業務スーパーのマカロニサラダは、1kgも入っていてかなりお得です。

しかし、「マカロニサラダをそのまま出すばかりで飽きてしう」「期限も短いので気付けば賞味期限ギリギリ…」という人も多いのではないでしょか。

今回は、その業スのマカロニサラダのアレンジレシピを紹介していきます。

業務スーパーの「マカロニサラダ」(税込318円/1kg)

業務スーパーの「マカロニサラダ」

業務スーパーで「ポテトサラダ」や「ごぼうサラダ」と並んで置かれていることが多いのが「マカロニサラダ」は、1kg・税込318円です。

しっかりと味付けされているのでこのままでも十分に美味しくいただけるのですが、期限内に食べきれるように「5つののアレンジレシピ」を紹介します。

マカロニサラダ「5つのアレンジレシピ」

アレンジレシピとともに、大人1人・3歳児1人で使うマカロニの量と、1食あたりの金額を紹介していきます。

1. グラタン

グラタン

マカロニサラダのアレンジと言えば、まずはグラタンですよね。

材料・作り方

鶏肉、玉ねぎ、カボチャなど、好きな具材を電子レンジで温めます。

マカロニサラダ → 具材 → ホワイトソースを少しずつ順番にのせていきます。最後のホワイトソースの上にチーズをのせて、電子レンジでチーズがほどよく溶けるまで温めます。

仕上げに上にパン粉をふりかけてオーブンに入れれば完成です。

電子レンジで火入れをしておくことでオーブンでの焼き時間を短縮できるので、時短&光熱費の節約にもなります。

1食あたりの金額

マカロニサラダは200gを使用してちょうど良い量でした。1食あたり約120円とかなりお得です。

具材には鮭やブロッコリーなど、家にあるものを好きに入れられます。牛乳と小麦粉でホワイトソースを手作りすれば、さらなる節約に繋がります。

2. 春巻き

テレビで放送されたアレンジメニューなので、ご存じの方も多いと思います。

材料・作り方

春巻きの皮にハム、チーズ、マカロニサラダをのせて巻いて、水溶き薄力粉で縁をとめたら油で揚げて完成です。

冷めても美味しいので、お弁当にもおすすめです。

1食あたりの金額

マカロニサラダ150gを使用して5個作れました。1食あたり約90円とかなりリーズナブルでお得です。

3. ケチャップ炒め

ケチャップ炒め

材料・作り方

熱したフライパンにオリーブオイルを少量入れて、玉ねぎ、マカロニサラダ、ケチャップ、ハムを入れて炒めるだけの簡単レシピです。

ナポリタンスパゲティのような味わいで、子どもが大好きな1品です。

マヨネーズの油分があるので油不要で、人参やピーマン、ツナなど家にある食材を入れて作っても美味しいので、食品ロスを防げるのも嬉しいポイントです。

1食あたりの金額

マカロニサラダ200gで作り、1食あたりは約110円です。

4. スペイン風オムレツ

スペイン風オムレツ

材料・作り方

ボウルにマカロニサラダとたまごを入れて混ぜ、油を熱したフライパンで両面焼いたら完成の簡単レシピです。

お好みでツナをいれても美味しく食べられます。食べる際にはケチャップをかけて食べました。

1食あたりの金額

マカロニサラダ100gと卵2個で作り、1食あたり約50円でできました。

5. マカロニサラダトースト

マカロニサラダトースト

材料・作り方

食パンにマカロニ・チーズをのせて、トースターで焼くだけの忙しい朝にもおすすめのレシピです。

ボリュームがあるので、朝ごはんはもちろん、目玉焼きやスープを添えてランチに食べても満足できる1品です。

1食あたりの金額

食パン2枚分をマカロニサラダ100gで作りました。この手軽さで1食あたり約50円、1人あたり約25円とコスパは最強です。

6. カレーマカロニサラダ

最後は、アレンジレシピというよりも味変と言ったほうがよいかもしれません。

材料・作り方

マカロニサラダにカレー粉を入れて混ぜるだけの簡単シンプルアレンジレシピです。

普通のマカロニサラダに飽きたら、まずカレー粉を入れてみるのがおすすめです。子どもが好きな味で、パクパク食べてくれます。

1食あたりの金額

マカロニサラダを100g使って、1食あたり40円ととにかく安くてお得です。

1袋でアレンジレシピ6品

今回は1袋使い切るのに6品も作ることができました。大容量のマカロニサラダに飽きてしまったという時にはアレンジレシピを活用してみましょう。

どれも1食あたり40~120円で作れるコスパ最強レシピなので、作ってみてくださいね。(執筆者:平岡 陽華)