「そろそろキッチンのリフォームをしたい」という方も「将来的にキッチンリフォームを考えている」という方も、リフォーム費用はなるべく安く抑えたいものですよね。

キッチンのリフォーム費用は「本体費」と「工事費」がメインです。その中でも価格を抑えやすいのは「本体費」だと言えます。

どのポイントを押さえれば本体費用が安くなるのかの目安を紹介します。

キッチンのリフォーム費用を安く抑える 「6つのポイント」

キッチンリフォームの相場

キッチンリフォームの相場は50万円~150万円ほどが多いようです。キッチン本体のグレードによって金額に差が出ます。

シンプルなタイプのシステムキッチンであれば50万円前後で済むことがほとんどです。

うまくいけば、さらに安くなることもあります。

キッチン本体は使用する材質、機能によってメーカーが設定する希望小売価格が100万円を超えるものも少なくありません。

しかし、キッチンの機能すべてを活かしきれるかどうかは、使う人のライフスタイルや家族の人数などによっても異なります。

キッチンリフォーム費用を安くするポイント

キッチンは毎日使うものだから、使い勝手はなるべくよくしたいものですよね。しかし、「リフォームにそこまでお金はかけられない」というのも本音ではないでしょうか。

キッチンリフォーム費用を安く済ませるポイントについて紹介します。

1. アウトレット品を選ぶ

「店頭の展示品を入れ替える」「古いタイプの製品だから値下げする」といった理由でアウトレット品になったキッチンを販売しているショールーム・店舗があります

値引額はさまざまであるため一概には言えませんが、5万円~10万円程度値引きされている場合が多いようです。

しかし、アウトレット品は通常品と比べて保証期間が短くなる場合もあるため、注意が必要です。

2. 不要な機能はつけない

システムキッチンは機能が増えればそれだけ金額も上がります。

たとえば、食洗機をつけるのとつけないのとでは16万円前後の差があります。オーブンレンジの設置やコンロの機能なども金額に差が出る要因です。

イギリスのキッチンのようにドラム式洗濯機をビルトインできるメーカーもあります。

食洗機は据え置きの小さいタイプであれば3~4万円ほどで購入できます。据え置き型のオーブンレンジも3万円前後から購入できるようです。

ビルトインされている場合には据え置きよりもスペースを省けますが、そのぶんキッチンの収納場所が減るということでもあります。

どちらがお得で使いやすいかは、事前によく確認したほうがよいと言えます。

ビルトインだと収納スペースが減る

3. キッチンの場所を変えない

キッチンの場所を壁付けからアイランド型に変えるといったように、キッチンの場所自体を変えるリフォームもあります。

しかし、キッチンの場所を移動させてしまうと、その後の床の補修工事や水道工事・電気工事といった工事代金が発生します。

最低でも次のような費用がプラスされると考えておいたほうがよいことでしょう。

・ 排水管やガス・水道の工事:15万円~

・ 養生・廃材処分費:12万円~

・ 壁・床の補修:3万円~

合計すると最低でも30万円ほど金額が上がります

キッチンを置くフロアを移動すればさらに費用がかかります。キッチンリフォームの費用を抑えたいという方は、キッチンの場所移動はしないほうがベターです。

4. 施主支給をする

自分で商品を購入して業者に工事だけお願いすることを「施主支給」と言います。

業者に依頼をするよりも安価で商品の購入が可能です。

キッチンリフォームについても同じで、本体・工事一括で依頼するよりも安くすむ場合が多くあります。

しかし、製品に不具合があった際には購入元とのやりとりをすべて自分でしなくてはなりません

さらに、「購入元に工事の問題を指摘されてしまい、工事元は製品の問題を指摘」などということになると、間に挟まれた施主の負担が大きくなることでしょう。

安さを取るか安心を取るかの悩みどころですが、不安な方は購入もプロに任せるのが無難といえます。

5. 任せる業者には複数見積もりをとる

キッチンリフォームを請け負う会社には、

・ リフォーム専門会社
・ キッチンメーカー
・ ホームセンター
・ 大工・工務店

などがあります。

「ここを選んでおけば間違いない」というのはなく、大切なのは信頼して工事を任せられるかどうかです。

安いという理由だけでお願いをしたら工事内容がずさんで後で不要な費用が発生してしまったというケースも珍しくありません。

まずは

複数社から見積もりをとり、実際に話を聞いてみたうえで、金額にも工事内容にも納得できるところを選ぶ

ことが大切です。

6. 自分でできる部分はDIYで

システムキッチン部分のリフォームはプロにお任せするのが安全です。

しかし、収納部分や壁付け部分などのリフォームはDIYでできる場合があります

ご自身で棚を取り付けたり引き出し収納を工夫するなど、DIYでどこまで使い勝手の良さを追求できるのかを試してみてはいかがでしょうか。

実物で実際の使用感などを確認

キッチンリフォームの費用のほとんどは、キッチン本体と工事費です。2つのうち、費用を抑えやすいのはキッチン本体だと言えます。

なるべく安価で良いものを見つけるには、複数品を実物で見比べて実際の使用感などを確認してみましょう。(執筆者:遠藤 舞衣)