本、音楽、クラウドサービスなどサブスクリプションサービスが全盛です。

今回ご紹介するのは「家具のサブスクリプション」です。

テレワークが始まって、急遽自宅をオフィス仕様にカスタマイズすることになった、そんな方におススメなのがデスクや椅子を月額でレンタルするという方法です。

・ サブスクリプションなので必要な期間だけ使用できる。

・ 不要になったら引き取ってくれるので処分費0円

初期費用を抑えてそろえられる

このようなメリットがあります。

また、家具だけでなく家電も取り扱っていることが多く一緒にレンタルもできます。

単身赴任や一時的なテレワークで家具が必要な人や、家具や家電を定期的にチェンジしたいという人は試してみる価値ありです。

家具のサブスクリプションサービスとは

サブスクリプションサービス(以下サブスク)とは、定額制の製品やサービス利用のことで、今注目のビジネスモデルと言われています。

AmazonプライムやNetflixなど、「月額〇〇円」で書籍や映画などのコンテンツを利用でき、不要になったら解約するというサービスはここ最近定着しています。

家具のサブスクは、モノを持たずに「使用する」というスタイルで、初代バチュラーの久保裕丈さんが社長を務める「CLAS」が有名です。

家具のサブスク
≪画像元:CLAS

買った方が安いのでは

最も気になるのが、購入した時との比較です。

買った方が安い場合

・ 購入費用が安価な家具の場合

・ 長くレンタルする場合

家具は値段がピンキリです。

オフィスチェア1つとっても3,000円~10万円以上と幅広いのでどのクラスを購入するかによりますが、1万円クラスなら購入してしまった方が安いです。

サブスク家具を利用するメリットは、購入するにはちょっと勇気がるような価格をお試しできるところにあります。

CLASの椅子カテゴリーの中でも注目されている「Ergohuman Enjoy オフィスチェア」を例に挙げて説明します。

高級感と人間工学、医学的視点の技術で人気の椅子で、Amazonで購入すると7万567円です。

オフィスチェア
≪画像元:Amazon

レンタル料を試算

毎月の支払金額を試算

毎月の支払金額は4,400円です。

16か月使用すると4,400 × 16=7万400円で、これ以上レンタルし続けると購入金額を上回ってしまいます

CLASはレンタルした商品を購入するシステムはありません

(1) レンタル続行
(2) 返却
(3) 交換

の3択をするわけですが、おススメは(3)の交換です。

(1) レンタル続行は、購入金額を超えてしまうのであまりメリットはありません。

(2) の返却も、返してしまえば処分費用や置く場所を取らないというメリットはありますが、可もなく不可もなくといったところでしょう。

レンタル期間が短いと返却手数料がかかるので、この点も考慮に入れておきましょう。

≪画像元:CLAS

 

(3) の交換は、別のアイテムに交換できるというシステムで、最低利用開始の3か月を過ぎればいつでも無料で交換できるのです。

取扱商品は椅子やテーブルの他、ソファ、ベット、さらに家電のラインアップがあるのでお好きな商品を選べば、新たなアイテムを使い始めることができます。

BALMUDAのトースターやDysonのファンヒーターなど人気の家電をお試し感覚でレンタルし、3か月以上たったらまた別の商品へ交換、という使い方も可能です。

返却手数料がかかる
≪画像元:CLAS

気に入ったら買い取りたいという場合は?

同じく家具のサブスクサービスを提供しているsubsclifeは、始めに3か月以上からレンタル期間を選択し、その期間が過ぎれば買い取ることもできます。

ヴィンテージ風の家具で人気のjournal standard Furniture(ジャーナルスタンダード ファニチャー)のCHINON DINING TABLEでご説明します。

ジャーナルスタンダード ファニチャー
≪画像元:subsclife

正規販売価格は6万9,300円です。

こちらをsubsclifeで使用すると以下のような価格になります

例)24か月使用した場合

月額2,810 × 24=6万7,440円

購入する場合は、販売価格から支払い済のレンタル料金の差額 6万9,300円ー6万7,440円=1,860円 を支払えばOKです。

上記で分かるように、販売価格を超えることもなく、割引されるわけでもありません。

subsclifeを利用するなら、「普段買うことができないオシャレな高級家具を、分割で買える」と考えると良いでしょう。

サブスク家具は、短期レンタルで

サブスク家具は、「持たずに借りる」ことで短期間に気軽に家具をチェンジできるサービスと捉えるとメリットがあります。

(1) 使ってみたい家具を短期で使う

(2) 3か月以上経ったら別の商品と交換

(3) 最終的には返却。処分費0円

家具を一括でそろえるには結構な初期費用がかかりますが、サブスクならコストを抑えられ処分費用もかかりません。

一時的にテレワークになってしまったという方は、まずはサブスク家具で試してみて、さらに継続なら購入も検討してください。(執筆者:松山 涼子)