「DIYに挑戦したいけど失敗したくない」

「とにかく簡単に作りたい」

と考えている方におすすめなのが、釘を使わないDIYです。

今回は、釘を使わずに接着剤で作成できる「ブックシェルフ」を紹介していきます。

1. 完成イメージ

ブックシェルフ

壁に立てかけて使用するタイプのブックシェルフを作ります。

似たデザインのものを購入すると、1,500円以上するのが相場なので、DIYする方が安く手に入れることができます。

カフェや美容室など、おしゃれな空間に置かれていることが多いデザインです。

スノコを分解して組み立てるだけで、誰でも簡単に作れるのでぜひ挑戦してみてください。

作るときの注意点

耐久性はそれほど高くありません

重いものを置かないようにして、あくまでディスプレイとして使用してください。

接着剤を使用する時は、焦らずじっくりと時間を置くようにしましょう。

今回使った材料

使った材料

【家にあったもの】

・ スノコ

・ 新聞紙

・ 食品トレー(ペンキ入れ)

DAISOで購入したもの(材料費550円)

・ 角棒

・ ノコギリ

・ 接着剤

・ ペンキ

・ ハケ

家で余っていたスノコを使用することで、値段を安く抑えることができています。

スノコは100円ショップでも販売されているので、購入した場合もそれほど値段は変わりません。

作り方

作り方を解説します。

(1) スノコから木材を切り出す

木材を切り出す

(A) 長い板 → 2本

(B) 短い板 → 3本 の合計5本を切り出します。

(A) も(B) もなるべく長さが均等になるように頑張りましょう。

とくに長さの指定はないので、スノコのサイズや種類に合わせてください。

とにかく、長め2本と短め3本があれば大丈夫です。

100均のノコギリ

スノコは柔らかめの素材で作られていることが多いので、女性の力でも比較的簡単に切断できます。

私は100均のノコギリを使用しました。

(2) 角材をカットする

角材をカットする

(B) と同じ長さで角棒をカットしていきます。

同じ長さの角棒を4本作ってください。

私はDAISOの工作材料(S-6)角棒を使用しました。

2本セットで100円の商品です。

(3) 色を塗る

色を塗ります

床が汚れないように新聞紙を敷きましょう。

もちろん色を塗らなくても作ることはできますが、自分好みにカラーをつけると満足度が高まります

ペンキとハケは100均でも購入可能です。

乾くとポロポロ落ちてくるので注意

私は色味がかわいいと思ってDAISOの漆喰(陶器っぽい質感を出せるペイント材)を使いましたが、乾くとポロポロ落ちてきました

木材にはあまり向かないようです。

普通カラーのペンキの方が塗りやすいと思います。

(4) 接着剤で(A) と(B) をくっつける

接着剤でくっつける

接着剤で(A) と(B) をくっつけていきます。

ポイントは「動かさない」「焦らない」ことです。

重いものや壁などで両脇から挟み込み、乾かしている間にズレない工夫をしましょう。

木工用ボンド

100均の接着剤で十分くっつきました。

私が使用したのはDAISOの木工用ボンドです。

(5) 角棒をくっつける

角棒をつける

(A)と(B)がくっついてから角棒をくっつけていきます。

この角棒は、飾った本が落下しないように支える部分なので、手前側と奥側につけていきます。

高さは、飾りたい本に合わせて決めてください。

(6) 接着剤で隙間を埋める

隙間を埋める

木材が欠けたりして隙間ができてしまった部分があると思います。

その隙間に、流し込むように接着剤を塗りこんでじっくり乾かしていきます。

接着剤は乾くと透明になるので(※白くなるものもあります)そんなに見栄えは気にしなく大丈夫です。

(7) 完成

完成しました

本10冊を飾っても大丈夫でした。

材料費は550円

作業時間はだいたい2時間程度(ペンキや接着剤を乾かす時間は除く)でした。

不器用な私でも、無事に形を作ることができてよかったです。

今回は、余っているすのこと材料費550円で仕上がりました。

使っていないものをDIYで活用できるものにすれば節約につながるので挑戦してください。(執筆者:高山 香菜)