新たな副業に挑戦するよりも、自分の悩んだ体験を副業へとつなげる方法があります。

そうは言っても、どのような方法で悩みを副業につなげるのかが分かりづらいですよね。

「自分の悩みからどうやって副業へつなげるの?」

「実際のところ副業としてどれのくらい稼げるの?」

悩みをもとにした副業に興味を持った方は、上記のような疑問を持たれるかもしれません。

そこでこの記事では、「悩みをうまく活用した副業と実際の収入例」についてまとめました。ぜひ、参考にしてください。

自分の悩んだ体験を「副業」にして稼ぐ

悩みを活かして副業につなげる方法

悩みを活かした副業は、おおまかに分けると次の2種類です。

(1) 自分の経験した悩みの解決方法や体験を副業につなげる

(2) 自分の悩みを解決するサービスや商品を作ってしまう

どちらも間口が広く、どのような方法を使うかで稼ぎやすさが変わります。

しかし、自分の悩みがもとになっているため、下手にスキルを磨くよりも需要が高いと言えます。

(1) 自分の経験した悩み体験を副業につなげる方法

自分が経験した悩みは、多くの方が共有しやすい問題でもあります。特に、身近な悩みであればあるほど共感を大いに得られることでしょう。

悩みを活かした経験を副業につなげる具体的な手段は、

・ 自分の悩みを解決した方法を発信

・ 体験談として記事を執筆

・ 同じような悩みを持つ人の手助け

です。

手段1. 自分の悩みを解決した方法を発信

自分の悩みを発信する方法は、自分のブログやYouTubeを利用して、悩みとそれとの向き合い方・解決方法を配信します。

3年ほど前に筆者は、ブラック企業勤めで副業に取り組んだブログを運営していました。その際には、クリック型の広告収入で月収5万円ほどを得られました。

現在ではブログ単体よりもYouTubeやブログ、SNSを絡めた方法で集客したほうがより稼ぎやすいと言えます。書籍を出版した方もいらっしゃいます。

手段2. 体験談として記事を執筆

また、体験談として記事の執筆をする場合には、クラウドソーシングサイトで記事として納品する手段が早いと言えます。

現在でも誰かの体験というのは一定の価値があり、文章力よりも体験そのものやどう感じたかに重きを置かれたりするのです。

筆者は当時、副業でせどりに挑戦した際の体験談を納品して、月収3万円ほどを頂いていました。

手段3. 同じような悩みを持つ人の手助け

同じような悩みを持つ人の手助けには、スキルシェアサービスの利用が挙げられます。

自分の得意を誰かに提供できるので、今とても話題で注目を集めているサービスです。

スキルシェアサービスについては、はじめ方や収入例をまとめた過去の記事がありますので、こちらも参考にしてください。

ストアカ
≪画像元:StreetAcademy

(2) 自分の悩みを解決するサービスや商品を作ってしまう方法

自分の悩みを解決するサービスを作ってしまうというのは、少し難易度が高いかもしれません。

大々的な起業とまではいかないものの、自分で小規模なウェブサービスやアプリ開発・自作品の個人売買をする事例が多いと言えます。

・ 先延ばしをしてしまう自分がいやで、継続に特化したアプリ・ウェブサービスを作った

・ 自分がほしい商品を自分で作り、個人売買で販売する

などです。

たとえば、筆者にインコを飼っている知人がいましたが、アクリル製の防音ケージがなかなか売っていないので自分で作ってしまったのです。

もともとDIYが得意だったようで、完成度の高さから個人売買で月収6~15万円の収入を得ています(単価が6~9万円ほど)

起業して大々的なサービスを作ったという方もいらっしゃるため、副業なら自分が欲しいものを作るところから始めるのが良いかもしれません。

悩みを副業につなげたい場合の注意点

自分で悩みを解決している事例は意外と多いのですが、その向き合い方が収益のキッカケになると思っている方はあまり多くないようです。

したがって、副業につなげたいのであれば、まずは自分の悩みや解決した事例を紙やブログに書き出してみるとよいかもしれません。

筆者の場合には、悩みや解決方法をブログに書き出したので、事例をより細かくまとめつつ洗練させていけました。

事前にアウトプットしておくと、「世間の悩み需要」と自分の経験を精査できます。同時に筆者の場合には、ブログで発信したからこそ、その反応から需要の調査ができました。

悩みを副業につなげる際には、自分でもどのような悩みと向き合ったのかが分かっていない場合があります。

まずは書き出しつつ、読者の反応を見たりリサーチをするなどして、自分に合った収益へのつなげ方を編み出していくと良いことでしょう。

悩みを副業につなげる方法はやり方次第で可能性無限大

自分の悩みには、実際に経験したからこその強い説得力があるものです。なおかつ自分の言葉でしっかりと説明できるため、非常に取り組みやすいのもメリットです。

ただし、需要にあまりマッチしていなければ、収益を得るのは少し難しいことでしょう。

紙やブログに書き出して、客観的にリサーチするのが重要です。内容次第では、スキルシェアサービスで手堅く稼ぎ続けられますよ。

気になる方はチェックしてみてください。(執筆者:奥泉 望)