チャージして使うプリペイド式電子マネー界でシェアを競うのが、老舗の楽天Edyと、交通系の王者Suicaです。

どちらも便利で、Androidユーザーなら両方使っていいアイテムなのですが、この記事では還元率の点でSuicaに軍配を上げます。

日常のお買い物でも、Suicaを推奨します。

Suicaが優れている点

楽天Edyにない、Suicaのメリットです。

・ 全国の電車・バスに乗れる

・ JR東日本利用でポイントが付く

・ iPhoneでもAndroidでも使える(楽天EdyはiPhone実質不可)

端末やカードを失くしても残高が消滅しない

・ 楽天Edyの使えない、ドトールコーヒー(沖縄以外)、イオン、オーケーストア、松屋などで使える

・ 駅ナカ・駅ビルで利用可

チャージする際、多くのクレジットカードでポイントが付く

楽天Edyが優れている点

楽天EdyがSuicaに勝る点もあります。

・ 決済時にポイントがつく(基本0.5%)

・ タリーズコーヒー、上島珈琲、日高屋など、Suica利用不可店舗もあるチェーン店で使える

・ モバイルの場合オートチャージを設定すると、残高が少ないときに自動でチャージが行われる

・ 沖縄ではシェアが非常に高い

「決済時にポイントが貯まる」メリットにより、次のクレジットカードとの組み合わせでは、Suicaを上回る還元率となります。

・ リクルートカード(VISA、Mastercardブランド)

・ エポスカード(スタンダード)

・ ジャックスカード(一部券種を除く)

・ NTTグループカード

・ エディオンカード

リクルートカードは月間3万円まではチャージでポイントが付く(1.2%)ため、楽天Edyを、決済と併せて1.7%の高還元率で使えます

オートチャージは楽天Edyが便利

モバイル楽天Edyのオートチャージは、残高の足りないときではなく、使っていないときに実施されます

これはSucaにない、ストレスフリーな機能です。

いっぽう、ビューカード以外との組み合わせでオートチャージできないのは、Suicaのデメリットです。

オートチャージできたとしても、改札を通る際にしか機能しません

お買い物時には、常に残高に気を付ける必要があります

とはいえモバイルSuicaにおける随時のチャージは、決して面倒なものではありません。

アプリを問わず、2~3タッチ程度です。

Suicaチャージでポイント対象になるカードは多い

電子マネーにチャージする際、ポイントを付与してくれるクレジットカード自体が徐々に減少しています。

それでもSuicaに関しては、まだまだポイント付与してくれるカードが多いのです。

基本、買い物でポイントの貯まらないSuicaとはいえ、トータルで楽天Edyに勝つケースが多くなっています。

以下は、「モバイルSuicaへのチャージ時にポイントが貯まり、楽天Edyへのチャージでは貯まらない」カードの代表です。

カッコ内はSuicaチャージ時の還元率です。

・ビューカード(1.5%)

・ヤフーカード(1.0%)

・Orico Card THE POINT(1.0%)

・セゾンカード(0.5%)

・ライフカード(0.5%)

・セディナカード(0.5%)

・イオンカード(0.25%)

ビューカードはJR東日本系なので、Suicaとの相性は最強です。

還元率も、一般のクレジットカードを上回ります。

ただ、ビューカード以上にSuicaを高率で使えるカードがあります。

エポスゴールドカードとSuicaの組み合わせが最強

「エポスカード」は、Suicaにも楽天Edyにも、チャージでポイントが貯まるカードです。

チャージ時還元率は0.5%で同じなので、利用時ポイントの貯まる楽天Edyがいいはずです。

ですがエポスカードも「ゴールド」以上なら、Suicaを有利に使えます

エポスゴールドカード、プラチナカードの「選べるポイントアップショップ」に「モバイルスイカ」を登録することで、常時ポイント3倍となるためです。

つまり、チャージ時のポイント還元率1.5%となり、楽天Edy(決済分を含め1.0%)と差が付きます。

さらに、カード利用の仕方によってはビューカードをもしのぎます。

カードを年間50万円使うと2,500円、年間100万円使うと1万円のボーナスポイントがもらえるためです。

これを還元率に引き直すと、Suicaチャージは最大、2.5%まで上昇します。

年会費永年無料で使えるカードでもあり、活用し甲斐があります。(執筆者:沼島 まさし)