筆者は、自宅から自転車で5分のところにドン・キホーテがあるので、食料品や日用品の買い出しに定期的に通っています。

ドン・キホーテは品揃えが幅広くて豊富なうえに激安商品も多いので、お店に行くと予定外のものでも「ついで買い」や「ムダ買い」をしてしまいます。

そこで今回は、ドン・キホーテで「ついで買い」「ムダ買い」を防ぐ買い物の5つのコツを紹介します。

ドン・キホーテで「ついで買い」「ムダ買い」を防ぐ買い物の「5つのコツ」

コツ1. カラフルなPOPに要注意!価格を見てから購入する

ドンキの象徴と言えば、ド派手なPOPです。

POPを専門に書く「POPライター」がいて、店内のいたるところに手書きのカラフルなPOPが飾り付けられています。

見た目のインパクトがあるだけでなく、見るだけで購買意欲を掻き立てられます。

このPOPこそがドンキで「ついで買い」や「ムダ買い」をしてしまう原因の1つなのです。

ところが、POPをよく見てみると価格が定価と変わらない商品もよくあるのです。

ドンキでは「見た目の派手さ=安い」とは限りません。

派手なPOPの商品でも、冷静に価格をチェックして本当に安いかどうかを考えてからカゴに入れましょう

コツ2.「特売」「特価」などの誘惑ワードに惑わされない

ドンキのPOPには「特売」や「特価」「限定価格」など、安いと思わされてしまう誘惑ワードが散りばめられています。

POPの派手さと同様に誘惑ワードが書かれているからと言って、絶対に安いとは言い切れません。

定価の商品でも「特価」と書いてある場合もあるので注意してください。

コツ3. 激安ワケあり商品は「安い理由」を必ず見る

ドンキに行くと、大量に陳列された「ワケあり商品」をよく見かけます。こういった商品はスーパーよりも価格が安くてお得な場合が多いと言えます。

しかし、安いからと言って即購入するのはNGです。こういったワケあり商品には「なぜワケありなのか」という安い理由が書かれています

大量一括仕入れで低価格を実現している商品であっても、よくみると人気のない味ということも多いのです。

激安ワケあり品を購入する際には「安い理由」を必ずチェックして、納得したうえでカゴに入れましょう

コツ4. 駐車場、店先、レジ横の陳列に手を伸ばさない

店内に入るまでに陳列されている商品をできるだけスルー

ドンキには、敷地内すべてが売り場として使われている店舗が多いようです。店内だけではなく、駐車場、店先、レジ横まで商品が陳列されています。

こういった場所にある商品は、買うつもりがなくても必ず目に入ってしまうので「ついで買い」をしないよう注意が必要です。

筆者は、ドンキに着いたら店内に入るまでに陳列されている商品をできるだけスルーして、「ついで買い」をしないよう気を引きしめています。

コツ5. 用事のないコーナーに立ち寄らない

大型ディスカウントストアであるドンキでは、食料品から日用品、おもちゃ、化粧品など幅広い商品を取り扱っています。

他店では見かけないような珍しい商品も多いと言えます。そのため、店内を歩くと、ウィンドウショッピングのつもりでも「ムダ買い」してしまう可能性があるのです。

そこで筆者は、用のないコーナーには行かないようにしています。

食料品だけを買う予定であれば食料品コーナーだけに絞り、お菓子コーナーさえもスルーします。

店内を見れば見るほど誘惑があるので、買う予定のない商品のコーナーは行かないことが1番の「ムダ買い」対策となっています。

ドンキの誘惑に負けずにお得に買い物

魅力的な商品と購買意欲をかきたてられるPOPがいたるところにあるドン・キホーテでは、つい予定外のものを購入してしまいます。

お得なものもたくさんあるのですが、「ムダ買い」をしてしまっては節約にはならず逆効果です。

ドンキの誘惑に負けずに「ムダ買い」を防いで、お得に買い物を楽しみましょう。(執筆者:全方位型節約主婦 三木 千奈)