楽天ポイント運用とは、楽天PointClubのサービスで、楽天ポイントを使って資産運用の疑似体験ができるサービスです。

投資金額の基準価格に追加、引き出しも自分のタイミングでできるものです。

「バランス型」「アクティブ型」というように一般的な投資信託のような値動きの仕方を選んで運用をします。

「バランス型」:日々の動きが小さく、安定的な運用を目指すコース(債権多め)

「アクティブ型」:日々の動きが大きく、積極的な運用を目指すコース(株式多め)

似たような名称で「楽天ポイント投資」というものもあります。

ポイント投資は楽天証券のサービスで楽天証券に口座を持って行う資産運用サービスです。

今回のポイント運用とは異なります。

楽天ポイント運用の始め方

≪画像元:Rakuten, Inc

・ 楽天PointClubアプリのダウンロード

・ アクティブ型、バランス型の2つのコースから1つを選択する

・ 購入する

・ 利益が出たら引き出す or 再投資する or 様子見する

楽天ポイント運用に向いている方

・ 投資に興味があるけれどリスクが不安

・ 証券口座を開設するのが面倒だしよくわからない

・ 買い物をしないで楽天ポイントを増やしたい

・ 楽天ポイントが余っている

・ 楽天ポイントを有効活用したい

・ 気軽に投資の体験をしてみたい

・ 手始めに楽天ポイント運用を体験してから本格的な投資にチャレンジしてみたい

と思っている方に楽天ポイント運用はピッタリだと思います。

注意点:リスクがある

投資なのではじめに投資したポイントより下がってしまうことはあります。

運用にあたってはリスクも頭にいれていただきたいです。

注意点:ポイント運用はSPUの対象外

ポイント運用はSPUの対象ではありません

SPU対象となるのは楽天証券のポイント投資です。

SPUとは、楽天内の様々なサービスを利用すると楽天市場内で買い物をする時に付与されるポイントが

・ 楽天市場アプリでのお買い物で0.5倍

・ 楽天カードでの支払いで+2倍

などになる仕組みです。

注意点:ポイントを引き出すタイミング

運用が上手くいって運用ポイントを引き出したとき、通常ポイントに反映されるタイミングは、

営業日14時までの引き出し受付で、翌営業日22:00以降

引き出し時のポイント数は翌営業日の基準価格をもとに確定します。

ですから、「すべてを引き出す」を選択した後に基準価格が下落した場合は、実際の引き出しポイント数が受付したときに表示されていたポイント数より少なくなってしまいます

一般的な投資の場合と同じで、基準価格が確定するまでははっきりとした数字はわかりません。

ほったらかしでも資産運用

ほったらかし投資って言葉があるでしょ

私は100%アクティブ運用で追加しています。

利益が出た分は楽天ポイントが使えるお店で活用するか、そのまま貯めています。

ほぼほったらかしで気が向いたらチェックし、楽天ポイントがたまってきたら1,000ポイントくらい追加しています。

なんとなく「投資って怖いな…」と思っている方もポイントなら大きな痛手もなく、少しでも増えたらうれしいです。

気軽に始められる運用の体験をし、資産運用に挑戦をしてください。(執筆者:柳田 遥)