先週は前週の切下がりの流れの雰囲気が本物かさらなる下押しとなるかの見極めの週でした。

切り下げの上値抵抗線まで上昇し上抜けてBOXないし上昇に戻るかの見極めポイントまで来て、気持ち上抜けしての週末入りとなりました。

このまま2月16日の高値を意識するところまで上げていくのか、金曜日の戻り近辺が戻り高値となるのか、戻り高値となるようであれば次の押しでさらなる深押しも想定されますが、現状の戻りの勢いだとBOXか再度上昇に戻るかという可能性が高そうです。

先週の「底練り」的な動きに終止符を打ち上値追い示唆となるも切下がりのトレンドライン近辺で大引けとなることで明確に上放れとは言い切れない状況で週末入りとなり、切上がりのラインと切下がりのラインで作られる均衡型の三角保ち合い形成とも見受ける状況となっています。

したがって週明けの動きが非常に大事となりますが、土曜日に引けた米国の動きではダウは反発で高値更新となるもCMEなどの様子を見ると今週の日経平均は値動き薄く始まる公算です。

為替だけが反応しているようにも

BOX入りとなるか上昇トレンド再来となるか

ただ、ファンダメンタル的に長期金利の上昇はマーケット的には反応薄で為替だけが反応しているように見受けます。

全体的には好材料の米国財政出動と悪材料の金利上昇が金利上昇の落ち着きで好材料に傾くというニュースが多く見られましたが、今週も継続するか少々暗雲があるとも見受けます。

さらには、権利取りの買いがあるかなという事と金利上昇による為替の円安で直接的な株価への影響はまちまちですが、3月末の本決算へどの時期から相場に動きを出していくか注目です。

現状分析

5日線

現状分析

下向きから始まるも上放れで上向きと変えて週末入りとなりました。

位置としては週中に上に飛び出し週末は上に乖離という格好で週末となったことで上げ期待の位置取りと考えます。

25日線

上向きの角度を強くする格好となりトレンド維持の上向きのまま一週間が経過しました。

位置としては週末に大陽線で上に飛び出す形で位置を下から上と変化させこのまま高値更新となれば今回の25日線を下回った調整はグランビルの「買いの2」となりますがどうなるでしょうか。

75日線

変わらず上向きで位置も上を維持しています。

週末の足型

もみ合いから上放れ大陽線で「兆し陽線」と見受けられ2月16日からの調整に終止符を付けた陽線となるか注目です。

トレンドライン

目先2月16日18日22日の高値を結ぶ切下がりのラインを明確に上抜けるか注目で、下は3月5日と9日の安値を結んだ切上がりのラインで三角保ち合い形成と考えられます。

さらに上としては目先2月25日から26日の窓と3月2日の高値の横軸が上値抵抗緯線と意識され値ごろとしては3万円という切のいい数字と重なってきます。

この上抜けはとても大事になると考えられここを上抜けると2段階の切り上げで調整を終焉と言える理由が増えると考えます。

テクニカル指標

一目均衡表

テクニカル指標

基準線・転換線を奪還して上に飛び出し強い状態に戻しました。

ボリンジャーバンド

バンドの向きが横向きから収束となり週末に+1σが向きを上と変えたことで再拡大に向かうのか、波打ちに入るのか今後の方向性は現段階では決めかねる状況です。

スローストキャスト

2本のラインが緩やかに上げて来ており50%を突破したことでさらなる底割れは、一旦消えたと考えます。

セオリー的にはBOX示唆という動きですが、このBOX上限へ向かう動きがそのまま上放れなども可能性としてはあると考え備える必要はありそうです。

総合判断

総合判断

前週までの調整の雰囲気は一旦払拭となりBOX入りか上昇に再度戻るかの見極めとなります。

非常に判断が難しい局面ですが、トレンドの切替わりとはこんなものです。

日足では、調整からBOXなのか上昇に戻すのかと考えますが、週足で見ると押し目の範疇で止まっており13週線とボリンジャーの+1σで止まっていることを考えると、上昇継続となることが可能性としては高めと見つつ、週明けいきなりだれることがあればBOXの可能性が濃厚となります。

このままコロナが簡単に収まるとは思えないものの、経済的にはコロナによるお金のばらまきが続く限り下落にはなりづらい「ねじれ」が起こっており難しい状況ですが、チャート重視トレンドを見極め目途を建てるに尽きると考えます。(執筆者:城 晶子)