楽天モバイルとドコモより、2,980円で20GB以上で通話もし放題というこれまでの料金体系を覆すプランが登場しました。

その名も Rakuten UN-LIMIT V(楽天)とahamo(ドコモ)です。

現在3大キャリアを使われている方も、格安SIMを使われている方もどちらかのプランに揺らいでいませんか。

今回の記事は楽天モバイルとドコモの新プランahamoの特徴と、実際に契約した筆者目線での選ぶべき理由をご紹介しています。

※本記事の金額は全て税抜価格です

ahamoの特徴

ahamoの特徴とキャンペーン
≪画像元:NTTdocomo

ahamo(アハモ)とは、2021年3月より開始されるドコモの新料金プランで、月額2,980円で20GBまでのデータ通信を可能とするプランです。(20GBを超えた後は最大1Mbps)

さらに5分以内の国内通話は無料という、これまでのドコモプランと比べると考えられないほど低価格に設定されています。

新規契約事務手数料やMNP転出手数料は無料、家族割などの割引サービスもない極めてシンプルなプランです。

既存のドコモユーザーにとってもかなりお得なプランで、4月から始まるギガホプレミアプランと比較すると、なんと半額以下です。

ギガホプレミアプラン:60GBで6,550円(割引特典無し)、5分通話無料オプションを付けるとプラス700円で合計7,250円です。

窓口でのサービスはないので注意

ahamoは「デジタルネイティブ世代」をターゲットにサポート体制を展開しているため、基本的には窓口でのサービスは受けられません

ネットリテラシーが高い人デジタルネイティブ世代なら、手続きをWEBで済ませることができるし対面での操作案内など不要なはず、という訳です。

申し込み手続きや契約変更もWEBのみなので、店頭での手厚いサポートを求めている人には不向きなプランなので注意が必要です。

現在先行エントリーを受付中で、ahamo開始前日までにエントリーをし実際に契約を完了させればdポイント(期間・用途限定)3,000ポイントが付与されるキャンペーンを実施中です。

参照:NTTdocomo

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルの特徴
≪画像元:楽天モバイル

楽天モバイルは携帯業界に風穴を開けた、パイオニアカンパニーとも言える風雲児的存在です。

独自回線を引っ提げて携帯料金の常識を打ち破るプランを展開しています。

料金プランはたったの1つで、楽天回線エリア内は日本全国データ使い放題で2,980円の「Rakuten UN-LIMIT V(ラクテンアンリミット)」のみです。

このプランには国内通話かけ放題も含まれていて、Rakuten Linkアプリを使って通話をすれば通話料はかかりません。

≪画像元:楽天モバイル

楽天モバイルで注目なのはその安さに加え、新規契約から1年間2,980円のプラン料金が無料のキャンペーンを実施中であることです。

キャンペーン期間は、登録者数300万人に達成するまで で1人1回線までの制限はありますが、かなりの太っ腹キャンペーンです。(2020年12月で170万人)

契約時に必要な手数料は0円、解約手数料も0円で手続きはWEBで行えるため「合わなかったらいつでも好きな時に解約していいですよ」というユーザー目線がうれしいです。

楽天モバイルは独自回線なので要確認

楽天モバイルは独自回線ということで、正直なところ楽天エリアはまだまだ広まっておらず実際に楽天回線を使えている人は少ないようです。

通信エリア
≪画像元:楽天モバイル

筆者も先月契約をし使っていますが、楽天発表によるとエリア内のはずが実際はパートナー回線と言われるau回線を拾っています

パートナー回線とは楽天エリア外の場所で接続される回線で、この回線につながった場合は5GB/月しか使うことができません。(超過後は最大1Mbprで使い放題)

SNSでの評判も「エリア内なのにパートナー回線につながった」という評判を見かけます。

お住まいの地域にもよりますが、エリアが全国に行き届くまでは「5GB/月 と国内通話が1年間無料で使用できるプラン」と認識しておいた方がよさそうです。

楽天のポケットWi-Fiにも注目

楽天Wi‐Fi

楽天モバイルでもう1つ注目なのが、ポケットWi-Fiの「Rakuten WiFi Pocket」です。

楽天モバイルで使用するSIMカードは、基本は楽天端末での動作を推奨しており、それ以外は動作確認が取れているandroid端末に対応しています

参照:楽天モバイル(回線対応製品)

iPhoneも動作確認が取れている機種はありますが(XR以降)、条件や使用できるサービスに制限があるため事前に確認が必要です。

楽天エリアが使えるのかも分からないまま楽天モバイルを契約するのはちょっと勇気が要ります。

そこでおススメなのが Rakuten WiFi Pocket です。

先ほどご紹介したRakuten UN-LIMIT Vプランをモバイルルーターとして使えるというもので、こちらも1年間無料キャンペーンの対象になっています。

さらに通常9,073円のルーター本体が1円で購入でき、簡単なアンケートに答えると1Pの楽天ポイントが付与されるので実質0円で手に入れることができます

同時接続は10台までなので、iPhoneと一緒に持ち歩いたり自宅でパソコンやタブレットにつなげたりと活躍してくれます。

楽天モバイルの公式HPでは既に入荷待ちとなっていますが、店頭でも販売しているのでお急ぎの場合はお近くのショップに在庫確認をしてみましょう。

Rakuten UN-LIMIT VはRakuten WiFi Pocketで

同じ月額2,980円勝負となったドコモのahamoと楽天のRakuten UN-LIMIT Vは、コスパだけを考えると圧倒的に楽天に軍配が上がります。(1年間無料キャンペーンもあります)

しかし、通信の安定性やエリアを考えると楽天はまだまだドコモには追い付いていない状況です。「楽天エリアはデータ使い放題」の恩恵に授かるのはまだ先の話になりそうですね。

よって、ahamoかRakuten UN-LIMIT Vかお悩みの方は

1. まずはRakuten WiFi Pocketを使ってみて、で生活圏内が楽天エリアかどうか確認する。(ホームページのエリアマップはあまりあてになりません

2. 楽天エリアでなかった場合も5GB/月で事足りるならそのまま使い、物足りなければahamoを契約

の手順で使ってみることをおススメいたします。

解約時にもお金はかかりません

楽天モバイルは1年間は0円で使用できるので、ahamoが気になっている人もまずは使用感を体験してみてください。(執筆者:松山 涼子)