先日メルカリに2年間履いたユニクロのズボンを出品したところ、わずか3分で売れて驚きました。

傷みは少なかったものの、定価3,900円で買い2年履き古したズボンにまだ1,000円以上の価値があったのです。

今回は「メルカリで人気のあるユニクロ商品」について、その実像にせまりたいと思います。

ユニクロのヒートテックウォームイージーパンツ

2年履き古したのに出品後3分で売り切れたのは、ユニクロのヒートテックウォームイージーパンツです。

ヒートテックウォームイージーパンツ
≪画像元:ユニクロ

外側はややツルツルとした風を通しにくい生地で、内側はヒートテックのフリース素材が使われており、タイツやレギンスを重ね履きしなくてもこれ1本で十分温かい高機能商品です。

いつの間にか完売

ヒートテックウォームイージーパンツは今年も販売されており、とても良い商品だったので「セール価格になったら今年は買いかえよう」と思っていたのですが、ついに値下げをされることなく店頭からなくなってしまいました。

ユニクロでは目玉商品を大量生産してセール時に値下げして販売するケースも多いです。

こちらの商品は人気があるにも関わらず増産しなかったのでしょうか、いつの間にか入手できなくなりました

そして販売の市場はメルカリに移ったと思われます。

毎年少しずつモデルチェンジ

ユニクロの商品は同じ商品でも毎年少しずつモデルチェンジをしています

ヒートテックウォームイージーパンツのデザイン変遷

2018年:ストレートデザイン

2019年:テーパードタイプ(膝下から足首にかけて細くなる)

2020年:再びストレートデザイン

筆者が出品した際にも「裾にファスナーはありますか」という質問がありました。

その購入者は「2017年のテーパードタイプではないものが欲しい」というニーズを持っていたようでした。

2年前のモデルが欲しいと思ってもユニクロの店舗ではまず手に入りません

こうしたニーズを持っている人がメルカリで目当ての商品が出品されるのを待っているようです。

メルカリでの取引1位ブランドはユニクロ

メルカリで最も取引されているブランド第1位はユニクロです。

出品、購入ともに1位です。

サイズ感や着心地についてよく商品を理解した上で取引ができるので、出品者・購入者ともにハードルが低いことが理由として挙げられます。

取引ブランドランキング
≪画像元:CNET Japan

キーワードは「値下げせずに消えたもの」

ユニクロが番人に人気だからと言って全ての商品が高く売れるわけではなく、需要より供給量の多いものはさほど売れません

メルカリで売れるユニクロ商品のキーワードは「値下げせずに店頭から消えたもの」です。

ユニクロの値下げパターン

値下げにも2つのパターンがあることを頭に置いておく必要があります。

(1) サイズや色が豊富なまま値下げ販売

例:ヒートテックインナー、エクストラファインメリノセーター

クルーネック
≪画像元:ユニクロ

(2) サイズや色に偏りがありセール品コーナーに置かれている

(1)のセールを経験した商品の場合、圧倒的な供給量がある証拠ですので、中古市場にも商品があふれあまり良い値はつきません。

同じ値下げをした商品でも、(2) のような事情でセールが行われた場合には、中古市場でも価値は下がっていない傾向にあります。

(2) の事情でよくセールが行われるカテゴリーでは、靴が挙げられます。

靴は在庫の保管に場所を取る上、サイズ展開も最低でもSMLの3サイズを取りそろえる必要があるため、大量生産による供給過多にはなりにくいです。

ユニクロの靴は高い機能性やデザインの良さに反して価格が低いため、根強い人気があります

ユニクロで数年前から販売されている「サイドゴアショートブーツ」は、メルカリでも2,000円以上で取引されているのをよく見かけます。

サイドゴアショートブーツ
≪メルカリより≫

たんすのユニクロ商品がお金になるかも

記事内で紹介した「値下げをせず消えた商品」は、よほどのマニアでユニクロを定点観測している人にしかピンとこないかもしれません。

メルカリで商品名検索してみるとユニクロヘビーユーザーでなくても商品の価値はだいたいわかると思います。

読者の方のたんすに眠っているユニクロ商品が、メルカリに出品すると意外な収入に変わるかもしれません。(執筆者:元地方テレビ局記者の主婦ライター 石田 彩子)