メルカリは招待コードを使って知り合いを招待すると、紹介者と紹介された方ともにメルカリポイントが500P付与されます。

キャンペーン中の場合には、倍の1,000Pもらえることもあります。

しかし、周りの友人や家族だけでは「すでにメルカリを始めている人がばかりで、紹介特典は少ししかもらえない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、知り合いの枠を超えて効率よくメルカリの招待ポイントを獲得する方法を紹介します。

メルカリポイントをザクザクと稼いで、メルカリでお得に買い物をしてください。

メルカリのお友達紹介でもらえるメルカリポイントは500~1,000P

友達招待プログラム
≪画像元:Mercari

メルカリでは、自分の招待コードを使って知り合いを招待すると、紹介人数1人につきメルカリポイントが500P付与されます。

キャンペーン中の場合には、通常500Pのところが倍の「1,000P」もらえることもあります

メルカリポイントは1P = 1円の価値がありますから、招待するだけで500~1,000円分の買い物をできるというわけです。

招待によってもらえるポイントは、紹介者だけではなく紹介された人ももらえます。自分だけが得をするわけではないので、知り合いに声をかけやすいというのがメリットです。

知り合いの枠を超えてメルカリの招待ポイントを効率よく獲得する方法

しかし、中には、知り合いのほとんどがすでにメルカリを始めていて、招待ポイントを獲得できないという方もいらっしゃるはずです。

あるいは、すでに招待できる知り合いには声をかけてしまったので、「これ以上のメルカリポイントはもらえない」と思っている方もいるのではないでしょうか。

そのような方にぜひ試していただきたいのが、知り合いに声をかける以外にメルカリの招待ポイントを効率よく獲得する方法です。

1. SNSで拡散する

メルカリの招待コードは、SNSで拡散することを許可されています。

そのため、TwitterやInstagram、Facebookなどで定期的に招待コードを拡散すると、知り合い以外の方に招待コードを使って会員登録してもらえる可能性が上がるのでおすすめです。

1回投稿するだけではしばらく時間がたつとほかの投稿に埋もれてしまうため、1~2週間に一度などマメに投稿してください。

ただし、頻繁に投稿しすぎると「アナウンスばっかり」「興味ないからうっとうしい」と思ってしまうフォロワーが出てくるかもしれないので、しつこくならない程度に投稿することを心がけるのがポイントです。

2. ブログで拡散する

時間に余裕があれば、SNSでの拡散と同時にブログでも拡散するとより確率が上がります。

たとえば、noteにメルカリの招待コードを載せると、noteを読んでいる方に招待コードを知らせられます。さらに、そのnoteをSNSで拡散すれば各SNSのフォロワーにも招待コードを見てもらえるというわけです。

ブログのよいところは招待コードをただ載せるのではなく、メルカリの魅力についても説明できるという点です。まだメルカリをやったことのない方でも、魅力が分かれば「やってみよう!」と思えるのではないでしょうか。

SNSにも書けないことはありませんが、

・ Twitterには投稿できる文字数が少ない

・ 写真がメインのInstagramでは文章まで読んでもらえない可能性がある

と言えます。

SNSで「招待コード + 一言」を投稿して、ブログで「招待コード + メルカリの魅力」を投稿すれば、SNSとブログのいいとこ取りができるので、効率よく招待ポイントを稼げるはずです。

SNSとブログのいいとこ取り

3. LINEのタイムラインなども活用する

「LINEは知っているけど、直接は招待しにくい」という知り合いが多数いるのであれば、LINEのタイムラインも活用してください。タイムラインなら直接声をかけることなく、LINEの友達に招待コードを教えられます

仮に、招待コードを載せたあなたの投稿を誰かがシェアしてくれれば、シェアしてくれた方のタイムラインに招待コードを載せた投稿が流れるので、招待ポイントを獲得できるチャンスがアップします。

普段はほとんどタイムラインを利用しないという方も、この機会に利用してみてください。

利用できるものを最大限に活かして招待ポイントをたくさん獲得

メルカリの招待ポイントは紹介1人につき500~1,000P付与と魅力的ですが、知り合いや家族だけにフォーカスしていると限界があります。

知り合いの枠を超えて招待ポイントを獲得するには、SNSやブログ、LINEのタイムラインで拡散するのがおすすめです。

積極的に招待ポイントを獲得するには、「利用できるものは全て利用する」という心がけが大切です。

今回紹介した方法以外でも使えそうなものがあれば、それらを利用して招待ポイントをザクザクと集めてください。(執筆者:メルカリ取引500回以上 石神 里恵)