポイントが活用できる

会員割引も適用されちゃう

上のレシートは先の激安商品3点のものですが、それぞれ会員様割引として5%が引かれています

ザ・ビッグはイオンの系列店ですから、

・ 20日30日のお客様感謝デー
・ GG感謝デー
・ ありが10デー
・ お客様わくわくデー

さらにお得に買い物できます。

加えて毎月第2日曜はザ・ビッグデーなので、イオンカードやWAONの支払いでなくても決済方法にかかわらず、5%オフになります。

つまり5%安く買える日がイオンより1日多く、毎月第2日曜に1万円の買い物をザ・ビッグデーにかえるだけでも、年間6,000円節約できます。

さらにイオンには商品を購入するごとに加点されるWAONボーナスポイントがありますが、ザ・ビッグでも見つけられます。

「明治コーンソフト バター入り 280g」はメーカー希望小売価格290円ですが、9月20日の販売価格は157円で、お客様感謝デーでの5%割引にボーナスポイント40ポイントが加算されたので実質109円、60%以上安くなったことになります。

イオンカード公式サイト

けっこう安く買えていいんですよ

理由4:圧倒的な大きさ、取扱品目が多い

店舗によって違いはあるでしょうが、筆者が常用しているお店は1,000台近い駐車場を保有し、売り場面積が大きく取扱品目は膨大です。

食品以外にもドラッグストアで買っていた薬やホームセンターで選んでいた洗剤なども購入できるので、いろいろな買い物がお得な日に1か所で完結します。

筆者は、ザ・ビッグで買い物することでお得につながりました。

けれどもお買い物の使い勝手は、利便性や家族構成、嗜好によってなどによって異なります。

選択肢の1つとして参考にしていただき、マイベストをみつけて節約に役立ててください。(執筆者:吉田 りょう)