毎月積み立てると半年や1年ごとにボーナスをもらえるのが「百貨店友の会の積立」です。

普段はデパートを使わない人でも、今後は新たな節約として活用できるかもしれません。その理由を解説します。

「東武百貨店友の会」積立てボーナスの増加

毎月一定額を積み立てると、1年後に1か月分のボーナスをもらえるのが「百貨店友の会の積立」です。

東武百貨店では、1年積立のボーナスが5,000円だったのですが、2020年3月から2倍に上がりました

クレソンサークルの積立が2倍に
≪画像元:Tobu Tomonokai

積立期間は、6か月と12か月の2パターンです。12か月コースは3,000円から月5万円まで金額の幅が大きいのが特徴です。

12か月積立(6コース)

12か月積立(6コース)

3,000円コースのみ、ボーナス金額が2,000円とひと月分より少なくなっています

6か月積立(2コース)

6か月積立(2コース)

毎月6,000円で6か月のコースなら、期間が短いので挑戦しやすそうですね。

しかも、2,000円もボーナスが貰えます。年末の贈答品や食材を買う予定がある方にとっては、良いのではないでしょうか。

積み立て方法と満期

・ 毎月、店頭に出向いて入金する

・ 金融機関からの引き落とし(口座振替)

の2つの方法があります。

満期になったら、「積み立てた分 + ボーナス分」を「会員証・お買物カード」にチャージして受け取ります

口座振替の注意点

東武池袋店の場合には、口座振替できる積立コースは5,000円以上です。

また、口座振替には「会員証・お買物カード」1枚につき500円(税込み)の年事務手数料が必要です(2020年9月より)。

同じ東武デパートであっても店舗によって積立の扱いが異なりますので、店舗ごとに確認してから入会しましょう。

友の会会員証
≪画像元:Tobu Tomonokai

使い道:ニトリとユニクロ進出で使い道が増えた

デパートと言えば高級なブランド品を扱うショップが多いというイメージですよね。しかし、2011年にユニクロ、2017年にはニトリが出店し話題になりました。

東武百貨店に入ったことで、ユニクロとニトリの支払いにデパート積立を使えるようになりました(東武百貨店店舗のみ)。

ポイントアップ等のイベント時には使えないことがありますので、使う際には店舗にご確認ください。

次に、どのような使い方ができるかの例を挙げてみました。

生活用品をまとめてニトリで買う

春休みにニトリに行くとカートに商品を山積みしている方をよく見かけます。春から社会人、また1人暮らしの大学生、という方がニトリに生活必需品を買いにくるようです。

布団やカーテン、バス・トイレ用品など全ての生活必需品を揃えるので金額も大きくなります。

このように、すでに決まった出費がある場合には、1年もしくは半年前から積み立てておくと、現金で買うよりお得です。

子どもの家具をニトリで購入する

筆者は子どもの寝具を定期的にニトリで買い替えていますので、それに向けて積立を始めようと考えています。

他にも学習机やベッドなど、子どもの家具をニトリで買う方にはお得です。

ユニクロはクローゼットと相談してから

自分のクローゼットにユニクロ商品はどのくらいありますか。買い替えが必要な靴下やインナーに、結構な予算を割いてないでしょうか。

「節約を意識して無駄な衣類を買わない」と決めても毎年買い替えるものがありますよね。

これらをユニクロで買っているのであれば、積立の出番があるかもしれません。

ニトリとユニクロ以外の使い道

ニトリとユニクロ以外の使い道

2021年2月時点では何の発表もありませんが、デパートに出店しているお店は入れ替わる可能性があります。

「百貨店友の会の積立」は解約もできますが、あらかじめ規約を確認しておきましょう。

せっかくのお得な積立をうまく活用できるように、ニトリとユニクロ以外の使い道についても紹介します。

1. レストラン

デパートのレストランは子ども連れOKのお店がほとんどなので、「たまにはちゃんとしたレストランで食事したい」という子育て中のご家族の食事利用におすすめです。

2. お中元・お歳暮・ギフト用品

お中元・お歳暮・ギフト用の品物はネットショップでも買えるようにはなりましたが、急いでいる時や実物を見て確かめてから買いたいという時にはデパートで購入するのが手っ取り早いかも知れません。

3. 子どものライフイベント

ランドセルをデパートで買って、祖父母と食事して、という子どものライフイベントにデパートの出番があります。

4. 店によっての価格が変わらないもの

ブランド品や化粧品など、ネットでも実店舗でも価格の変わらない商品を定期的に買うのであれば、積立を利用するとお得ですね。

「百貨店友の会の積立」の注意点

「百貨店友の会の積立」は「現金なら手数料無料」ということからも分かるように、毎月店舗に足を運んでもらうことも目的としています。

通勤などで池袋駅を利用しているなどといった日常的に通える場所であることが大事なポイントです。

めったに行かないようでしたら、往復の交通費を払うだけのメリットがあるかを計算しておくとよいことでしょう。

近隣のデパートの積立を調べてみる

どのようなお店でも頻繁に通うことでお得な情報に気付けるようになります。

今回は、東武百貨店池袋支店の「百貨店友の会の積立」について説明しましたが、他のデパートにも同じような積立があります。

お近くのデパートの「百貨店友の会の積立」を調べてみると思った以上のお得に出会えるかもしれません。(執筆者:田中 よしえ)